4画面出力グラボ搭載パソコン なら3画面/4画面マルチモニターも簡単!おすすめNVIDIA Quadoro/GeForce搭載おすすめPC & グラボ
▼シェア&フォローする▼

一度にたくさんの情報をチェックすることができるマルチモニター。
仕事に投資(トレード)にと、マルチに便利なのはわかるけど、私には難しそう…

そんな【パソコン初心者】には、マルチモニター環境が簡単に手に入る、「4画面出力グラフィックボード4画面グラボ)搭載デスクトップパソコンをご紹介。
PCのみ購入して、手持ちのモニターにつなぐだけで、簡単にデイトレ、プログラム作成、映像・イラスト・音楽作成、さらにはゲームにも便利なマルチモニター環境が整います。

また、【パソコン上級者向け】に、3,4画面が出力可能なグラフィックボード(グラボ単体)についても紹介します。



ふるさと納税コスパランキング 🍚お米 🥩牛肉・豚肉 🍗鶏肉
珈琲を楽しむ返礼品 ☕コーヒーメーカー 🫖電気ケトル ミル

マルチモニターが大活躍する利用用途

昨今、モニターが安くなったことで、ますます、マルチモニター利用が増えています。

通常のビジネス業務(一般業務、プログラミング、画像・動画・音楽制作)はもちろん、ビジネス以外でも「株取引・FX取引・仮想通貨取引」と「ゲーミング」など、利用者はますます増加傾向です。

増え続ける情報を効率的に処理するためには、もはやマルチモニター環境は必須です。

マルチモニター:株取引・FX取引マルチモニター:ゲーミングモニター
株取引・FX取引

最低でも3画面以上のモニターに複数のチャートを表示。1秒のスピードが問われるマーケットでは必須

ゲーミング

ゲームの臨場感を楽しむためにに、マルチモニターが大活躍

プログラミング

プログラミング開発に1台、デバッグ用に1台あれば作業効率が大きくUP

音楽・映像・イラスト作成

音楽作成、映像・イラスト作成に。制作しながら成果物確認など、マルチモニター環境はもはや当たり前

通常作業

メール、エクセル、パワポ作業など、同時並行で仕事をこなす。日常業務の作業効率化に

画像:ツクモ

3,4画面表示以上は高機能グラフィックボード(グラボ)が必要

3,4画面表示以上は高機能グラフィックボード(グラボ)が必要

デスクトップパソコンの場合、2台のモニターなら、オンボードのグラフィック機能で表示が可能な場合も多いでしょう。また、一定以上の性能を持つノートPCの性能なら、ノートPC本体画面+外部モニター2台(+グラフィックアダプター)で3画面表示も可能です。

しかし、マルチモニタ表示はパソコンに負荷がかかります。そのため、映像視聴、画像・映像関連ソフトウェアでの編集、3Dゲームなどに使用すると途端にパソコンに負担がかかりパソコンの動作が遅くなります。また、Youtubeで映像などの「動画のながら見作業」でも、画面が固まり、編集中の仕事ファイルが飛んでしまうといった問題が頻発しやすくなります。

クリエーターや投資トレーダーにとってパソコンが固まるのは致命的。
ゲーマーもゲームを十分に楽しめません。

上記のような表示に高い負荷がかかる作業や、表示モニター数を増やしたい場合に必要となるのが高性能グラフィックボードグラボ)です。

4画面出力対応グラフィックボード

4画面出力対応グラフィックボード

高機能グラフィックボード(グラボ)は、多画面表示をしたり、高度なグラフィック処理を行う際に用いるグラフィックボードで、世界的に圧倒的シェアを持つのがNVIDIA社です。

NVIDIAグラボ:GeForceとQuadro/Tシリーズそれぞれの特徴

NVIDIA社のグラフィックボードには、用途別にGeForcQuadroTシリーズというラインナップがあります。
これらのグラフィックボードの違いをざっくり説明すると、GeForce=3Dゲーム向けQuadro・Tシリーズ=動画編集、画像編集クリエイター向けです。

