出国税の徴収始まる 1/7~…1人1000円/回、日本人も対象。昨今、訪日外国人は急増も出国日本人は伸び悩み
▼シェア&フォローする▼

日本を出国する際に1人当たり1000円を課す「国際観光旅客税(出国税)」の徴収が2019年1日7日より始まりました。
たかだか1000円ではありますが、海外旅行好きとしては悲しいニュースです。

\通常無料お試し30日間⇒【90日間】に延長する裏技公開/

出国税導入で、2019年は500億円の税収を見込む

国税で恒久的な税目が新設されるのは1992年の地価税以来、27年ぶり。この新税導入により、2019年度は約500億円の税収が見込まれています。

出国税は、日本人、外国人を問わず、日本から海外に向かう2歳以上の人から徴収。ただし、24時間以内の乗り継ぎ客は対象外。飛行機や船の運賃に上乗せして徴収されます。

なお、税収は、訪日客の受け入れ体制の整備や、日本の魅力に関する情報提供などに充てられるそうです。

訪日外国人数、出国日本人数は? 2017年

2019年度は約500億円の税収が見込むということは、延べ5000万人の出国を見込んでいるということになりますね。

では、これまでどうだったのか?

観光庁の出国者数 統計データによると、平成29年(2017年)の結果は以下の通りです。

訪日外国人旅行者数: 2,869万人
日本人海外旅行者数: 1,789万人
合計       : 4,659万人

訪日外国人数、出国日本人数の推移

1年だけみても、状況がいまいちつかめませんね。年ごとの推移をみると、状況がよく見えてきます。

これを見ると、出国日本人数はあまり伸びていません。
それに対し、訪日外国人は2015年に出国日本人数を逆転。ここ数年で大幅に伸びていることがわかりますね。

ビジネスはグローバル化し、世界は小さくなっていると言われる一方、日本人の出国者があまり伸びてないのは気になります。通信が発達し、海外に行かずとも簡単にコミュニケーションが取れるとはいうものの、人の行き来ももっとあってもいいと思うのですが…

外国人入国者数ランキング 2017年

では、この入国者数、世界的に見てどうなのでしょうか?
どの国が最も外国人を受け入れているのでしょうか?

結果は以下の通り

1位はフランス!2位はスペイン、3位は米国で納得。

日本は13位。アジアでは3位で中国とタイに負けています。

ちなみに私は年末年始にタイに旅行に行ってきました。バンコク滞在中も、日本よりも圧倒的に海外旅行者が多い!と感じました。
具体的に数値比較すると、日本に対し23%以上、海外渡航者が多いのですね。

外国人旅行者受入数上位20カ国で、私がまだ行ってない国は、トルコ、オーストラリア、ギリシャ、ロシア、ポーランド、ポルトガル。
これは行かねばなりません(笑)
いつ行けるかなぁ~

出国税は徴収しやすい税金だよね

今年2019年は10月に消費税10%への増税もあり、家計への負担が増えることは明らか。軽減税率など、いろいろと世論や企業の対応も面倒そうです。

一方、出国税はとりやすい税金ですよね。海外に行きたい人は、1000円程度であれば徴収に関わらず出国するでしょうし、来日する外国人も1000円で日本行きをやめることはないでしょうから。

とりやすいところからとる。ある意味、正しい。

2020年東京五輪に向けて、訪日観光客が増えますから、正しく税金を使ってください!