エアコン(暖房)を1日つけっぱなしにしたら電気代は?電気代の計算方法、電気代を安くする方法は? 2018年~2019年冬
▼シェア&フォローする▼

寒くなってくると必要になる暖房

冬は夏と違って、ファンヒーター、ストーブなど灯油機器で暖を取る家庭も多いですが、マンション暮らしなどの場合は、暖房機器にエアコンを使用する家庭も多いですよね。

暑い夏、寒い冬に料金がかさむ電気代。
夏の冷房といえば、エネルギーが「電気」でしょうし、冬の暖房灯油・ガス暖房に比べて電気による暖房が増えており、電気代が急騰しがちです。中でも電気代に最も影響を与えるのが、「エアコン」です。

では、そもそも冷房・暖房使用時のエアコンの電気代はどのぐらいなのでしょうか?また、つけっぱなしにすると、1日、1ヵ月でどのぐらい電気がかかるのでしょうか?

今回は、エアコンの費用のおおよその金額を把握すると同時に、電気代を安くするためにするにはどうしたらいいか、説明します。

エアコンの冷房・暖房、つけっぱなし時の電気代の計算方法

エアコンにかかわらず、電気代の計算式は、以下の式で表されます。

電気代 = 消費電力(W) × 使用時間(時間) × 1時間当たりの電気代

エアコンの消費電力はいくらぐらいなのか?

我が家のリビングのエアコンは、2014年製の 三菱ルームエアコン(10-12畳用)。ごくごく一般的なエアコンです。消費電力を調べたところ、以下のようになっていました。

・冷房時の消費電力:810W
・暖房時の消費電力:865W

室温と外気の温度差が大きい冬の方が消費電力がかかることがわかりますね。

夏と冬のエアコンつけっぱなし時の1日電気代を計算してみよう

まずは、1時間当たりの電気代を計算してみます。

我が家は東京電力管轄。最も家庭で利用されているのは「従量電灯B」、電力量料金が「120kWh-300kWh」で、1時間当たり1kWの使用料金は「26円00銭」です。 ※2018年6月9日現在

これをもとに電気代を計算すると以下のようになります。

冷房・暖房のエアコンの電気代


1日当たり :0.810kW × 24時間 × 26.0円 =505.44円
1ヵ月当たり:505.44円×30日=15,163.2円
 

1日当たり :0.865kW × 24時間 × 26.0円 =539.76円
1ヵ月当たり:539.76円×30日=16,192.8円

夏冬共に、15,000円以上の費用が掛かり、家計に厳しい出費となることがわかりますね。

現実的に1日の使用時間は8時間とする場合の1ヵ月の電気代は

1日中、自宅にいて昼も夜も1日つけっぱなしということはないと思います。そこで、もう少し現実的に、1日の1/3=8時間、エアコンを利用するとすれば、1ヵ月の電気代はどうなるでしょうか?

冷房・暖房のエアコンの電気代(1ヵ月間、1日8時間利用)

夏:15,163.2円×8/24=5,054.4円
冬:16,192.8円×8/24=5,387.6円

家庭によりエアコン稼働時間は異なるので、この額が標準とは言えませんが、なんとなく、毎年の夏冬の電気代UPのイメージに合ってきたのではないでしょうか。

いずれにせよ、夏・冬のエアコン必須シーズンは、1ヶ月で5000~5400円強電気代がアップするということです。

当然のことながら、エアコンを複数台使用していたり、その他暖房機器を併用していればさらに電気代はアップします。電気代節約の努力が必要です。

電気代のかかる家電を知る

電気代がかかるダントツ1番はエアコンですが、それ以外にも電気代のかかる家電はなんでしょうか?

基本的に、温めたり冷やしたりする家電は電気代がかかります。中でも、特に、温かくするための家電は電気代がかかります。冬の方が電気代が高くなったり、ブレーカーが落ちやすくなるのはそのためです。

1.エアコン      
2.洗濯乾燥機     Amazonランキング  楽天ランキング     
3.食器洗い乾燥機   Amazonランキング  楽天ランキング
4.冷蔵庫       Amazonランキング  楽天ランキング
5.照明器具      Amazonランキング  楽天ランキング
6.テレビ       Amazonランキング  楽天ランキング
7.アイロン      Amazonランキング  楽天ランキング
8.ドライヤー     Amazonランキング  楽天ランキング
9.電子レンジ     Amazonランキング  楽天ランキング
10.掃除機       Amazonランキング  楽天ランキング

節電に努めたり、或いは、かなり古くなっている場合は買い替えをすることで電気代の節約が図れます。

今どきの家電はなかなか壊れないので買い替えることが少ないと思いますが、いざ、買い替えてみると、なんでもっと早く買い替えとかなかったのだろうと今どき家電のすごさに驚くこともあります。
むやみに新しいものに買い替える必要はありませんが、利便性とコストを鑑みて検討くださいね。

一般家庭の電気代平均はいくら?