GeForceTシリーズ
Quadro
ロゴNVIDIA GeforceNVIDIA Quadro
ターゲットユーザゲーム向けクリエーター向け
用途ゲームCAD、3D、動画編集
発色RGB各色8bitに対応 1677万色RGB各色10bitに対応 10億6433万色
価格相対的に安価相対的に高価
マルチモニター対応グラボ1枚で2画面出力のモデルが多いが、グラボ1枚で4画面出力可能なものもありグラボ1枚で4画面出力可能
グラボ販売商品 販売商品

高度なグラフィック処理が必要なCADやゲームはしない、ただ、他画面モニター環境が欲しいという場合は、パソコンにQuadroグラボが1枚搭載、或いは、Gerfoceグラボを2枚搭載することで4画面出力が可能なPC環境を構築することができます。



NVIDIA グラフィックボード:性能比較 詳細
 

4画面グラボ搭載 デイトレパソコン

4画面グラボ搭載 デイトレパソコン

パソコン設定に時間をかけたくない、PCに自分でボードを指すのは無理といった方にお勧めしたいのが、4画面グラボ搭載パソコン
4画面グラボ搭載パソコンなら、設定はパソコンとモニターをつなぐだけで、マルチモニター環境が整います。

以下では、比較的安価に高機能パソコンが揃うBTOパソコンショップの中から4画面出力可能グラボ搭載のデスクトップパソコンを紹介します。

・エーチャージ(デイトレPC専門店
・マウスコンピューター
・ツクモ

エーチャージ:NVIDIA 4画面出力グラボ搭載パソコン

モデル価格(税込)スペック
173,800円~

Windows 10 Pro 64ビット
インテル Core i5 12400F プロセッサー
Nvidia T600 4画面ビデオカード
16GB メモリ
500GB SSD

201,300円~

Windows 10 Pro 64ビット
インテル Core i7 12700F プロセッサー
Nvidia T600 4画面ビデオカード
16GB メモリ
1TB SSD

220,000円~

Windows 10 Pro 64ビット
インテル Core i7 12700Fプロセッサー
Nvidia T600 4画面ビデオカード
16GB メモリ
500GB SSD

マウスコンピューター:NVIDIA 4画面出力グラボ搭載パソコン

マウスコンピューター:NVIDIA 4画面出力グラボ搭載パソコン

マウスコンピューターで購入可能な4画面出力可能なパソコンを紹介します。

NVIDIA T600 搭載デスクトップPC

モデル価格(税込)スペック
137,280円~

Windows 11 Pro 64ビット (DSP)
インテル Core i5-11400 プロセッサー
NVIDIA T600
8GB メモリ
256G SSD

※今から4年使うことを考えるなら、メモリ増設必須(最大32GBまで)

138,380円~

Windows 11 Pro 64ビット (DSP)
インテル Core i5-11400 プロセッサー
NVIDIA T600
8GB メモリ
256G SSD

※今から4年使うことを考えるなら、メモリ増設必須(最大32GBまで)

229,900円~

Windows 11 Home 64ビット
インテル Core i7-12700 プロセッサー
NVIDIA T600
32GB メモリ
2TB

4画面出力が可能なNVIDIA T600グラフィックボードを搭載NVIDIA T600グラフィックボードは、最大4台のディスプレイへの表示が可能なグラフィックボード。DisplayPort 1.4 ×4ポートで、最大8K(7680×4320)@ 60Hzの解像度を駆動する機能を備えています。

FX・株取引のデイトレマルチ画面チャート表示や、Excelなどのファイル表示用のマルチモニター利用なら問題なく利用が可能です。値段の違いは、プロセッサ、メモリ容量、SSD要領のの違いです。モニターは別売です。

