「1日1食」で体が軽い!疲れない!頭が冴える!短時間睡眠!

オバマ大統領、ビルゲイツ、タモリ、北野武等、できる人が超小食なのをご存じでしょうか?

本書は、超小食=ファスティング=プチ断食=1日1食を薦める書。
絶食は免疫力を驚異的に高めますが、超小食で以下のような効果があることを解説しています。

・長生きできる
・頭が冴える
・体が軽くなる・メタボが解消される
・集中力がアップする
・疲れにくくなる
・短時間睡眠でもOKになる
・若さがよみがえる
・加齢臭が消える
・お金の余裕が生まれる
・時間の余裕も生まれる

例えば、上記のうち、なぜ、超小食が長生きにつながるかと言えば、生き物にとって食事が入ってこないという状態は、生命にとっては一種の危機的状況。そこで空腹感がアラームを鳴らして、長寿遺伝子をONにして、内臓や組織の細胞を保護し、活性化させるから。

そもそも、牛が草だけを食べてあの脂肪を身に着けられるのは、含水炭素から脂肪への転嫁作用があるから。人も超小食になり体内の働きが活性化すると、必要な栄養素を腸内細菌が合成。各栄養素の問題はなくなってくる、と著者は言います。

著者の過去作「やってみました!1日1食」と内容が被る部分がありますが、本書の方が中身が充実しています。

3食食べないと体に悪いは間違い

3食食べなさいというのは、「病人を大量生産するための洗脳」だと著者は言います。例えば糖尿病。そもそも食べ過ぎ・飲み過ぎが原因ですから、食べなければいいのです。しかし、「食べなければいい」とは処方しない。つまり、医療ビジネスにとっては、病人が多いほど儲かるのです。

おなかがすくとイライラする?

そもそも、イライラするのは、「3食食べないといけない」という固定観念によるところが大きいと著者は語ります。例えば、ヨガの教えは、空腹感こそ真の幸福であるという、心理を気づかせてくれます。
おなかが鳴ったら、「しめしめ、長寿遺伝子のスイッチが入って、今、若返っているぞ!」と思いましょう。この快楽感が大事です。

血糖ジェットコースターに注意

そもそも、過食の人は血糖値が高め。故、空腹になって血糖値が下がると激しく空腹感に襲われる。たまらずにがーっと食べて血糖値が急上昇。すると上がりすぎた血糖値を下げるため、膵臓から血糖抑制ホルモンであるインスリンが大量に放出されて血糖値が抑えられる。
このように血糖値が急上昇・急降下する現象を、血糖ジェットコースターと言います。

このジェットコースターを繰り返すうちに、インスリンを出す膵臓が疲れます。すると、インスリンが出しっぱなしに。すると、血糖値が低く抑えられたままになります。これが、これが低血糖症です。
すると今度は体は血糖値を高めるために、副腎からアドレナリンを分泌します、これは別名「怒りのホルモン」と呼ばれ、イライラ・ムカムカにつながるのです。

hungry is angry な状態になってしまうのです。

朝昼晩、1食抜くなら朝

朝昼晩のどれかを抜くなら「朝」。前日の夕食から昼食まで18時間以上、あいていることが大事です。
普段から血糖値が高めな人は、糖尿病体質で食べないことで急激に血糖値が下がるためにフラフラします。このような人は徐々に体を慣らしましょう。
また、夜は、睡眠のゴールデンタイム22~2時の間は寝るためには、8時までに食事を取りましょう。
梅干し、ゴマ、乗り、干しシイタケ、番茶などはは「抗がん食品」のトップ。積極的に取りましょう。