おすすめ!スポットクーラーで電気代節約。工事不要な移動式エアコンとパーソナルクーラーの併用で総合的に電気代を節約 2022年
▼シェア&フォローする▼

部屋を涼しくする家電といえば「エアコン」ですが、気になるのはその電気代
また、物理的・費用的にすべての部屋にエアコンをつけるのは難しいため、毎年、夏の暑さに苦しむご家庭も多いでしょう。

そんなときに便利なのが、工事不要で、エアコンが取り付けが困難な部屋も涼しく快適にしてくれる「スポットエアコンスポットクーラー)」。今年はいきなり気温が暑くなったこともあり、購入してから設置工事などに早くて1週間、遅いと1か月以上かかるエアコンでなくスポットエアコンを選ぶ人が増えており、今年は2021年度比2倍の勢いで売れているのだとか。価格の安さ(3~5万円)も魅力です。扇風機と異なりしっかり涼しい風が出てくるので、上手に使い分けることで電気代の節約にもつながります。

本記事では、家庭用スポットエアコン個人用スポットクーラー電気代、使い分け方、おすすめ品を紹介します。

目次



ふるさと納税コスパランキング 🍚お米 🥩牛肉・豚肉 🍗鶏肉
珈琲を楽しむ返礼品 ☕コーヒーメーカー 🫖電気ケトル ミル

エアコンとスポットエアコンの違い

スポットエアコンとエアコンの違い

スポットクーラー空間の一部を局所的に冷やすための冷房機器です。エアコンのように空間全体の温度を冷やすわけではありません。ちょうど、エアコンと扇風機の間のようなアイテムですが、比較的広い空間を冷やせるタイプもあります。

エアコンとスポットエアコンの違いの最大の違いは、「排熱方式」です。

それぞれ、特徴を見ていきましょう。

エアコン:室外機必要。部屋全体を冷やす

エアコンはダクトを通じて室内の熱を冷やす際、屋外に設置された室外機を介して放出することで、室内を涼しくする製品です。部屋全体を涼しくします。空気循環はせずに、熱だけを外に放出するのがポイントです。エアコン本体だけでなく、室外機も稼働するため、商品価格、電気代ともに高くなりがちです。

エアコン 3セット
屋内設置のエアコン、屋外設置の室外機、リモコンがセット

経済産業省・資源エネルギー庁の調べによると、夏の一般家庭で日中にもっとも電気使用量が多くなるのはエアコン。なんと、消費電力量全体の58%を占めています。

以下の記事では、気になるエアコンの電気代について徹底解説しています。

スポットエアコン:室外機不要。スポットを冷やす

スポットエアコンは、冷風機とも呼ばれます。仕組みはエアコンと同じですが、エアコンでいうところの「冷気吹き出し口」と「室外機」が一体になった製品です。

一般的に、本体の上部や前面から冷気を放出、背面に給気口・排気口ダクトがついていて、窓外に熱を逃してあげることで部屋を冷やすことができます。ダクトの取り付けは必要ですが、8~9割の人がご自身で取り付けているので、基本誰でも取り付け可能。多くの製品はキャスターがついているので、取り付け時に不安な移動にも困りません。

排熱さえできれば、室外機の置き場を気にすることはありません。除湿機能も付いているため、梅雨の季節の洗濯乾燥にも重宝されます。

家庭用のスポットエアコンの場合、設置に特別の電気工事はいりません。対応電圧は100Vがほとんどなので一般家庭の電源コンセントに指して使えます。

気になる電気代ですが、スポットエアコンのタイプや対応人数・広さによって電気代は大きく異なります。しかし、もともとの商品コンセプトがエアコンよりも狭い「スポット」を冷やすことが目的ですので、エアコンより電気代が安く済みます。

製品価格もエアコンに比べて安価(3~5万円)です。

スポットエアコン:サイズは空気清浄機程度

スポットクーラーの大きさは、本体が50~70cm程度で、空気清浄機のサイズ感。リビングのソファーそば、調理で温度が上昇しやすいキッチンの調理スペース前などにも十分置けるサイズ感です。

ただし、排熱のために、基本的には窓の近くに設置するのが前提となります。

スポットを冷やすという考え方

部屋全体を涼しく…という考え方でなく、個々人を涼しく…という考え方も重要です。

パーソナルクーラー併用で電気代を抑える

全体を冷やすより、個々人を冷やす方が、断然、電気代が安く済みます。

高齢者や女性などの寒がりさんがいる場合も、エアコンの設定温度はほどほどに省エネ利用をしながら、暑がりさんはパーソナルクーラーを併用すれば、皆が快適に過ごすこともできます。

パーソナルクーラー

パーソナルエアコンは、個人利用の小型スポットエアコンです。部屋全体を涼しくするパワーはありませんが、その分、電気代はわずか。外気ダクトの引き回し問題も不要で、どこでも利用できます。デスクや寝室、その他、様々な場所で利用できます。

