SBI証券✕三井住友カードのクレカ積立が改悪!プリファードとゴールドNLの損益分岐点はいくらか?【最適カードの選び方】

SBI証券✕三井住友カードのクレカ積立の5⇒10万円積立の新ポイント付与ルールが発表されました。

2024年5~10月買付分までの6カ月間は特別付与率で大きなポイントが付きますが、2024年11月買付分以降は、プリファード、ゴールド、一般の全カードランクにおいて、全面改悪となります。

特に、新ルール(2024年11月買付分以降)の改悪の影響が大きいのが、「プリファード」ランクのカードです。

では、SBI証券でのカード積立で「プリファード」の方がお得になる損益分岐点はいくらでしょうか?目安を計算してみます。

[スポンサーリンク]

SBI証券✕三井住友カードのクレカ積立:新ルール

SBI証券✕三井住友カードのクレカ積立:新ルール

SBI証券✕三井住友カードの新しいポイント付与ルールは以下の通りです。

❶2024年5月~10月買い付け分まで【特別キャンペーン】
 積立額5万円超の部分についてもポイント付与率を最大5%
❷2024年11月買付分以降【新ルール】
 最高3%。年間のショッピング利用に基づき、ポイント付与率変動

【結論】として、キャンペーン期間中の10月買い付けまでは、シンプルに「5⇒10万円投資」でお得が増えます。ただし、通常運転以降は、基本的に還元率が落ちます。

大事なのは、❷2024年11月買付分以降【新ルール】適用後です。
年間のショッピング利用に基づき、クレカ積立のポイント付与率が決まるので、自分の身の丈に合わないカードを使ってもお得になりません。

2024年11月買付以降の「三井住友カード つみたて投資」ポイント付与率

カード種別年間カード利用額ポイント付与率最大ポイント付与数
プラチナプリファード500万円以上3.0%36,000ポイント
300万円以上2.0%
300万円未満1.0%
プラチナ300万円以上2.0%24,000ポイント
300万円未満1.0%
ゴールド等100万円以上1.0%12,000ポイント
10万円以上0.75%
10万円未満0%
その他10万円以上0.5%6,000ポイント
10万円未満0%

より詳細は以下の記事でご確認ください。

「プリファード」と「ゴールドNL」の損益分岐点(マイ・ペイすリボ利用時)

「プリファード」と「ゴールドNL」の損益分岐点(マイ・ペイすリボ利用時)

2024年11月買付分以降の【新ルール】後、自分の身の丈に合ったカードはどれになるでしょうか?

三井住友カード(Oliveフレキシブルペイ)「プリファード」と「ゴールドNL」で、月10万円を積み立てた場合の損益分岐点を確認してみます。
※「一般カード NL」の身の丈は、年間100万円のショッピング利用があるかとシンプルなので割愛。

最も、ポイント獲得が多くなるのは、「マイ・ペイすリボ」を利用したときです。

マイ・ペイすリボは、事前に設定した毎月のお支払い金額は決めておくものの、毎月増額/減額ができるリボ払いです。利用で還元率が0.5%UPします。

リボ払いは、基本すべきではありませんが、「マイ・ペイすリボ」はちょっと別。毎月、数百円の未払いを残して後は全額返済する増額/減額申請を行えば、リボ払い金利は数円で、還元率UPします。私は、この返済方法を利用しています。

以下が、「マイ・ペイすリボ」利用時に得られる、ポイントとその実質還元率です。

❶プリファード(VISA 1枚)

年間決済額100万円200万円300万円400万円500万円
還元率(1.5%)※15,000円30,000円45,000円60,000円75,000円
100万円達成ボーナス10,000円20,000円30,000円40,000円40,000円
投信積立10万円12,000円12,000円24,000円24,000円36,000円
合計❶37,000円62,000円99,000円124,000円151,000円
年会費❷33,000円33,000円33,000円33,000円33,000円
実質❶-❷4,000円29,000円66,000円91,000円118,000円
実質還元率0.4%1.45%2.2%2.28%2.36%

※通常1%+マイ・ペイすリボ利用0.5%=1.5%

❷ゴールドNL(VISA 1枚)

年間決済額100万円200万円300万円400万円500万円
還元率(1.0%)※110,000円20,000円30,000円40,000円50,000円
100万円達成ボーナス10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円
投信積立10万円12,000円12,000円24,000円24,000円36,000円
合計❶32,000円42,000円64,000円74,000円96,000円
年会費❷ ※20円0円0円0円0円
実質❶-❷32,000円42,000円64,000円74,000円96,000円
実質還元率3.2%2.1%2.13%1.85%1.92%

※1 通常0.5%+マイ・ペイすリボ利用0.5%=1.0%
※2 1回でも年間100万円以上利用で永年年会費無料

1枚のVISAカードで比較した場合、年間300万円のショッピング利用の場合は、「プリファード」の方がお得になることがわかります。

❸ゴールドNL(VISA、Mastercard 2枚併用)

さて、ここで、三井住友ゴールカード(NL)は、年間ショッピング利用額がぴったり100万円の時に最もポイント還元率が高くなるカードです。つまり、200万円、300万円と使うと還元率が落ちます。

しかし、三井住友ゴールカード(NL)は、VISAとMastercardの2枚の保有が可能です。VISAで100万円/年、Mastercardで100万円/年 を利用すれば、1枚のカード利用時よりも獲得ポイントが増えます。この方法で、同じ計算をしてみた結果は以下の通りです。

