▼シェア&フォローする▼

自宅では仕事・勉強・投資など、集中力が続かない。やる気がでない…

自宅でも効率的に仕事をしたいと思いはあるものの、自宅ではどうしても集中できないし、やる気もでないという方は多いはず。だからこそ、デスクに座りたくなる、仕事・投資に集中・没頭しやすい環境=集中デスク/集中デスクレイアウト環境の構築が大切です。

そんな今、自分の書斎を持つことが難しい住宅環境で、較的狭い面積で仕事に集中できると環境が構築できるゲーミングデスクが注目されています。

その秘密は「没入感」。
ゲーミングデスク・家具なら、秘密基地、コックピットのような一人仕事に没頭できる仕事環境が簡単に構築できます。仕事の効率を高めるマルチモニタ環境も容易に構築可能です。


集中力UPの没頭デスク:集中・没頭感を生み出すポイント

自宅で広い書斎が欲しいと思っても、特に都会では自宅も狭く、十分なデスクスペースを確保することができないですよね。

しかし、デスクが広ければ集中できるというものではありません。ここは発想の転換です。

漫画喫茶の個室など、狭い空間で、謎の安心感や高揚感を覚えた経験はありませんか?

狭く区切られたことによる閉塞感以上に、子供のころの秘密基地のような高揚感や時間を忘れさせる没頭感を味わえ、結果として「集中力」が高まります。

集中力が高まる環境
漫画喫茶の個室は妙に没入感があり、集中できる 写真:booth

同様の環境を簡単に実現できるのが「ゲーミングデスク」で、最強デスク環境構築のポイントは3つあります。

最強デスク環境構築の3つのポイント

  • 没頭感は「囲われている感」で生まれやすくなる
    両脇に小型L字デスクやデスクラックを置くと「囲まれている感」が生まれる
  • 余裕のある天板サイズ
    マルチモニターには、横幅100cm以上(オススメはパソコンデスク120cm幅)、奥行き55cm以上の天板サイズが必要
  • 重量に耐えられる耐震性がある
    マルチモニターの重量を支える、安定感があるデスクを選びが必須

没入感最高のデスク:ゲーミング家具のBauhutte (バウヒュッテ)

ゲーミングデスク・家具はもともとゲームに没頭するために作られた家具。
しかし、これが仕事デスク構築にも大いに役立ちます。

このゲーミング家具として定評があるのが、Bauhutte (バウヒュッテ)

以下では、このBauhutte (バウヒュッテ)のゲーミングデスク・チェアーで構成した仕事に没頭できるマルチモニターパソコンデスクレイアウトを紹介します。

レイアウト1:スタンダード2画面モニターレイアウト

Bauhutte (バウヒュッテ)デスクレイアウト

上図はBauhutte (バウヒュッテ)のゲーミングデスクシリーズで構成した、2画面モニター設置のためのオススメレイアウト。
上図はデスク幅100cmですが、大型モニターを複数置いたり、デスクを広く使いたい方は、100cm幅より、120cm幅の方がおススメです。

Bauhutte (バウヒュッテ):デスク構成

1.昇降式PCデスク(120cm) BHD-1200M¥23,966
2.デスクラック ハイタイプ BHS-1200H-BK¥13,078
3.昇降式L字デスク PCワゴン BHD-670H ¥15,835
4.ゲーミングチェアー¥12,000~ ※各種あり
1
2
3
4

レイアウト2:収納力抜群!デスク

Bauhutte (バウヒュッテ)デスクレイアウト

デスク周りを収納棚で埋め尽くしたレイアウト。
あらゆるPC周辺機器を半径1m 以内に集結させることが可能です。デッドスペースになりがちな机下にも「後付け引き出し」と「デスク下ワゴン」でスペースの無駄を大幅ダウン。多彩なデバイスを使いこなす上級ゲーマーから、膨大な資料に囲まれるビジネスパーソンまで幅広くカバーしてくれます。