製品価格も2千~1万円程度で購入できます。

置き型スポットエアコンだけでなく、ネッククーラーファン付きクールウェアパーソナル扇風機など、製品バリエーションもいろいろあります。

 
おすすめ スポットエアコン

以下では、3タイプのエアコンを以下の順で紹介します。

・スポットエアコン     :部屋や作業場、台所などを冷やす
・パーソナルスポットエアコン:置き型でデスク・寝室などどこでも持ち運び可能
・ネッククーラー      :外出先でも利用可能
・ミニ扇風機        :どこでも利用可能

部屋中冷やせる!家庭用スポットエアコン おすすめ品

ナカトミ(NAKATOMI) :移動式エアコン MAC-20

冷暖房器具やインバーター発電機などを製造しているナカトミの「移動式エアコン MAC-20」は、冷却能力が高くて、Amazonでも売れ筋No.1👑 冷風・除湿・送風の3モードを搭載。冷房は16〜32℃に設定が可能。便利な入切タイマー付きで、冷やしすぎを防ぎ節電効果も期待できます。ノンドレンタイプで排水の手間がないのも魅力です。
コンパクトタイプで、湿気のたまりやすい脱衣所やキッチンなど、狭い場所でも使用できます。排気ダクトを別売りの窓枠パネルと一緒に取り付ければ、外への排熱もスムーズです。
6~8畳用、5~8畳用、7~10畳用の3タイプがあります。

電源:AC100V 50/60Hz
冷房能力:2.0/2.3KW
消費電力:750/770W

アイリスオーヤマ:ポータブルクーラー IPP-2221G-W

アイリスオーヤマは、冷風、除湿、換気の3役をこなす~7畳までのポータブルクーラー。風に直進性があるので、一人利用の場合はより涼しさを感じられます。設置工事不要! キャスター付きでどこでも移動できます。除湿機能付きなの、梅雨シーズンの部屋干し使用にもおすすめ。排気ダクトを簡単に窓に固定できる窓パネル付き。
~7畳用で、窓パネルもついています。

電源:100V 50/60Hz
冷風能力:2.0/2.2kW
消費電力:490/600W

アイリスオーヤマ:ポータブルクーラー IPA-2221G-W

アイリスオーヤマ:ポータブルクーラも、1台で3役をこなすAmazonでも人気の高いスポットクーラー。設置工事不要! キャスター付きでどこでも移動できます。除湿機能付きなの、梅雨シーズンの部屋干し使用にもおすすめ。排気ダクトを簡単に窓に固定できる窓パネル付き。
~7畳用で、窓パネルもついています。

一つ前に示したIPP-2221G-Wよりも値段が高くなる分、除湿機能が優れています。

電源:100V 50/60Hz
冷風能力:2.0/2.2kW
消費電力:755/870W

ハイセンス:スポットエアコン 2.0/2.2kW HPAC-22E

ハイセンスのHPAC-22Eは、環境に配慮した新冷媒「R32」を採用。排水ホース不要のノンドレンタイプで水捨てが不要、熱交換効率が良いので、コンパクトでもパワフル冷風。本体サイズは300×330×670mm(幅×奥行き×高さ)で、移動に便利なキャスター付き。持ち運びや収納も楽な設計となっています。Amazonでも評価が高い商品です

電源:100V 50/60Hz
冷風能力:2.0/2.2kW (50/60Hz)

山善:移動式 コンパクト スポットクーラー YEC-26

7~10畳向きの冷風・送風・除湿、1台3役をこなす移動式クーラー。冷房モード:16~31度設定可能。そよ風のようなここち良い微風から素早い換気に適した強風まで、利用シーンに合わせて3段階で風量調節ができます。
付属品は以下の通り豊富。
窓パネル付きです。

電源:100V 50/60Hz
冷風能力:2.1/2.5kW
消費電力:780/900W

Corona(コロナ) :冷風・衣類乾燥除湿機 「どこでもクーラー」

冷風、除湿、送風運転が出来る移動式エアコン。冷風機能に加え衣類乾燥や除湿もできるので、梅雨シーズンの使用にもおすすめです。冷風のパワーも3段階に調節が可能。また、ピンポイントで冷風を当てたり、広範囲を冷やしたりとシーンに合わせて冷風を送る範囲を選べるのも魅力です。

電源:AC100V
消費電力(50/60Hz):除湿時=205/215W、冷風時=220/240W
電気料金(1時間あたり)(50/60Hz):除湿時=5.5/5.8円(27円/kWh試算)

ナカトミ(NAKATOMI) :移動式エアコン MAC-10

省スペース、コンパクト設計の移動式エアコン。地面にだけでなく、テーブル等の上に置いて使用可能なので、使い方は多彩。ご家庭、野外、事務用など様々なシーンで活躍します。

