テレワーク・在宅ワークの寒さ対策:おすすめ暖房器具(電気代・導入コストも安く温かい部屋暖房グッズ)
▼シェア&フォローする▼

冬のテレワークの悩みといえば「寒さ対策

足元が寒くて集中できない
部屋が寒い
長時間の暖房器具使用で電気代が心配  など様々な悩みがありますよね。

そこで今回は、快適性はもちろん、電気代や導入コストなども考慮した上でおすすめの暖房機器を紹介します。

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資可能な"神サービス"

解約方法を事前に確認

お部屋の暖房は全体暖房/補助暖房で分けて考える

暖房は、部屋全体を温める暖房と、部分を温める暖房を分けて考えるのが省エネにつながります。部屋全体を温めすぎると上半身は熱過ぎなのに足もとは寒いままとなり、電気効率も快適性もよくありません。

部屋全体暖房と部分暖房を使い分けよう

部屋暖房:エアコン、石油ファンヒーター、ガスファンヒーター、オイルヒーター 等
補助暖房:こたつ、ホットカーペット、セラミックファンヒーター、パネルヒーター 等

部屋全体を温める部屋暖房

実は総合的に電気代が安いエアコン

冬の暖房器具の代表格といえば「エアコン」。
しかしつけっぱなしにすると電気代がかかりそうと、使用を控えているご家庭も多いのではないでしょうか。しかし、部屋全体を暖めるという観点から、エアコンはどの暖房器具よりも効率が良く、電気代が安く済みます。

だから、エアコンがついている部屋は、エアコンの暖房器具として使うのがおすすめ。それでも足元など部分に寒さを感じる場合は、エアコンの温度設定を高くするのではなく、もっと電気代が安くて済む足元暖房を導入するのが電気代も導入コストも安く済む方法です。(あまりエアコン温度を高くすると、頭がぼっとして、仕事のパフォーマンスが落ちます)

エアコンをつけっぱなしにした場合の電気代は、以下に詳細をまとめているのでご確認を。

過去にハロゲンヒーター、セラミックファンヒーターなどを使った経験がありますが、電気代が3倍ぐらいかかりました…
chami
chami

エアコンがない部屋のおすすめ部屋暖房

エアコンがない部屋の場合、ランニングコストが安いのは、石油ファンヒーターやガスファンヒーターです。

しかし、これらの暖房器具は、賃貸などの場合、利用が禁止されていたり、石油ファンヒーターの場合、灯油を購入するのが大変といったデメリットがあります。特に首都圏などでは、実質的に電気による暖房に頼らざるを得ないというのが現状でしょう。

その場合、おすすめの暖房器具はオイルファンヒーター。即暖性はありませんが、快適な温かさを得やすい暖房器具です。火を使わないので安全性も高く、音も風もありません。また灯油やガスを使わないので、部屋の匂いも気になりません。

created by Rinker
DeLonghi(デロンギ)
¥16,182 (2021/01/19 09:39:46時点 Amazon調べ-詳細)
過去に3畳ほどの書斎で、上記で紹介したデロンギの小型オイルヒーターを使っていました。
温まるのに時間を要しますが、一度温まるとマイルドで頭がぼっとせず快適な温かさでした。
chami
chami

部分を温める補助暖房

今、在宅ワークやテレワークをする中で、最も問題を感じているのは「デスク下の足元の寒さ」という方が多いのではないでしょうか。
足元を温める補助暖房を導入することで、頭は熱さでぼっとすることなく、かつ、電気代も抑えながら温かさを保てるので、是非検討したい部分暖房器具です。
Amazonで売れランキング上位の商品を中心に具体的なおすすめ商品を紹介します。

ミニホットカーペット(ホットマット)

ミニホットカーペットは座布団サイズの一人用のカーペット。足を温めたい場合は足元に、お尻から腰の冷えを防ぎたい場合は椅子の上に設置することで、下半身を快適に温められます。
導入コストが3000円程度と安く、電気代もあまりかからないのが魅了。さらに、座布団サイズなので、オフシーズンも簡単に片づけられるのがいいですね。

パネルヒーター

パネルヒーターは、デスク下に立てることで足モノと全体を温める遠赤外線ヒーターです。足元をパネル囲むので、熱が逃げにくく、膝から足元までが暖かく、快適に仕事や勉強できます。ブランケットを組み合わせて使えば、コタツ状態になり、温かい空気も逃げません。温度の上がりすぎを防いだり、点灯したら電源をOFFするなどの機能もついていて安全性も高いです。
ミニホットカーペットに比べてパネル面積が広いため、その分、電気代も少し高くなります。

フットウォーマー、電気スリッパ

フットウォーマーは、足首まですっぽり包んで足元を暖める暖房器具です。暖かくふわふわのウォーマーの中には、温度調整できるヒーターが組み込まれており、足元を効率的に温めます。多くのタイプは数段階のの温度調節機能、時間タイマーOFF機能などがついています。
電気スリッパタイプなら、移動時も履いたままで移動できるので便利。USBで電源供給なので、デスクワークで使う場合、とても便利ですね。

ホット足入れヒーター

ホット足入れヒーターは、下半身をすっぽり包み込み、足を温めるヒーターです。一人用の「どこでもこたつ」ともいえる商品で、すぐに暖かくなるのが特徴。多くの商品は、数段階の温度調節機能がついています。歩いて動けるタイプもあります。洗濯も可能です。

電気ブランケット・電気ひざ掛け

電気ブランケットの魅力は、暖めたい部分を自由に選べること。冷えやすい足元やつらい腰回り、だけでなく時には方肩にかけて上半身を温めることも可能です。また、デザインがいろいろあるのも魅力の一つ。電気代も極めて格安です。

加湿も大事

太平洋側の場合、冬は乾燥が進みます。乾燥すると、肌の乾燥が進むばかりか、蒸発時に熱が奪われるため体温が低下しやすくなります。

乾燥しすぎないように、加湿器を上手に利用しましょう。体感温度が高く感じられるだけでなく、今年は、コロナとインフルエンザのダブル感染を防ぐためにも加湿が非常に大事です。消費電力は低く、一日12時間使用しても電気代は数円です。

created by Rinker
MSOVA
¥5,099 (2021/01/19 06:53:18時点 Amazon調べ-詳細)
小さな卓上型と異なり、3.5L大容量で最大30時間の連続稼働可能!
750mAhのバッテリーが内蔵され、フル充電した後、コードレスでも使用できます。

最後に

今回は、在宅ワーク、テレワークの寒さ対策として、電気代が安く、導入コストも安いおすすめ暖房器具を紹介しました。
寒さを我慢していてはいい仕事はできません。快適に仕事をするためにも、是非、検討してみてください。

電気代を安くするための方法については、以下の記事の後半に記載しています。電気代を安くする方法は、様々なあるので、是非合わせてご確認くださいませ。