Bauhutte (バウヒュッテ):デスク構成

1.昇降式PCデスク(120cm) BHD-1200M¥ 12,878
2.デスクラック ハイタイプ BHS-1200H-BK¥13,078
10.デスクごとチェアマット BCM-160BK¥7,450
4.ゲーミングチェアー¥12,000~ ※各種あり
5.デスクサイドラック(PC収納) BHS-600SM-BK¥13,078
6.デスク下ワゴン BHS-700U-BK¥11,900
7.容量約11L 大型引き出し BHP-H60-BK¥11,561
8.昇降式プリンター台 BHS-600P-BK ¥16,200
9.収納ラック BHS-380G-BK¥19,700
10.デスクごとチェアマット BCM-160BK¥7,450
1
2
4
5
6
7
8
9
10

レイアウト3:作業領域を十分確保!デスク

Bauhutte (バウヒュッテ)デスクレイアウト

デスクの奥行きを25cm プラスするエクステンションデスク、高さの異なる天板を活かして作業領域を拡大したデスクレイアウト。
ゲーマーだけでなく、仕事デスクワークにも人気のレイアウトです。

Bauhutte (バウヒュッテ):デスク構成

1.昇降式PCデスク(120cm) BHD-1200M¥ 12,878
4.ゲーミングチェアー¥12,000~ ※各種あり
7.容量約11L 大型引き出し BHP-H60-BK¥11,561
10.デスクごとチェアマット BCM-160BK¥7,450
11.昇降式L字デスク ラージ PCワゴン BHD-820H-BK¥15,814
12.エクステンションデスク ケーブル収納 BHC-1200H-BK¥ 17,880
13.昇降式スピーカースタンド BHS-250SP-BK¥9,608
1
4
7
10
11
12
13

レイアウト4:パーティションで没入感UPデスク

Bauhutte (バウヒュッテ)デスクレイアウト

棚と天井までの高いパーティションでモニターに没入できるレイアウト構成。
高い棚で週能力もUP。

Bauhutte (バウヒュッテ):デスク構成

1.昇降式PCデスク(120cm) BHD-1200M¥ 12,878
4.ゲーミングチェアー¥12,000~ ※各種あり
10.デスクごとチェアマット BCM-160BK¥7,450
14.デスクの向こう側ラックBHS-1230¥33,810
15.デバイスウォール 70cm幅 BHW-700¥19,158
16.スクリーンラック 100cm幅 BHS-1017SR-BK¥24,042
17.PCディスプレイワゴン 70cm幅 BHS-700PC18,637
1
4
10
14
15
16
17

レイアウト5:無限の没入感!キャンプデスク

Bauhutte (バウヒュッテ)デスクレイアウト

深い没入感を求める閉鎖空間レイアウト。デスクにテント「ぼっちてんと」を張ることで、余計な視界を遮断。ディスプレイ一点に集中!省スペースで完璧な没入環境が手に入ります。

Bauhutte (バウヒュッテ):デスク構成

1.昇降式PCデスク(120cm) BHD-1200M¥ 12,878
3.昇降式L字デスク PCワゴン BHD-670H ¥15,835
10.デスクごとチェアマット BCM-160BK¥7,450
18.ぼっちてんと BBT1-130¥9,858
19.ゲーミングチェア スチューデントモデル RS-200¥11,010
1
3
10
18
19

レイアウト6:ロースタイルデスク

Bauhutte (バウヒュッテ)デスクレイアウト

座椅子を中心とした、日本人らしいロースタイルゲーミングデスク。視覚的に圧迫感が少ないので、部屋が狭い方にもおすすめです。このレイアウトの主役は昇降式ローデスク。天板を高めに調節することで、座椅子に座りながらもゆっくりと足を伸ばすスペースが確保できます。

Bauhutte (バウヒュッテ):デスク構成

3.昇降式L字デスク PCワゴン BHD-670H ¥15,835
10.デスクごとチェアマット BCM-160BK¥7,450
20.ローデスク1000L¥22,607
21.ゲーミング座椅子[プロシリーズ] LOC-950RR¥28,395
22.昇降式テレビ台 BHV-1000H-BK¥16,346
3
10
20
21
22

