運動しながら耳で読書!時短×読書量を加速する私の方法
▼シェア&フォローする▼

仮想通貨や移動でポイントがたまる動いて稼ぐMove To Earnアプリ

私は遅ればせながら最近始めたのですが、2022年夏上場予定の仮想通貨$SWEATの獲得のためにSweatcoinアプリの利用を始めたのですが、「カロリー消費・ダイエット」に「稼ぐ」という目的が加わると、動くモチベーションが大きく加速されますね。う~ん、欲深いと思いつつも、よい習慣であることには間違いありません。

私はダンスやボクササイズなどのスタジオプログラムとランニングマシンでのランで毎日1万歩が習慣化。特に、ランニングで時速9.5km~10kmで20分走るを習慣化したら、自分でも自覚できるほど、体力がUPして、「生きる自信」が付きました。仕事・勉強で「自信」をつけることは極めて大変だけど、「運動」ならやれば必ず「自信」が手に入ります。

そこで、より楽しく軽やかに動きを加速させるために導入した愛用グッズを紹介します。



ふるさと納税コスパランキング 🍚お米 🥩牛肉・豚肉 🍗鶏肉
珈琲を楽しむ返礼品 ☕コーヒーメーカー 🫖電気ケトル ミル

スマホホルダー:スパイベルト

スパイベルトは体へのフィット感が凄いので、身に着けていることを忘れる!
スパイベルトは海外旅行のセキュリティバックとして秀逸!

私の場合、運動時が最も歩数が増える稼ぎタイムです。しかし、大型化が進む最近のスマホはそれなりに重く、そのまま、スポーツウェアのポケットに入れて運動をすると揺れがとても気になります。

ジムなど限られたエリアで運動する場合は、スマホはそばに置き、スマートウォッチで運動量を計測という方法もありますが、外でランニングなどになると、スマホを置いていくことはできません。また、アプリによってはスマホ本体を携帯しないとうまく計測できないものもあるかもしれません。

そこで、利用を再開したのが、ランニング用に開発された特許取得の伸縮性のあるストレッチ素材を採用した極小ウエストバックSPIBELT(スパイベルト)です。

運動時はもちろん、海外旅行のセキュリティ対策用バックしても重宝。ちょっとしたお出かけも手ぶらでかけられます。サイズは4種類ありますが、スマホと鍵、旅行時のセキュリティバックとして利用するなら「ベーシック」、ペットボトルも収納したいなら「ラージ」がおすすめです。

SPIBELT(スパイベルト)はサイズ4種類

BASIC    :財布、携帯、キーケースなどは問題なく収納
LARGE    :BASICの1.5倍の収納力。500mlペットボトルも入る
HIP MESSENGER:ミニタブレットも収納可能
MESSENGER  :もっとたくさん持ち歩きたい用

なお、腕につけるランニングアームバンドも試してみましたが、運動しているとスマホの重さを感じるし、ズレやすいので個人的にはお勧めしません。
スポーツウェア(ズボン)に動き防止のポケットがついたランニングウェア マルチポケットパンツ付いているものもあります。ただし女性用は種類が少ないです。

スマホホルダー:Flipbelt

運動での Move To Earnを加速する:Flipベルト

Flipbeltもスパイベルト同様、ラン時のスマホホルダーです。洗濯が追いつかないので、こちらの商品も買ってみました。
Flipbeltの方が、ベルトの幅がある分、装着時の安定感があります。使用感は以下にて解説しています。

走りながら読書:ワイヤレスイヤホン

運動での Move To Earnを加速する❷:ワイヤレスイヤホン

走るにあたって、絶対に必要なのがイヤホン。
「音楽」を聴いてテンションを上げるのが一般的かと思いますが、私の場合は、読書「耳読」。

私は、ジムのスタジオプログラム参加で音楽にノリノリになれる時間があるので、一人で黙々運動する時間は、AudibleやKindle本の読み上げで本を聞いています。これにより運動だけでなく読書が加速。私の場合、本にもよりますが、面白いと思った本ほど、思考は読書に乗っ取られるので、「あと何キロ!」「残り何分!」というような辛いランニングから解放されました。

連続ランに必須:ペットボトル用ストロー付きキャップ

私は1日1万歩を達成しようと頑張っていますが、そのうち、5000歩は30分間のトレッドミルでのラン&ウォーキングで達成しているのですが、MoveToEarnのSweatcoinアプリの場合、20分間だけ歩数で獲得できるコインが2倍にブーストされるという機能がついています。

これを上手に活用したくて、30分のうち、20分は時速10kmで走ることを目標にしているのですが、途中で水分補給が必要。しかし、時速10kmではペットボトルの水がこぼれてしまって飲めません…ストローキャップなど、ラン用のキャップが必須です。

水を飲む時間だけ速度を落とせばいいのですが、一度スピードを落とすと、再び時速10kmで走るモチベーションアップに苦労してしまうんですよね。走るモチベーションを維持するのは、もともとラン好きでない限り大変です。

自宅内で動く:ステッパー

私は通勤の必要がないデスクワークであるため、とにかく家にいると動きません…
そんな中、2020年春、日本全域にコロナ感染防止による外出規制が発令。運動のために通っていたジムも長期休館に追い込まれ、運動不足で体の調子が悪いという状況に陥りました。そこで、買い求めたのが上記のステッパーです。

当時は日々利用していましたが、今はジムで運動する方が楽しいため、ホコリを被る状態に…しかし、今、再び、自宅内でのMove To Earnを加速するために再びステッパー踏みを再開しました。

なぜ、数あるステッパーの中からこの商品を選んだか、実際の使用感はどうかは以下記事にて紹介しています。

Xiser社のステッパーは高すぎるという方には、安価でも60分程度の連続使用が可能なのが以下のステッパー。油圧ポンプが大きくて強度があるため、同価格帯の商品よりも使用時間が長く、音も静かめです。

created by Rinker
エアロライフ(AEROLIFE)
¥9,980 (2022/09/29 03:32:13時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、Move To Earn 動いて稼ぐを加速する 私の愛用アイテム3つを紹介しました。

仮想通貨関連アプリだけでなく動くことで商品に交換可能なアプリはいろいろあります。複数のアプリをスマホにインストールしておくことで、他のアプリでも稼ぐことができます。
一番貯まりやすいなぁと思ったのは、トリマ。
忘れてしまいやすい旅行時の工程なども、分単位でログが残る点もおすすめです。

上手に利用して、カロリー消費をしながら稼ぎましょう!