年間決済額100万円200万円300万円400万円500万円
還元率(1.0%)※110,000円20,000円30,000円40,000円50,000円
100万円達成ボーナス10,000円20,000円20,000円20,000円20,000円
投信積立10万円12,000円12,000円24,000円24,000円36,000円
合計❶32,000円52,000円74,000円84,000円106,000円
年会費❷ ※20円0円0円0円0円
実質❶-❷32,000円52,000円74,000円84,000円106,000円
実質還元率3.2%2.6%2.47%2.1%2.12%

【結論(目安)】プリファードとゴールドNL、どっちを選べばいいか

さて、ここでもう一度、プリファードと比較してみます。

「❶プリファード(VISA 1枚)」と「>❸ゴールドNL(VISA、Mastercard 2枚併用)」を比較すると、年間300万円利用時は「>❸ゴールドNL(VISA、Mastercard 2枚併用)」が還元率がよくなります。

以下、結論です。※ざっくりとした目安です。

【マイ・ペイすリボ利用】身の丈にあったカードの選び方(目安)

カードの年間利用額が「400万円」以上なら、プリファードがお得
カードの年間利用額が「300万円」までなら、ゴールドNL(VISA、Mastercard 2枚併用)がお得
※300~400万円ゾーンは使い方次第

その他考慮すべき点

上記【結論】はあくまで、単純なシミュレーションによるものです。実際は、ご自身のその他の保有カードや利用方法も考慮する必要があります。

以下は、考慮すべき点としてすぐに思いついたものです。

カード選定に考慮すべき点

・プリファードだからこそ、獲得できるポイントアップがある
・ゴールドNLで、VISAとMastercardを2枚持ちするからこそ得られるメリットがある
・三井住友カード以外に還元率が大きいカードを保有している

私の場合:どうするか

私の場合は、三井住友カードゴールド(NL)以外に、高還元率なカードを保有しています。つまり、三井住友カードゴールド(NL)2枚使いで「200万円以上決済」はお得ではありません。200万円以上使うと、還元率は落ちていきます。

よって、私の場合は、以下の順番でショッピング決済枠を埋めています。

カード利用の優先度

❶三井住友ゴールドNL(100万円×2枚)
エポスゴールドカード(最大2.5%還元、100万円) ※tumiki証券のクレカ積立分も利用枠に加算可能
❸リクルートカードプラス(2%還元、それ以上) ※先の3枚ではポイントが貯まらない決済のお助けカード

「プリファード」と「ゴールドNL」の損益分岐点(マイ・ペイすリボ未利用時)

「プリファード」と「ゴールドNL」の損益分岐点(マイ・ペイすリボ未利用時)

マイ・ペイすリボ未利用時の場合も計算してみました。

❶プリファード(VISA 1枚)

年間決済額100万円200万円300万円400万円500万円
還元率(1%)10,000円20,000円30,000円40,000円50,000円
100万円達成ボーナス10,000円20,000円30,000円40,000円40,000円
投信積立10万円12,000円12,000円24,000円24,000円36,000円
合計❶32,000円52,000円84,000円104,000円126,000円
年会費❷33,000円33,000円33,000円33,000円33,000円
実質❶-❷-1,000円19,000円51,000円71,000円93,000円
実質還元率-0.01%0.95%1.7%1.78%1.86%

❷ゴールドNL(VISA 1枚)

年間決済額100万円200万円300万円400万円500万円
還元率(0.5%)5,000円10,000円15,000円20,000円25,000円
100万円達成ボーナス10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円
投信積立10万円12,000円12,000円24,000円24,000円36,000円
合計❶27,000円32,000円49,000円54,000円71,000円
年会費❷ ※20円0円0円0円0円
実質❶-❷27,000円32,000円49,000円54,000円71,000円
実質還元率2.7%1.6%1.63%1.35%1.42%

❸ゴールドNL(VISA、Mastercard 2枚併用)

年間決済額100万円200万円300万円400万円500万円
還元率(0.5%)5,000円10,000円15,000円20,000円25,000円
100万円達成ボーナス10,000円20,000円20,000円20,000円20,000円
投信積立10万円12,000円12,000円24,000円24,000円36,000円
合計❶27,000円42,000円59,000円64,000円81,000円
年会費❷ ※20円0円0円0円0円
実質❶-❷27,000円42,000円59,000円64,000円81,000円
実質還元率2.7%2.1%1.97%1.6%1.62%

結論は、「マイ・ペイすリボ未利用時」と同じです。

最後に

今回は、SBI証券✕クレカ積立におけるプリファードとゴールドNLの損益分岐点はいくらか?【最適カードの選び方】を考えてみました。
皆様の積立投資の参考になれば幸いです。

【三井住友カード】紹介入会がでの申込で、入会特典が上乗せ

まだ、三井住友カードをお持ちでない方は、紹介入会で「通常の入会キャンペーンに加えて特典」が上乗せされます。紹介特典は、カードのランクが高いほど大きくなります。

【Oliveフレキシブルペイ】口座開設キャンペーン

Oliveリリース記念キャンペーン
+

通常1,000に+5,000ポイント(3月8日~4月30日まで)

3月8日から新たなキャンペーンが追加となり、最大特典が35,100⇒40,100円相当に増額となっています。
キャンペーンは複数の項目で構成されています。三井住友銀行の普通預金口座の保有状況、SMBCデビットの保有状況、三井住友カードの保有状況、SBU証券の保有状況 他の条件で、キャンペーンでもらえるVポイント特典が異なります。

詳細は以下の記事からご確認ください。