オプション:アームモニター

Bauhutte (バウヒュッテ)モニターアーム

モニターアームでマルチモニター化すれば、仕事もエンタメももっと楽しめる!1台、2台、3台用モニターアームあり。


ロングモニターアーム
ブラック シングル
BMA-100N-BK

¥11,524

ロングモニターアーム
ブラック デュアル
BMA-200N-BK

¥17,020

ロングモニターアーム
ブラック トリプル
BMA-300N-BK

¥20,700

その他モニターアームもチェックしたい方は以下をどうぞ。

Bauhutte (バウヒュッテ) デスク、チェアー、袖デスク、いろいろ

しっかり広いマルチモニター設置デスク

自宅に十分な広さがあり、書斎的な落ち着いたデスク環境が欲しいという方は、以下のページに、2台・3台のディスプレイが置けるオススメデスクを紹介してるので、参考にしてください。

デスクチェアー・椅子選びは、机以上に大事

今回は、おすすめデスクを中心におすすめ品を紹介していますが、健康面を考えるとデスク以上に大事なのがデスクチェアー(椅子)

ただ、椅子は、使用感・フィット感の個人差が大きいため、人気の商品であっても、必ず満足できるとは限らない商品です。しかし、間違いなく言えるのは、机と椅子はセットで考えないと良い商品は選べません。この観点から見ると、デスクと同じメーカー・ブランドからの椅子選びは失敗しにくいと言えます。

そこで、以下では、デスクと同じメーカーのBauhutte (バウヒュッテ)の椅子「ゲーミングチェアー」を紹介します。

Bauhutte (バウヒュッテ)の椅子の特徴

Bauhutte (バウヒュッテ)の椅子は、「ゲーミングチェアー」と銘打ち販売されています。

プロゲーマーともなれば、1日の練習時間は10時間にもなるゲーマーの世界。
1日の大半を椅子に座って過ごすゲーマーに必要な椅子は、体に負担やストレスのない椅子です。真剣にゲーム(モニター)に向かったり、時にはリクライニングしながらゲームをしたり、時には椅子で仮眠したりと、様々な姿勢でも、安定感があり座り心地のよい椅子です。

つまり、長時間、デスクに向かって仕事をするオフィスチェアーとしても、非常に考えられた椅子だといえます。

ゲーミングチェアと一般的なオフィスチェアとの違い

Bauhutte (バウヒュッテ)のゲーミングチェアーには、上図の要因様々な機能が盛り込まれています。一般的なオフィスチェアーと比較数と以下のような特徴があり、機能性に非常に優れていることが分かります。

チャーシートのホールド感

ゲーミングチェアのチェアシートは頭の先まで包み込むハイバックシートが特徴。一般的なオフィスチェアーより、体がホールドされるので正しい座り姿勢を長時間維持しやすい形状となっています。

リクライニング

ゲーミングチェアーはリクライニング機能を採用しています。一般的なチェアは、背もたれ角度が変えられたとしても、深くリクライニングできないものが一般的です。

ヘッドレスト

椅子をフラットに倒してくつろいだり、リクライニングしながらでもモニターが見えるよう、ゲーミングチェアにはヘッドレストがついています。一般的なオフィスチェアーは安価なものは一般的にヘッドレストはついていません。

アームレスト

ゲームの場合、コントローラなども用いるため、腕の置き場が非常ひ大切になります。そのため、ゲームチェアーはアームレストが上下・左右・前後に稼働するような設計になっています。一般的なオフィスチェアーは固定です。そのため、机の下に椅子が収納できないということもあります。

Bauhutte (バウヒュッテ)おすすめチェアー

Bauhutte (バウヒュッテ)には3タイプのモデルがあります。
・プロシリーズ(機能重視)
・スチューデントモデル(コスパ重視)
・ゲーミング座椅子

プロシリーズ(機能重視)

プロゲーマー向けに設計した、最高性能のゲーミングチェアです。両サイドの盛り上がりで脇腹を固定して姿勢を正すことをコンセプトに設計されているのでホールド感は抜群です。
色:グレー、ブルー、レッドの3色

スチューデントモデル(コスパ重視)

コストパフォーマンスを極限まで高めたメッシュ仕様のゲーミングチェア。一般的なゲーミングチェアの約1/3にあたる実勢売価1万円で購入できる、学生向けのシリーズです。
色:グレー、ブルー、レッド、グリーンの4色

