トラリピ系EAを無料で入手する2つの方法 と MT4×トラリピ自動売買の始め方・設定方法【初心者】
▼シェア&フォローする▼

FXの自動売買手法として人気のあるマネースクウェア・ジャパンのトラップ・イフダン(トラリピ)

指定した間隔でしかけたトラップ(注文)が、24時間自動で売買を繰り返し、コツコツと利益を積み上げてくれます。含み損を抱えることを前提とした売買手法ですが、ロジックが非常にわかりやすく、この売買戦略が得意とする相場付は明快であり(苦手な相場付の時は売買停止すればよい)、また、最大ドローダウン(含み損)も計算できるので、リスク管理がしやすいと言えます。

この売買手法を、MetaTraderに転用したのが、トラリピ系EAです。

このトラリピ系EAを無料で手に入れる方法、自動売買環境の構築法(自動売買の始め方・設定方法)を紹介します。

社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】

トラリピ系EAで自動売買するために必要な準備

トラリピ系EAにかぎったことではありませんが、MetaTrader4(MT4)で自動売買を行うには以下の3つの準備が必要です。

自動売買実現のための3つの準備

①MT4
 トレードソフトMT4はご利用FX業者からダウンロード可能
②EA
 MT4上で動く自動売買ソフト
③自宅PC&MT4
 PCと24時間稼働するVPSサーバ。VPSサーバ上に①②を設定する
 ※お試し利用中は、自宅PC中に環境構築でもOK

自動売買のために必要なもの3つ

設定は必要ですが、手順をふめば技術的なことはわからなくても実現できます。

次の章では②EAの入手方法③VPSサーバについて紹介します。

関連情報
①MT4について
以下のページにて、MT4が利用できるFX国内業者を紹介しています。

③自動売買を行うパソコンについて
特に自動売買に特化した情報ではありませんが、以下の記事にて押さえたいスペック、おすすめトレードパソコンを紹介しているので、ご参考に。

無料のトラリピEAを入手する方法

無料のトラリピEAを入手する方法を2つ紹介します。
手っ取り早くEAを利用したい方は「2つ目の方法」を推奨します。

①MT本からのダウンロード(勉強が好きな人向き)

上記、豊嶋氏の著書「FXメタトレーダー実践プログラミング」に、トラリピEAのプログラム(EA名: RIDOrder2.mq4) が紹介されており、以下からダウンロードでが可能です。ただし、利用するには「コンパイル」という作業が必要になります。

下記本には、トラリピEAの解説はもちろんのこと、それ以外の自動売買プログラムも多数掲載されており、利用価値の高い本です。コンパイルについても学ぶことができます。
1からプログラムを作れなくとも、元のプログラムをほんの少しでも自分仕様にカスタマイズできるようになると、人まねでない、自分だけのトレードが実現できます。利用するなら、是非、手元に置いて勉強ください!

なお、MT4が初めての方は、上記紹介本の「入門書」も合わせて確認されることをおすすめします。

②口座開設特典としてEAをもらう(楽に高度なEAをGetしたい人向け)

FXトレードにより取引量に応じてキャッシュバック(リベート)が得られるFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)無料登録し、FinalCashBack経由してFX口座を開設することで、トラリピ系EAのFINAL REPEAT(ファイナルリピート)がもらえます

自動売買ツール:Final Repeat

Final Repeat(ファイナルリピート)は、両建て取引が可能なトラリピ系EA。
単純なトラリピ売買にプラスして、底値圏には「買い⇒売り」のトラップ、高値圏には「売り⇒買い」のトラリピ両建て売買もできるように応用されています。中朝的な大きな相場の流れを読みながら、現在が底値圏、高値圏、その途中のレンジ相場なのかを判断し、その相場にあったトラックを仕掛けることで利益を伸ばすことができます。

最初に自動売買用トラップを仕掛けてしまえば、あとは、感情を挟まず完全自動売買で24時間ラクラク運用を実現します。

finalrepeat-rikaku

以下の記事にて、以下の2点について詳細解説しているので、是非、ご確認ください。
・FinalReat  :トラリピ系EAとは何か
・FinalCashBack:FXキャッシュバックサイト利用の利点と利用方法

トラリピ系自動売買EA「FINAL REPEAT」をFinalCashBackの無料登録でもらう

24時間EAを動かす環境を作る

無料でトラリピEAを入手したとしても、そのままでは安定的に24時間自動売買を行うことができません。
24時間安定的に自動売買を行うために、VPSサーバを用意し、その上に、MT4とEAを設定します。
以下ではおすすめのVPSサーバを紹介します。

MT4専用VPS:お名前.com デスクトップクラウド for MT4

眠らないFXマーケットで自動売買を行うためには、24時間安定稼働するPC・サーバ環境は必須。

自宅でPCの電源をつけっぱなしという方法もありますが、電気代がかかり続け、また安全性にも問題があるため、レンタルサーバー上でMetaTraderの自動売買ツールが動く環境を構築するのが一般的でリーズナブルな方法です。

お名前.com デスクトップクラウド for MT4は、MT4を安定稼働させることができる、FX専用のVPS。24時間365日、安定した環境での自動売買が可能です。

新!お名前.comデスクトップクラウド for MT4

通常、サーバで使用されるLinuxなどの知識がなくとも、いつもお使いのWindowsと同じように利用が可能なサーバで、初心者でも簡単に利用できます。各FX会社のMT4がプリインストールされており、開設されている口座に合わせてMT4を選択できます。

サービス内容、利用方法などの詳細は以下にてご確認を。

VPS上にMT4とEAを設定し、自動売買環境を構築する

さて、いよいよ最終段階です。
①MT4、②EA、③VPSが準備できたら、VPS上にMT4とEAを設定します。

設定方法については、以下の記事にて紹介しているので、参考にしてください。
最初は戸惑うかもしれませんが、手順に従えば、難しいことはありません。

以下では、仮想通貨取引所BITPointのMetaTrader口座を例に、MT4の設定~チャート~自動売買EA設定までの方法を解説します。基本的な設定は、FX・仮想通貨・どこの口座であっても、取引ツールがMT4なら基本操作は同じです。

※MT4のダウンロードは自身がご利用の口座からお願いします。

上記設定をVPSサーバ上で行えば、24時間自動売買の環境構築は完了です!

最後に

トラリピEAの入手方法と、自動売買環境の構築の仕方・始め方を紹介しましたがご理解いただけたでしょうか。

最初は難しく感じるかもしれませんが、一つ一つの作業はさほど難しくありません。
最初は、自分のパソコン&デモアカウントで構築をしてみてください。

稼働し始めれば、後は、パソコンに張り付かずとも、EAが勝手に自動売買を実行してくれるので、頑張ってトライしてみてください!