BITPoint(ビットポイント)はMetaTrader4(MT4)を使った自動売買ができると評判の取引所。セキュリティ格付けランクもA評価
▼シェア&フォローする▼

プロサッカー選手であり起業家・投資家としても活躍する本田圭佑氏がイメージキャラクターの仮想通貨交換所「BITPoint(ビットポイント)

本田圭佑氏の世界を目指す生き様をBITPointのビジョンに重ね合わせ、「世界一になりたい」という強いメッセージをホームページのトップページで打ち出し、意気込みをアピールしています。

BITPointの他の取引所と異なる最大の特徴は、取引ツールとしてMetaTrader4(MT4)が使用でき、本ツール上で自動売買ができること。MT4は、各種分析・自動売買に強いツールとしてFXトレーダーに絶大的な人気のある取引ツールで、よく知る取引ツールが仮想通貨市場でも使えると高い評判・評価を得ています

現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨市場は厳しい試練が続いていますが、底値にあるからこそ、リスクを押さえながら非常に有利に始められるとも言えます。今回は、BITPointの特徴と共に、底値付近で力を発揮するビットコイン×MT4×トラリピ手法についても紹介します。



BitPoint(ビットポイント)のが選ばれる4つの理由

BitPointのホームページは、以下の4点を「BITPointが選ばれる理由」として打ち出しています。

①安全・安心のセキュリティ
 情報セキュリティ格付け【Ais】ランク
②各種手数料が無料
 取引手数料
 24時間即時入金手数料無料
 送受信手数料無料
 口座管理手数料無料
③充実した取引ツール
 Web取引ツール BITPoint ADVANCE New
 BITPoint Lite
 MetaTrader4
 Web取引ツール
④電話サポート

①のセキュリティに関しては、これまで多くの取引所が問題が起こしている中、安心感がありますね。

②の手数料、④の電話サポートについては他の取引所でも当たり前に整備すべく対応がとられています。ユーザから見ると、大きな差別化ポイントとは言えないかもしれませんね。

BitPoint(ビットポイント)の最大の特徴=差別化ポイントは取引ツール MT4

では、他の仮想通貨取引所にはないBITPointの特徴は?

それは、上記③の取引ツールにおいて、FXトレーダーに強い支持がある取引ツールMetaTrader4が利用できることです。この取引ツールを利用すると、EAという自動売買プログラムを利用することで24時間自動売買が実現できます。

BITPoint 取引ツールの特徴 MetaTrader

なぜ、MetaTraer4(MT4)は多くの人に支持されているのか?

MetaTrader4(MT4)は、数百万のトレーダーが利用する取引ツールで、FXの世界では知らないものがいない程、知れ渡ったツールです。

トレーダーのスキルレベルに関わらず、高度なテクニカル分析、柔軟な取引システム、アルゴリズムトレードや取引エキスパートアドバイザ、またモバイルトレード用アプリケーションなど、最も幅広い機能を持っています。

MetaTraderの強み

現在、国内仮想通貨取引所で、ビットコインのMT4売買ができるのはBITPoint(ビットポイント)だけで、高評価、評判となっています。

仮想通貨で24時間自動売買:ビットコイン×自動売買

MetaTraderには、エキスパートアドバイザー(EA)というアルゴリズムを利用して、24時間ほったらかしで自動売買できる機能が備わっています。

自作でEAを作ったり、優良・無料のEAを入手し、MT4にセットすることで、自分が信じるアルゴリズムで自動売買が可能です。

最近の仮想通貨取引所は、プログラミング知識がある人なら、APIで自動売買することができますが、あくまでプログラミング知識がある人だけができること。しかし、MetaTraderならFX用に多数のEAと言われる自動売買アルゴリズムが出回っているので、それらを無償或いは有償で入手し、有効そうなEAをBITPoinのMT4に設定することで、自動売買が実現できます。

【参考】自動売買用EAを紹介:GogoJangle

FXの自動売買EAを紹介するGogoJangleでは、今、収益を上げているEAを探して購入することができます。※EA以外にも投資に役立つインジケーター、電子書籍なども紹介されています。

シストレ収益率ランキング

Fx-on シストレランキング

相場が底値で威力を発揮する自動売買「トラリピ」は、ロジックがシンプルでわかりやすい

2017年のバブル相場の崩壊で、多くの人が損を被りました。ビットコインは、いまだ、浮上できず、底値を徘徊。アルトコインに至っては底なし沼状態です。

現在、ビットコインは、二番底を形成中で、多くの人がここからの上昇を期待しています。

そんな底値相場で威力を発揮するアルゴリズム売買が、トラリピ(トラップリーピートイフダン)と言われる手法です。

トラリピはコツコツ利益積上げの代表格ともいえる売買アルゴリズムで、特に相場が底値圏、最高値圏にある時に、リスクを減らしながら利益を積み上げられる売買手法です。
例えば、500円幅感覚で、トラップ(罠)と言われる売り/買い指示を設定しておくことで、相場が動くことで、ちゃりんちゃりんと500円ずつ利益確定してくれ、そのトラップが利益確定したら、再び、自動で売買指示をだしてくれます。

私ChamiはXトレーダー時代から、底値付近ではトラリピを愛用し、底値でも、日々のチャリンチャリンお小遣いを楽しみにしながら利益を獲得してきました。底値で価格が底値で上下動しているようなとき、チャートを見てなくても勝手に取引できると評判ですが、その通りで満足しました。

以下のページで、トラリピ手法、および、トラリピ自動売買のバックテスト(シミュレーション)を行っていますので、是非、参考にしてください。

BITPoint(ビットポイント)