ゲーミング座椅子

プロゲーマー向けに設計した、最高性能のゲーミング座椅子です。プロシリーズ(機能重視)の機能を座椅子用に改良・設計されています。
色:グレー、ブルー、レッドの3色

さらに集中力をアップ!集中力を上げる5つのテクニック

残念ながら、人間は本来、一つのことに集中するのが得意ではありません。
それは、狩猟生活時代を生きた人類にとって、常に外敵から攻撃されるリスクを持つ人類にとって、一つのことに集中してしまうことは生命の危機に他ならなかったためです。そのため、我々は遺伝子的に、集中することが苦手な生き物なのです。

でも、集中力を高めるテクニックはあります。
今回は、私が日常で実践していることも含め、集中力を上げるポイントを5つに絞って紹介します。

Point

①取り組むことを絞る
②取り組む前に、気になることは、紙に書きだす
③視界に入るものを片付ける
④週に数回の運動を習慣にする
⑤頭の中のゴミをとる自分の方法を見つける

①取り組むことを絞る

「マルチタスクで仕事をこなす」というとできるビジネスマンのように聞こえますが、実は、この方法は集中力を維持して仕事をするという観点からはオススメできません。
短い時間を区切って、「何時まで」あるいは「〇時間で」一つの仕事を終えるという計画を立てて、一つのことを集中力を高めて対応した方がが短い時間に効率的に一つのタスクが終ります。

資料を書いている途中にメールがみると、ついついメールを見てしまう人は多いと思いますが、これがまさにNGな行為。メールは見る時間を決める、或いは、一つの仕事が終わるまで見ないといったルールで仕事をしたほうが効率が上がります。

できるビジネスマンは、メールを見る時間を限定している方、多いですよ。

②取り組む前に、気になることは、紙に書きだす

一つのことに集中しようと思っても、頭の中に次から次へと気になることが浮かんでくると、思考はその時思い浮かんだ内容に移動してしまうため、一つのことに集中できません。

だから、集中したいなら、その前に気になることは、すべて紙に買い出してしまうというのは非常にオススメな方法です。

メモ魔の人、To Do Listの管理がうまい人は、一旦、自分の思考を紙に書き出すことで自分の頭のハードディスクから消去し、頭をすっきりさせたうえで仕事をしています。

③視界に入るものを片付ける

目にいろんなものが飛び込んでくると、どうしても集中力が削がれます。
だから、不要なものは捨て、デスク周りをすっきりさせてから仕事をすると集中力が高まります。

④週に数回の運動を習慣にする

脳のパフォーマンスを強化には運動が最適で、これに勝るものはありません。
「運動」の効果は非常に広範囲で、メンタルヘルス・集中力・記憶力・創造性などに効果があります。

では、なぜ、運動は脳に良い影響を与えるのでしょうか?

そもそも、ホモ・サピエンスは長い間、狩猟生活を続けてきました。この時代には、生きるためにも「高い身体能力」が求められた時代です。農耕生活を始めたのは長い人類史にとってみれば、まだまだ一瞬で、人の脳本来のメカニズムは狩猟時代のままなのです、それ故、身体を動かすことで脳が活性化、ストレスが減り、創造力が高まり、集中力・記憶力もアップするのです。

私もジム通いをしていますが、ジムで習慣的に体を動かしたほうが、断然心身ともに健康。頭もすっきりします。一流のエリートが忙しい合間を縫って、ジムに足を運ぶのも、運動が頭脳を高めるために良いことを本能的に知っているからです。

運動の効果を学びたかったら、以下の本が非常に参考になります。

⑤頭の中のゴミをとる自分の方法を見つける

頭の中に、いろんなゴミが溜まっていると、当然のことながら脳のパフォーマンスは落ち、結果的に、集中力も持続しません。

最大のゴミはストレスでしょう。だから、ストレスを解消する自分なりの方法を知っていると、集中力に限らず、生活の幸福度が増します。

私の場合、頭のゴミをとるための方法が、運動とサウナ(+水風呂)。
私は週2回以上、サウナに通うサウナーですが、それは、サウナトランスで「脳内快楽」得るため。
サウナトランスって何?という方は、是非、以下の記事も読んでみてください。

最後に

今回は、没頭・集中できるデスクとそれに合うチェアーを紹介しました。
ご自身が満足できる環境が整うと、気持ちにもやる気スイッチが入り、仕事もはかどります。

人生はぼやぼやしているとあっという間に過ぎてきます。貴重な時間が濃密な時間になるよう、是非、工夫をしてくださいね。