NVIDIA T1000 搭載デスクトップPC

モデル価格(税込)スペック
194,480円~

Windows 11 Home 64ビット
インテル Core i7-11700 プロセッサー
NVIDIA T1000
16GB メモリ
256GB

264,800円~
セール価格
(10/12 11時まで)
234,800円

Windows 11 Home 64ビット
インテル Core i7-12700 プロセッサー
NVIDIA T1000
32GB メモリ
2TB

230,780円~

Windows 11 Home 64ビット
インテル Core i7-11700 プロセッサー
NVIDIA T1000
16GB メモリ
512GB

264,800円~

Windows 11 Home 64ビット
インテル Core i7-12700 プロセッサー
NVIDIA T1000
32GB メモリ
2TB

「DAIV シリーズ」は、高い安定性を誇る Quadroグラフィックスを搭載したクリエイター向きのパソコンです。

4画面出力が可能なNVIDIA T1000グラフィックボードを搭載NVIDIA T1000グラフィックボードは、NVIDIA T600より高スペックなグラフィックボード。最大4台の5Kディスプレイへの表示が可能です。NVIDIA Turing GPUアーキテクチャの採用でパワフルかつコンパクト。前世代のP1000と比較して50%を超えるグラフィックスパフォーマンスを実現しています。

DisplayPort 1.4のサポートにより、T1000は最大8K(7680×4320)@ 60Hzの解像度を駆動可能。また、DeepColorの120 Hz 4Kディスプレイへ出力したりすることが可能です。

2Dおよび3DモデルまたはHDビデオ編集などの複雑なマルチアプリケーションが利用可能なモデルなので、FX・株取引のデイトレマルチ画面チャート表示や、Excelなどのファイル表示用のマルチモニター利用はノーストレスです。

NVIDIA Quadro RTX 4000 搭載デスクトップPC

モデル価格(税込)スペック
285,780円~

Windows 10 Home 64ビット
インテル Core i7-10700K プロセッサー
NVIDIA Quadro RTX 4000
32GB メモリ
512GB SSD
2TB HDD

351,780円~

Windows 10 Home 64ビット
インテル Core i9-10900X プロセッサー
NVIDIA Quadro RTX 4000
32GB メモリ
512G SSD
2TB HDD

「DAIV シリーズ」は、高い安定性を誇る Quadroグラフィックスを搭載したクリエイター向きのパソコンです。

4画面出力が可能なハイエンドグラフィックスボードQuadro RTX 4000グラフィックボードを搭載NVIDIA Quadro RTX 4000はDisplayPort × 3 & VirtualLink x1(USB Type-C)で、最大4台のディスプレイを駆動する機能を備えています。

クリエイティブ/プロ向けツールでも圧倒的な高速性能。もちろん、FX・株取引のデイトレマルチ画面チャート表示や、Excelなどのファイル表示用のマルチモニター利用はノーストレスです。

🧀マウスコンピューター:大型セール開催中

ツクモ::NVIDIA 4画面出力グラボ搭載パソコン

ツクモが販売するBTOパソコンの中から、4画面出力が可能なパソコンを紹介。

モデル価格(税込)スペック
143,800円~

Windows 10 Home 64ビット
インテル Core i5-12400 プロセッサー
NVIDIA® T1000
8GB メモリ ※メモリは増設して買うべき
500GB SSD
※今から4年使うことを考えるなら、メモリ増設必須(最大128GBまで)

146,800円~

Windows 10 Home 64ビット
インテル Core i5-12400 プロセッサー
NVIDIA® T1000
8GB メモリ ※メモリは増設して買うべき
500GB SSD

NVIDIA Tシリーズ プロフェッショナル グラフィックスカード「NVIDIA® T1000」を搭載。Mini DisplayPort (DisplayPort ver 1.4a 対応) 4系統で4面まで出力が可能
前世代Quadro Pシリーズ比でCUDAコア数がアップ、VRAMも高速なGDDR6により、最大4台の5Kディスプレイを駆動可能。

メインのメモリが貧弱なので、少なくとも16GB、できれば32GBにした方が、長くストレスなく使えるかと。

4画面出力可能なグラフィックボード

4画面出力可能なグラフィックボード

自作PCに自信ありな【パソコン上級者】なら、グラフィックボードを単体購入し、ご自身のパソコンにグラフィックボードを増設する方がリーズナブルです。

以下では、上記で紹介したBTCパソコンメーカーが4画面出力可能パソコンに用いているNVIDIAグラフィックプロセッサ搭載のグラフィックボードを紹介。価格が高価なものほど処理能力に優れます。