電源:AC100V 50/60Hz
冷房能力:0.41/0.43kW
消費電力:590/690W
タンク容量:0.75L

ナヴィック(NAVIC):CLESEED(クレシード) クレクール3ホワイト

室内機室外機一体型の移動式スポットクーラーです。冷房だけでなく、除湿・加湿・空気清浄器としても機能し、1台で4役こなす優れもの。梅雨は洗濯物乾燥の除湿器として、花粉・ハウスダストが気になる方には空気清浄機として、また、乾燥した時期には過失機能と、オールシーズン利用が可能です。

コンパクト・軽量なので持ち運んで外出・レジャー先での使用もできます。女性でも持ち運びがしやすいです。

電源:単相100V
消費電力:350W / 送風モード時
消費電力:50W / 冷房能力:800W (3000BTU)

トヨトミ:スポット冷暖エアコン ホワイト TAD-22LW

created by Rinker
トヨトミ(TOYOTOMI)
¥46,430 (2022/09/28 21:58:19時点 Amazon調べ-詳細)

冷暖房兼用タイプで1年中活躍!一方で、冬は他の暖房を利用という場合は、暖房機能は不要かもしれません。
冷風・温風・送風・ドライの1台4役。オールシーズン1年を通して活躍する冷暖房兼用の商品です。冷却力は強く、しっかり冷たい風が出ます。

電源:AC100V 50/60Hz
冷房能力:冷風2.0/2.2kW、温風1.7/1.9kW
消費電力:冷風590/690W、温風600/730W
タンク容量:0.75L

コウデン:移動式エアコン KEP251R

冷風・送風・除湿、1台3役をこなす移動式クーラー。「使用する度に排水が必要だと煩わしい」という声にお応えして、冷風運転時にはドレン水がほとんど出ない機構を採用(ノンドレイン方式)。熱を室外に排出する【窓パネル&排熱ダクト付属】。据付工事が不要なので、工事の順番待ちがなく、届いてすぐに使用できます。

電力:AC100V (50Hz/60Hz)
消費電力:720/850 W (冷風運転時MAX)
電気料金:(1kWh:27円)19/23 円/時間(冷風運転時)

【参考】窓用エアコンの防犯対策「補助錠」

窓用エアコンやスポットエアコンで窓パネルを取り付けた場合、不安なのが施錠。防犯上、絶対に対策が必要です。

そんな場合、便利なのが補助錠(補助鍵)です。

窓用エアコンの防犯対策として最もメジャーな対処法でm補助錠を取り付けることで、窓が途中まで開いた状態でも鍵ががかるようになります。補助錠は本体製品には含まれていないので、別途自分で用意する必要がありますが、価格は1個500円~。防犯面を考え、窓の上下にひとつづつ設置しましょう。一般的に、取り付けはねじで留めるだけなので簡単です。

created by Rinker
ノムラテック(Nomuratec)
¥947 (2022/09/28 21:58:20時点 Amazon調べ-詳細)

電源:単相100V
消費電力:350W / 送風モード時
消費電力:50W / 冷房能力:800W (3000BTU)

パーソナルスポットエアコン おすすめ品

これまで紹介してきた工事不要のスポットクーラーや通常の室外機付きエアコンとともに、併用して使うことで効率的に涼しくなれるのが個人用のパーソナルクーラー

スポットクーラーやエアコンの設定温度はほどほどに、個々人を冷やせば、エアコン1台で設定温度を低くして部屋全体を冷やすより、電気代を抑えられます。

以下では、おすすめのパーソナルクーラーを紹介します。

持ち運べるパーソナルクーラー:ここひえ R4 2022年

ショップジャパン ここひえ R4 2022年 リニューアル 扇風機 冷風扇 卓上扇風機 ミニクーラー 防カビフィルター【正規品】 190×200×175㎜ CCHR4AM1 ホワイト 小
created by Rinker
Shop Japan(ショップジャパン)

水をいれたらスイッチ一つですぐヒンヤリするパーソナル扇風機「ここひえ」。気化熱現象を利用して、水が蒸発する際に周りの熱を吸収して空気を冷やすハイドロチルテクノロジーで扇風機よりも涼しい風を送ります。
毎年最新版がでますが、こちらは今年2022年の最新モデル。従来品と比べて風速は約2倍!実験の結果約30%クールダウンで吹出口最大-10℃の涼しい風が吹き出します。

コンセントだけでなく、USBでも使えるのでスマホ充電用のUSBコンセントを指している場所でも利用できて便利です。電気代は一晩つけても1円かかりません!

