▼シェア&フォローする▼

SolanaチェーンのPancakeswapともいえるRaydium。このRaydiumがAcceleRaytorでは時折、IDOが開催されます。

IDO(Initial Digital Offering / Initial DEX Offering)とは、DEXで行われるトークンセールのことで、AcceleRaytor は、Daydiumが開催するIDOの固有名称です。
トークンセールでトークンが獲得できれば、ローンチ・上場で数十倍の値がつくことも多く、多くの方が期待しています。

今回は、過去に開催されたAcceleRaytorを例に、IDO の参加(購入)方法・参加条件などについて紹介します。

直近のAcceleRaytor開催状況

2021年11月は、以下のAcceleRaytor (IDOトークンセール)が開催されます。
11月17日:Genopets 詳細
11月24日:DeFi Land 詳細
12月1日:Tab TabTrader 詳細
12月6日:RUNNODE 詳細
12月9日:Reary 詳細
参加にはRaydium ($RAY)の7日/30日/90日のステーキングが必須!

Raydium AcceleRaytor:IDOセール

過去、Raidiumでは、2021年11月16日現在、過去8銘柄のAcceleRaytor(IDOセール)が開催されています。

Raydium AcceleRaytor情報は、Raidiumの上部メニューバーから「AcceleRaytor」をクリックすることで確認ができます。

Raydium AcceleRaytor:参加方法

AcceleRaytorの参加の流れは、おおよそ以下のようになっています。

AcceleRaytorの参加の流れ

❶海外仮想通貨取引所などで$SOL、$RAY, $USDC を購入
❷Solanaのウォレットに送金
❸RaydiumのStaking画面にて$RAYをステーク (AcceleRaytorの参加条件)
❹指定のプールオープン期間中にプールにUSDCを預入

以下では、過去に私が参加したAcceleRaytorを例に、具体的な流れを解説します。
送金方法はいろいろルートがあると思いますが、一つのルートとしてご確認頂けると幸いです。

まずは、$SOLを入手することが先決。これを購入しないことには、Solanaチェーンでの手数料が支払えず、何もできません。
$SOLを入手すれば、Raydium上で、$SOLや$USDTなどを利用して $RAY をスワップしたり、トレーディング購入(板注文)することも可能です。

以下では、❶~❸の手順を順にみてきましょう。

❶海外仮想通貨取引所で$SOL、$RAY, $USDCを購入

Binanceなど仮想通貨取引所で$SOL、$RAY, $USDを用意します。

送金手数料などの都合、$SOLは絶対に必要です。$RAY, $USDCは、RaydiumのSWAP機能で$SOLを元手にスワップするのが、最も簡単です。

本当ならSolanaと相性のいい取引所はFTXだが…

本来ならSolanaと相性のいい仮想通貨取引所はFTXです。しかし、FTXは日本人の新規口座開設停止、さらには、一時、日本人がIP接続拒否などが発生しました。問題があるので、現時点ではお勧めできません。

❷Solanaウォレットの準備&送金

SolanaはイーサリアムやBSCでおなじみのMetamaskに追加設定することはできません。
Solana用のウォレットSollet.io、MathWallet、Phantomなどを用意する必要があります。現時点では、Phantomがいいと思います。
各種ウォレットのダウンロードなどはこちらからアクセスできます。

インストール手順やウォレットへの送金方法は以下のサイトが参考になります。

❸Raydiumでの$RAYステーキング

$RAY ステーキングの方法

AcceleRaytor開催時は、指定の期日まで(例えばAcceleRaytor開催の7日前)に、指定量以上の$RAYをステーキングすることが参加条件となります。
このステーキング量に応じて、チケットが配布。このチケット量に合わせて購入資金$USDCをプールに預け入れることで、AcceleRaytor通貨が割当分配(抽選の可能性もあり)されます。
よって、期日までステーキングを完了させないと、AcceleRaytorに参加できません。
日本人の場合、MediumのRaydium Japanのアナウンスがわかりやすいと思います。日頃からウォッチしておきましょう。

ステーキングの方法は簡単です。
RaydiumとSolanaウォレットを接続し、上部メニューバーから「Staking」をクリックします。この画面で、$RAYをステーキングします。
上図は、その流れを矢印で示しています。矢印の順にすすめればステーキングができます。

Math Walletウィンド起動時の注意

Math Walletのウィンドが起動した際、ハマってしまって戸惑いポイントがあります。


Math Wallet起動画面
solletアドレス部にを入れないと、「Accept」されないので注意

上図は手数料支払い時などに起動するMath Walletの画面です。
Metamaskの場合、ウィンドウが立ち上がると「OK」ボタンなどを1回押すことで、先に進むことができますが、MathWalletの場合、利用のsolanaアドレスをクリックして状態にしないと、「Accept」が受け入れられません。ご注意ください。

私は、最初、方法が分からず、先に進めず、
かなりな時間を無駄にしました ┐(´д`)┌ヤレヤレ
chami
chami

❹指定のプールオープン期間中にプールにUSDCを預入

プールのオープン期間に合わせて、プールに購入資金となる $USDC を預け入れます。

下図の$MERの AcceleRaytorの場合は、2プール制で、以下のプールが用意されました。

RAY50Pool :50$RAYのプール、預入資金200 USDC
RAY500Pool:500$RAYのプール、預入資金600 USDC

実際の割り当ては、募集状況次第の(抽選、または量にステーク量に応じた)配分割当です。

$USDCの預け方は、希望のRAYプールのボタンをクリック。

画面右側より、USDCのデポジットを行います。時間に遅れないようにしましょう。

デポジットが完了したら、$MERの割当・ローンチを楽しみに待ちましょう。

【参考】$MER 割当結果

$MERのAcceleRaytorの割り当て結果は以下のようになりました。

◆RAY50プール
倍率:9416.5063138864% で 16.991440 MER 割当($2.12393 / 事前預入 $200)

◆RAY500プール
倍率:6946.7795961384% で 69.096765 MER 割当($8.637095625 / 事前預入 $600)

合計 86.088205 MER 割当($10.761025625)
 
500$RAY以上、ステークして両プールとも参加した方が多かったようです。

最後に

今回は、Raydium のIDOトークンセール AcceleRaytor の参加方法を初回しました。
新規上場銘柄は、過去を見ると、手堅くリターンが得られるチャンスです。安くトークンを買う一つの方法として、有効にご利用ください。

皆様へのお願い🙏

本記事が少しでもお役に立ったなら、記事を書く励みになりますので、 Twitterフォロー RSS(feedly)登録をしてもらえると嬉しいです。新規記事公開時にお知らせいたします。