NVIDIA T600, T1000 グラフィックプロセッサ搭載グラボ

NVIDIA T600、および T1000 は、現在、BTOパソコンメーカーが4画面マルチモニター対応パソコンとして販売するデスクトップ機に使用されているグラフィックプロセッサです。これから数年使い続けるなら、このモデルが安心でしょう。

NVIDIA GeForce GT 730 グラフィックプロセッサ搭載グラボ

BTOパソコンメーカーが少し前に搭載していたNVIDIAグラフィックプロセッサ搭載グラフィックボードです。
28nmプロセスルールの「Kepler」アーキテクチャを採用した NVIDIA GeForce GT 730を搭載。グラフィックスメモリにDDR5メモリを2GB搭載し、高解像度でも滑らかな描画表現を実現します。小型高性能ファンを搭載することで、安定した動作環境を提供します。
デイトレPC、多画面作業、デジタルサイネージにも最適です。

Quadroグラフィックプロセッサ搭載グラボ

created by Rinker
エルザ
¥30,000 (2022/09/29 18:04:39時点 Amazon調べ-詳細)

BTOパソコンメーカーが少し前に搭載していたNVIDIAグラフィックプロセッサ搭載グラフィックボードです。
Quadro P620 グラフィックプロセッサ搭載グラボは、比較的安価な4画面出力可能PC用に使用されていました。

created by Rinker
エルザ
¥114,998 (2022/09/29 18:04:40時点 Amazon調べ-詳細)

同じく、BTOパソコンメーカーが少し前に搭載していたNVIDIAグラフィックプロセッサ搭載グラフィックボードです。
Quadro P2000、P2200グラフィックプロセッサ搭載グラボは、動画編集などより負荷の高い処理を必要とするクリエーター向けのPC用に使用されていました。現時点でも、高い処理能力があるグラフィックボードです。

おすすめディスプレイ&モニターアーム

モニターの準備:おすすめディスプレイ

マルチモニターにするためには、当然のことながら外部ディスプレイが必要になります。また、4画面出力する場合は、モニターアームもあった方が、断然画面が見やすくなります。
ここからは、外部ディスプレイの購入も必要な方向けにに、おすすめディスプレイモニターアームをを紹介します。

外部ディスプレイの種類

①安価~プロ用効果品まで種類豊富な「フルHDモニター
②1枚でフルHD4台分の解像度を持つ「4kモニター
③持ち出し可能な「モバイルモニター

フルHDモニター

フルHDモニターは安価な商品であれば1台1.5~2万円で購入が可能です。

おすすめ商品を目的別に紹介しているので以下にてご確認ください。

4kモニター

4kモニターの魅力は何といってもその解像度です。1台でフルHD4台分に相当する解像度を持ちながら、安価な商品なら3万円台からこうにゅうできます。

おすすめ商品は以下にてご確認ください。

モバイルモニター

最近は、ノートPCユーザを中心にモバイルモニター利用者も増えています。最大画面クラスの17.3インチならそれなりに画面も大きいです。
私は、ノートPCサイズに合わせて15.6インチと14インチのモバイルモニターを保有していますが、接続・設置も簡単、利便性もかなりUPします。

モニターアーム

マルチモニターにする場合にあったら便利なモニターアーム。おすすめ品をまとめました。

デスク環境も再構築:おすすめデスク・チェア

マルチモニターにする場合は、幅の広い机も必要になります。
以下では、マルチモニター化に合わせて、デスクやデスク周りの環境もそろえたいとお考えの方に、デスク選びの注意点・必要サイズ、おすすめデスク&チェアー等を紹介しています。私が使用中のデスクについても紹介しています。

オフィスデスク

オフィスチェアー&デスク周り収納グッズ

最後に

今回は、デイトレなどのマルチモニター環境を構築するために必要なグラフィックボードとオススメPCについて紹介しました。パソコン購入の際にお役に立てれば幸いです。