▼シェア&フォローする▼

FXは平日24時間、仮想通貨に至っては24時間365日、眠らない投資市場。
そんな投資家の強い味方となってくれるのが自動売買。この円安でFX投資に興味を持ち始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

FXマーケットでは、売買ツールMetaTrader(MT)と 自動売買プログラムをEA(ExpertAdvisor)を使った自動売買が主流ですが、これを24時間稼働させる環境としてWindowsVPSサーバ(リモートデスクトップ)を用いるのが一般的です。

このFX専用VPSの老舗サービスと言えば、「お名前.com デスクトップクラウド」。国内の主要FX専用VPSの中では最高クラスの「価格」「スペック」「サポート」を提供しています。

本記事では、これからはじめてFXで取引ツールMetaTrader4(MT4)による自動売買環境を整えたい方に、FX専用VPS 「お名前.comデスクトップクラウド」の特徴について紹介します。

本記事でわかること

・なぜ、FXの自動売買にVPS環境が必要か
・「お名前.comデスクトップクラウド」の特徴
・4プランの価格とプランの選び方
・申込&初期設定方法

私が、FX・MT4自動売買にFX用VPSは必要と考えるに至った理由

眠らないFXマーケットで自動売買を行うために「24時間安定稼働するFX用VPSは必須」と言われます。

ですが、私は、最初、「自分のパソコンでMT4を稼働させ続ければいいじゃない」と思っていた一人です。しかし、ほどなくして、運用が困難だと悟りました。

なかなか、PCをつけっぱなしも電気代がかかりますし、何より外出先から操作ができません。外出先から自宅に接続できるようにすることは技術的に可能ですが、自分の技術を持って、自らセキュリティに甘い環境を作るのは得策とは思えません。また、自宅PCではパソコンの堅牢性に問題があり、負荷のかけ過ぎでパソコンが固まることもあります。

そんな経験をして「FX用VPSを使った方がリーズナブルだ」との結論に至りました。

FX用VPSとは何か

FX・MT4自動売買にFX用VPSは必要

ここで改めて、FX用VPS デスクトップクラウド とは何か、確認してきましょう。

VPS(Virtual Private Server)とは「仮想専用サーバー」、Windowsデスクトップクラウドとは「いつでも、どこからでも使えるクラウド上のWindowsデスクトップ」のことです。

つまり、誤解を恐れず初心者向けに説明すれば、FX用VPS(デスクトップクラウド)があれば、いつでも、どこでもFXができるあなた専用のFX用Windowsパソコン環境が手に入るということです。

このようなFX用VPSを選ぶ場合、何に気をつければいいでしょうか?ポイントは4つあります。

FX用VPSに求められること

  1. 安定性
    停止しないこと(売買が不可能となり、機会損失に繋がる)
  2. 速度
    MT4 / EA の稼働・操作が快適に行えること(処理が重くなると不安定になる)
  3. 導入と運用が簡単
    サーバーの知識がなくても利用できること(学習コストと運用コストを削減)
  4. 費用対効果がよいこと
    サービスがよくても、費用が掛かりすぎては利用できません。サービスと費用のバランスは重要です

サービスを選ぶ上で、1,2,4は当たり前、初心者🔰にとっては特に「3」が重要です。簡単に使えないと、結局、挫折することになるからです。

「お名前.com デスクトップクラウド」とは

お名前.com(お名前ドットコム)デスクトップクラウド for MT4

前節で紹介したFX専用VPS選びを考慮して、数あるFX専用VPSサービスから、私が最もおすすめするのが「お名前.com デスクトップクラウド」です。

お名前.com デスクトップクラウドは、MT4を安定稼働させることができる、FX専用のVPS。24時間365日、安定した環境での自動売買が可能です。

通常、サーバで使用されるLinuxなどの知識がなくとも、馴染みのWindows画面上での操作で、初心者でも簡単に利用できます。コスパも他社と比較してよいです。

「お名前.com デスクトップ」のサービス特長

「お名前.comデスクトップクラウド」は全プランにディスクへのアクセスが速いSSDを採用しているので、MT4稼働の速度が速いのが特徴です。

お名前.com デスクトップ:サービス特長

  1. 進化したスピード
    スペック見直し、さらにスピードアップ
  2. 24時間365日安定稼働
    延べ13万件以上の仮想デスクトップ運用実績
    24時間365日の有人監視で災害時にも止まることなく稼働し続けます
  3. 最新スペック
    高速なSSDを搭載し、Windows 10 と操作性の近い Windows Server 2019 OS を採用
    メモリ容量の少ないプランでもストレスなく、MT4 のメンテナンスが可能です
  4. 簡単セットアップ
    VPS への簡易アクセスツール、各社の MT4 が選べるインストーラーを標準提供
    初心者の方でも迷うことなく VPS 上で MT4 のセットアップが可能です

お名前.com(お名前ドットコム) デスクトップクラウドの特徴

他社サービスとの比較

FX専用VPSサービスとして、必ず競合にあがるのが、「ABLENET」と「使えるねっと」です。
①価格とスペック、②パフォーマンスを比較しても、一歩優位なサービスとなっています。