さて、一般家庭の電気代平均はいくらぐらいなのでしょうか?
総務省統計局の家計調査によると、2017年の電気代は家計人数別に以下のようになっています。

世帯人数2人3人4人5人
1ヵ月の電気代9,176円10,485円11,239円12,610円
年間換算の電気代110,112円125,820円134,868円151,320円

あなたのご家庭の電気代が高い理由は?

あなたのご家庭の電気代と比べてどうでしょうか?
我が家の電気代は平均より高い場合は、以下のような原因が考えられます。

電気代が高くなる3大理由

・電気を使い過ぎ
・電気代がかかる家電を多用している(古い家電を使っていて省エネ性が悪い)
・電気料金プランが適切でない(契約アンペアが適切でない)

電気代の傾向は地域によって異なる

電気代の傾向は地域によっても異なります。
例えば、東京を含む関東エリアの場合、冷暖房はエアコンという家庭が多いため、エアコン電気代が大きく関わっています。
そのため、冬の2月、夏は8月がピークになりやすいです。一方、日照時間が長く照明をつける時間が短くて済む6月が最も電気代が安くなる傾向にあります。

電気代を安くする方法、3つ

エアコンの電気代を節約したいなら、最新の省エネエアコンに買い替えるのがいいですが、大きな購入費用が必要です。
もっと、現実的な解で、実質的な電気代を減らす方法を、簡単な順に3つ紹介します。

方法1:高還元率クレジットカード払いにする

使い方を何も変更することなく簡単に実質的な電気代を安くする方法は、電気代を高還元率のクレジットカードで払う方法です。

電気代・ガス代などの光熱費、スマホ通信料を含む通信料は完全なる固定費。毎月支払いが必要なものは、高還元率のクレジットカードで支払えば、実質1%以上得します。

電気代は死ぬまで何十年と使い続けるものです。1年の節約分は小さくと、10年、20年と立つことで10万、50万円といった節約効果が生まれるので必ず実施しましょう。

 

内容  リクルートカード      楽天カード    
還元率1.2%1.0%
提携ポイントPontaポイント楽天ポイント
特徴ポイント還元率が最高楽天のお買い物で使える
紹介

方法2:契約アンペアを見直す

電力会社と契約している契約アンペアを見直します。例えば一人暮らしの場合、家族用に必要な大きなアンペアで契約しているとその分電気代が高くなってしまいます。一人暮らしなら20Aでもいいでしょう。
また、家族用でもブレーカーが落ちる!という危機意識があるアンペアで契約する方が、電気を不必要に付けない暗黙のルールができて電気代が減ります。

方法3.電気容量と電気料金プランを見直す

方法1の電気アンペアの見直しと同時に、電力自由化で始まったお安い電力プランへの変更を行いましょう。

例えば、楽天のでんきに切り替えると、モデルケースで、①月々の電気料金削減で約12,000円/年のおトク!

冬の電気代 楽天でんきで安くする

さらに、②1年間に合計約51000ポイントもたまります!

・申込キャンペーンで3000ポイント
・楽天カードでの支払いで1%お得
・楽天でんき使用量のポイントでお得

冬の電気代 楽天でんきで節約

①と②のお得を足し算すれば、合計約17,100円相当がお得。これは約11%の還元に相当します!

電気代の場合、引越しをしない限り、そのままの契約が継続するので、1年では17,100円のお得でも、10年経てば17万1000円のお得で決してバカにならない差になります。

ここで思い立って契約を見直すか、めんどくさいから何もしないでは、将来の家計には大きな差が生じます。

すぐに行動するか否かが、賢い消費者かバカな消費者かを隔てます。

楽天のでんき

手続きはWebから申し込むだけ、手数料・工事費・解約費用もなし
申し込み手続きも超簡単。Webサイトから「まちでんき」お申込みページで申し込みをするだけ。お使いの電力会社に連絡する必要もありませんし、申込費用・工事費用・解約費用はかかりません。