パーソナルクーラー:Yokepro

「700ml大容量タンクと水漏れ防止の二重構造」一回の給水で長時間使用可能なパーソナルクーラー。使用時間は最大4.5時間です。自然風と冷風の2つのモードを搭載し、風量は強・中・弱・睡眠の4段調整が可能。上下風向調節が可能です。音は35〜55dbで、ささやき声と同じレベルで、寝室での利用にも適。電気代は超安価なのに、水を入れると想像以上に涼しいと好評で、Amazonでの評価数も2500件以上あります。

給電はUSB方式なので、アウトドアなどでも持ち運びがしやすいです。

 

おすすめネッククーラー(冷却板・冷却材で冷やす)

続いて紹介するのは、送風で冷やすのではなく、体のスポット=首の大動脈(頸動脈)を冷却することで効果的に身体を冷やすネッククーラー
冷却プレートを使って冷やす電動タイプ、冷却ジェルや水を使って冷やすタオルタイプなど様々あります。おすすめ品は以下の記事にて紹介しています。

以下では、最も冷却力・冷感持続性・携帯性・価格の面から総合的な評価が高いと考える総合点No.1商品のみ紹介します。

サンコー:ネッククーラーEvo【総合評価:高】

ネッククーラーEvoは、昨年大人気となったネッククーラー。スイッチを入れると2秒で冷たい!大き目な2枚のペルチェ素子板で首筋(頸動脈付近)を冷やしてくれます。ホールド感も良いため、しっかり頸動脈部を冷やしてくれます。見た目のデザインも見た目もすっきりしており、色違いの白は女性がつけても優しい印象です。

パワーモードは「強」「弱」だけでなく、強弱が時間で入れ替わる「ゆらぎモード」も搭載。一定温度の場合、冷たさを感じにくくなりますが、本製品は、強弱が入れ替わることで、冷たさを実感しやすいように工夫されています。

駆動時間は、弱モードで2時間、強モードで1.5時間です。コードがなくても専用バッテリー同梱セット品がおすすめです。専用バッテリーがなくなった場合も、お手持ちのモバイルモニターを接続して利用が可能です。

冷却力・冷感持続性・携帯性・価格の面から総合的な評価が高いモデルです。

おすすめネッククーラー(風で冷やす)

上記では、冷却板や冷却材を利用して冷やすネッククーラーを紹介しましたが、ここからは、風の力を利用して涼しくなるクーラー、つまり、身に扇風機を紹介します。

SPICE OF LIFE:首掛け扇風機

Amazonの評価数2000件越えの首掛け扇風機。カラーバリエーションが豊富です。超リーズナブルです。

tanglingjiancai:ネックエアクーラー

ヘッドセットのような首掛けタイプのネックエアクーラー。USB扇風機でありながら、高品質で触り心地も抜群。首にかけられるので、扇風機を手で持つという負担がありません。室内はもちろん、アウトドアでも大活躍!真夏のフェスやアウトドア、BBQ、スポーツ観戦、散歩、山登り、遠足、お祭り、通勤・通学などあらゆる場面で活躍するアイテムです。
1800 mAhのリチウムイオン電池を内蔵しており、連続使用時間:微風 約6時間 / 弱風 約4時間 / 強風 約2.5時間。パソコン、車載USB充電器、モバイルバッテリーで充電しながら使用もできます。

アテックス:モノルルド ウェアラブル 3ファン

ヘッドセットのような首掛けタイプのネックエアクーラー。通常2つのファンで冷やすものが多いですが、より涼しく過ごせるよう3つファンで、首回りや顔を360°風に包んで冷やす新体験のウェアラブルファンです。もちろん、静音設計。リチウムイオン充電池式でいつでもどこでも、屋内外問わず利用できます。

【風で冷やす】サーキュレーター

ここまで、いろいろな種類のクーラーを紹介してきましたが、部屋全体を涼しくするには、空気循環も欠かせません。

そこで、本記事では、Amazonの人気商品から、人気のサーキュレーターを紹介します。

サーキュレーター

アイリスオーヤマ:サーキュレーター 8畳

Amazonでもっと売れているサーキュレーター。風が渦を巻いて直進する「スパイラル気流」を発生。8畳の部屋まで、部屋の隅々まで風を送ることができます。

Umimile:サーキュレーター扇風機

クリップ式の扇風機も人気ですが、サーキュレーター型の首振り扇風機も人気。デスクワーク時のデスク上使用でも、自動首振りで広範囲に空気気を循環できるので、単純に風が心地いいだけでなく、室内のエアコンの冷気循環もできて、効率的に室内を冷やすことができます。風量は3段階調整です。

最後に

総合的に電気代を節約するエアコン・クーラーを様々紹介しました。
今年は6月から既に猛暑。さらに、電気代高騰で、エアコン一台での家の冷却では電気代が心配です。

低コストで冷やせる商品を併用して、コスパよく乗り切っていきましょう。