クレジットカードが磁気不良で使用不可に... 手帳型スマホケースの磁石が原因の可能性大。対策必須
▼シェア&フォローする▼

GWでお財布の紐が緩くなりつつあるChami(@poststand)です。

昨日、カフェでメインで使用中のクレジットカード払いを使用としたところ、店員さんから「カードが読み取りエラーになるのですが…」との声。

どうやら、クレジットカードの磁気不良で利用ができなくなってしまったようです。

クレジットカードが磁気不良になったらどうすればいいのか?できるだけ磁気不良を起こさないためにどうしておくべきか?
過去に、海外旅行出国間際にカードエラーに気づき大慌てした経験を踏まえ、面倒を軽減する方法を紹介します。



クレジットカードの個人情報記録の方式は2種類ある

最近のクレジットカードは、①「磁気ストライプ」に加え、②スキミングや偽造が難しい「ICチップ」の両方をに対応したものが主に普及しています。

磁気ストライプ読み取りタイプ
カードをスライドさせて情報を読み取る決済。日本ではまだまだこのタイプがかなり存在

ICカード読み取りタイプ
カードを読み取り機に差し込み、4桁の暗証番号入力で決済。海外ではこれが主流。日本でも最近はこちらの方法が増加中

クレジットカードの磁気不良とは、磁気ストライプやICチップが何らかの原因で読み取ることができなくなった状態をいいます。

クレカの磁気不良の4大原因

普通に使っていて、ある日突然、使えなくなるクレカの磁気不良トラブル。

その原因は大きく以下の4つが挙げられます。

①摩擦   :財布からの出し入れ時の摩擦によるカード表面に傷がつく
②汚れ   :汚れが読み取り部に付着
③破損・曲げ:財布をお尻のポケットに入れていることでカードが曲がる
④熱    :夏場の車中などに放置したことにより、カードが熱で曲がる
⑤磁気干渉 :強い時期を発するオン音の干渉により、データ破損

手帳型スマホケースへのクレカ収納は注意が必要

クレジットカードを強い磁気に当てないよう注意が必要と知っている方は多いですよね。

でも、皆さん、留め金が磁石タイプの手帳型スマホケースにクレジットカードやSuica/Pasmoを収納したりしていないでしょうか?

該当者の方、非常に多いはずです。私Chamiの場合も、完全にこのパターンに回答。磁石留め金で開閉する手帳型スマホケースを使用。Suicaやクレジットカードを数枚差し込み、支払いに利用していました。

最近は、現金払いは極力しないため、Suica/クレジットカード/スマホでのQRコード決済をしており、財布からお金を取り出す以上にクレジットカードなどを取り出す回数が増えていました。おそらく、スマホ・磁石両方が発する磁気にプラスして、カードケースからの出し入れ時に生じる摩擦で傷がつき、磁気不良になってしまったと考えられます。

多くの人が、私と同様の使い方をしており、普通は問題は起きません。
しかし、カードそのものが傷ついたり、磁気不良になりやすい状態であることは間違いないので、カードが使えなくならないように気をつけるに越したことはありません。

クレジットカード磁気不良対策

現金払いが損する今の時代、クレジットカードが使えなくなるのは非常に痛いですよね。

私は、過去に、海外出国当日に磁気不良でカードが使えなくなり、冷や汗が出た経験もあります。

普段から、1枚のクレジットカードに問題が生じてもリカバーできるように準備をしてくことが大事です。

クレジットカードは常に複数枚持ち歩く

クレジットカードは複数枚持ちが必須です。年会費無料&高還元率なカードなら、維持費もかからず、ポイントもたまります。

以下は、おススメのクレジットカードです。それぞれ入会特典もあるので、賢く利用しましょう。


リクルートカード:還元率1.2%、pontaポイント
年会費無料のクレジットカードの中で最も還元率が高いのがリクルートカード(還元率1.2%)。カード利用でたまるリクルートポイントはPontaポイントに変換できます。nanacoチャージでもポイントが貯まるので、ポイント二重取りも可能です。
リクルートカード

楽天カード:還元率1.0%、楽天ポイント
年会費無料ながら還元率1.0%でポイントが貯まりやすいカードです。私はポイントは楽天市場の買い物やTOHOシネマの支払いで利用しています。
楽天カード

Yahoo Japan カード:還元率1.0%、Tポイント
楽天カード同様、還元率1.0%でポイントが貯まりやすいカードで、Tポイントがたまります。私は貯まったポイントは、ファミリーマートでのショッピングか、ソフトバンクの支払いに充てています。
Yahooカード
Yahoo! JAPANカード

磁気シールドカードを利用する

磁気干渉を防止するカードを導入することで、磁気不良被害を軽減することができます。

Shelly(シェリー) 磁気シールドカード
LOE カードケース RFID 磁気 スキミング 防止

磁気不良を起こしたカードはどうするか?

磁気不良を起こしたら、クレジットカードを再発行してもらうしか方法はありません。

サポートデスクに電話をして、クレジットカードが利用できなくなったことを伝え再発行をしてもらいましょう。通常、再発行依頼から7~10日ほどで新しいカードが届きます。

公共料金などの引き落としをクレジットカードにしている場合は要注意

通常、磁気不良によるクレジットカードの再発行を依頼すると、新しいクレジットカード番号のカードが発行され、約1ヵ月の間の移行期間を経て、古いカード番号では利用ができなくなります。

この場合、困るのは、光熱費・通信料の支払い先をクレジットカードにしている場合です。

当然のことながら、クレジットカード番号が変わってしまう場合、各利用機関にクレジットカード変更の届け出をしなければなりません。

そこで、クレジットカードのサポートデスクに「カード番号が変わると、光熱費などの引き落とし先をすべて変更する必要が生じるので、同じクレジットカード番号で再発行してほしい」と頼みましょう。

すべての場合、願いが聞き入れられるわけではありませんが、条件が合えば、同じクレジットカード番号で再発行してもらえます。