貧乏マインドが染みついた方必見!ジャックマー氏の動画が「名言」すぎる
▼シェア&フォローする▼
写真:NewsWeek

中国だけではなく世界を代表する企業となったアリババ・グループの創業者 ジャック・マー氏

テクノロジーを駆使することで、中国の小売業や金融業のビジネスモデルを根底から覆し、まさにイノベーションを起こしました。ジャック・マー氏は、1964年生まれの54歳。アリババを30歳半ばで起業し、現在の巨大企業に育てた立役者です。しかし、その人生は失敗の連続であったというのはよく語られること。失敗しても失敗しても、前に進み続けたことが今の巨大企業を築いた証と言えますが、そんな彼には様々な名言があります。

今回紹介するのは、その彼の発言動画。あまりに、名言すぎるので、動画の日本語翻訳を文字に書き起こしました。

あなた、そして、私自身にも染み込んでいる「貧乏マインド」について、非常にわかりやすく、かつ、ドキッとする言葉で語っています。

動画「貧乏マインドに奉仕するほど最悪なことはない。」

ジャック・マー:名言

貧乏マインドの人に、尽くすほど最悪なことはない。
 
何かを無料でプレゼントしたら、「これは罠だ」と非難する。
「少額投資で大丈夫」というと、「じゃあ、儲からないじゃん」と文句を言う。
「多額の投資が必要」というと、「そんな金ない」と文句たらたら。
「新しいことに挑戦しよう」と誘うと、「経験がないから無理!」と諦める。
「伝統的なビジネスだよ」というと、「じゃあ成功しないね!」と却下される。
「新しいビジネスモデル」というと、「じゃあ、MLM」と決めつける。
「店を経営してみたら?」というと、「自由がなくなる!」と主張。
「起業してみたら?」というと、「プロじゃないから無理」と受け入れない。

貧乏マインドの人たちの共通点とは、グーグル検索が大好きで、
似たような貧乏マインドの友人の話ばかり聞いて慰めあっている。
口先だけは、大学教授なみ。でも行動は、盲人以下。
 
彼らにこう聞いてみて。「じゃあ、あなたは何ができるの?」
何も答えられないから。
 
私の結論は、言い訳を熱弁している暇があったら、もっと早く行動に移せば良い
 
いつも考えているばかりよりも、何か実際にやってみたらどうか。
 
貧乏マインドの人は、ある共通点により人生失敗します。
ずっと待っているだけで、自ら何も行動しないからです。

いかがですか?

変化を恐れ、グダグダいってるだけで、行動しない。

そんな自分は嫌だと感じませんでしたか?

ジャック・マー氏、アリババに関する著書

より興味を持ってもらうために、ジャック・マー氏、或いは、アリババに関する書籍をまとめました。

created by Rinker
¥1,760 (2019/12/10 19:05:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2019/12/10 19:05:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,760 (2019/12/10 19:05:28時点 Amazon調べ-詳細)

即行動できる人になるためのおすすめ本

即行動、即アウトプットするために大事なことをまとめた本を紹介します。

↑最速で結果を出すためにはアウトプットを先に行うとことが大事。思いついたら、まず行動です。まずは、アウトプットから始めて、走りながら足りない部分をインプットするという順番を守ることの大切さを教えてくれます。

↑ただ待っているだけでは再び現れることのない「チーズ=幸せ」を手に入れるために自分はどうすべきだったのか?どう考えを改めるべきなのか?を気づかせてくれます。

↑本当の「決める」には、「行動」が伴います。「決める」と「行動」はセットなので、行動の伴わないものは決めたとは言いません。それは「ただ思っているだけ」です。
「思っている」だけを「決める」に変え、すぐに決めたことを続けていくことで、あなたはあなたの望む幸せと、その先にある成功を手に入れることができます。本書はそんなあなたに、「決める」スキルをUPするための、大きな気づきを与えてくれます。