最強の資産形成法:iDeCo

資産形成

将来の夢や老後の生活を支えるには、お金の準備が必要です。

金融庁レポートで明らかになった老後2000万円不足問題は国民に大きなショックを与えましたが、事実を受け止め、
人生100年時代に備えた資産形成を一刻も早く始めることが極めて大切です。

平均的な年収のサラリーマン世帯でも、積立投資の基本を学び、国の優遇税制を賢く利用すれば、投資で2000万円、3000万円、いや、それ以上を作ることは可能です。

国の非課税投資の中でも、最も資産形成効果が高いのは、ほぼ非課税投資だけでなく、節税も同時に行えるiDeCo。「最強の資産形成法」と言っても過言ではありません。

iDeCoなら、始めた年からiDeCo拠出分が所得の控除対象で税金が軽くなるので、浮いた税金分をさらに投資に回すというサイクルを毎年続けていけば、資産も早く貯まります。

しかも、一度設定してしまえば、後は自動積立が可能。ドル・コスト平均法買付で、価格が上がっても、下がってもうれしい投資が60歳まで続けられます。

過去記事の中から、是非とも読むべきiDeCoのポイントについてまとめました。是非、参考にしてください。

iDeCo:まとめ

iDeCoについて、利用すべき金融機関と具体的な投資商品を中心にポイントをまとめました。

概要編

実践編

もっと幅広く積立投資について学ぶ

総合的に、積立投資、iDeCo、NISAについて学びたい方は、以下のまとめ記事もご参考に。