①価格とスペック

プランはメモリ容量に応じた4タイプます。。
1.5GB/2.0GBプランは、「初回請求」がキャンペーン特価価格となっています。2回目請求以降は通常価格での提供となるため、契約期間の長いプランを選んだほうがお得になっています(契約期間は1か月/6カ月/12カ月/24カ月/36カ月 の5プラン)。
4.0GB/8.0GBプランは、契約時の価格が永久に続く「永久適用」です。

FX専用VPS:キャンペーン価格

以下は、VPS提供会社3社の最低料金プランメモリ1.5GBプラン(非キャンペーン価格)における「価格」と「スペック」の比較表ですが、お名前.comがコスパがよいですね。

FX専用VPS:競合比較(価格)お名前.comデスクトップクラウドが優位

②パフォーマンス

FX取引は、1分1秒を争う世界ですので、通信速度が高速であることが極めて大切です。
お名前.com デスクトップクラウドの場合、全プランにディスクアクセス速度が高い「SSD」が搭載されています。そのため、ディスクへの読み込み、書き込み速度が速く、結果的にMT4の速度も速くなります。

FX専用VPS:MT4の速度比較 お名前.comデスクトップクラウドが優位

※お名前.comが各社の最低料金プランにて比較調査
※ディスクアクセス速度は、2020年2月にCRISTAL DISK MARK7を使用して計
※各社最低スペックと比較

現在開催中のキャンペーンとプラン選び方

現在開催中のキャンペーンとプラン選び方

お名前.com デスクトップクラウドには、メモリサイズが異なるプランが4つありますが、どのプランを選択しても安くなるキャンペーンが開催されています。

では、どのプランを選んだらよいでしょうか?

プラン選びは「MT4の同時稼働数」をもとに選ぶ

お名前.comのFX VPSでは、「2.5GBプラン」がおすすめ推奨されています。ただ、あなたの利用スタイルに合っていなければ意味がありません。

プランを選ぶ場合は、「MT4の同時稼働数」をもとに決めるといいです。

FXの自動売買をする方は、それなりにFX経験があり、リスク分散や投資戦略分散などのために、口座を分けて運用している方も多いですが、この場合、複数のMT4を同時稼働させることになります。

当然、MT4の同時稼働数が多い場合、サーバに負荷がかかり、売買速度に影響がでます。FXの場合、値が動くときは一気に動くことも多いので、タイミングを失わずに売買するため、或いは、今後、利用FX口座を増やす予定があるなら、少しスペックに余裕を持ったプランを選んだ方が安心です。

8GBプランなら、 EA 開発者やプロトレーダーはもちろん、FXシステムトレード以外のリモートワーク等のビジネス用途でも十分でしょう。ディスク容量も200GBあるので、バックテスト時のディスク容量不足の心配もありません。

期間まとめ払いで月額料金がお安く

基本となる1ヶ月払いがありますが、6ヶ月払い、12ヶ月払い、24ヶ月払い、36ヶ月払いにすることで、月額料金が安くなります。
最新の価格は以下からご確認を。

お名前.com デスクトップクラウド の申込方法

入金確認後、最短で15分、通常1~2時間程度で設定が完了します。クレジットカード払いなら、時間を待たずにサービスが利用できるようになります。
申込の流れは以下の通りです。

  1. こちらのページあるプランから「このプランを申し込む」ボタンを押します。
  2. 価格選択画面になるので、プランを選択します。
    ※下図の価格は旧価格です。現在の方が全プラン、価格が安くなっており利用しやすくなっています。

    お名前.comデスクトップクラウド for MT4 プラン選択

  3. お名前IDをお持ちでない方は、会員登録を行うと申込できます。
     支払方法は、クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い、請求書支払い、口座振替の5つから選択できます。
  4. 申し込みが完了すると、確認メールが届きます。
  5. 申し込み時に選択した支払方法で支払いを済ませてください。入金が確認され次第、支払い完了メールが届きます。
    クレジットカード払いの場合は、しばらくすると、入金完了メールが届き、その後、1~2時間程度でサーバが設定され、サービス設定完了が届き、利用ができるようになります。

お名前.com デスクトップクラウドの設定方法・使い方

お名前.comのvpsの利用設定は非常に簡単です。初めて利用した時は設定のカンタンさには驚きました。一度、初期設定が完了してしまえば、後は、毎回、アイコンをクリックして、FX用VPSサーバにリモート接続するだけです。

設定は3つあります。順に説明します。

お名前.comデスクトップクラウド、設定の流れ

①コントロールパネルによる初期設定
②リモートデスクトップ接続
③MT4 インストール

①コントロールパネルによる初期設定

リモートデスクトップ接続を行うためにはコントロールパネルにて「初期設定」を行い、アカウントおよびパスワードの設定が必要となります。

  1. コントロールパネルにログインすると、申込したプランが一覧表示されます。
    [初期設定へ進む]ボタンを押すと設定画面が表示されます。

    お名前.com(お名前ドットコム)クラウドデスクトップ:初期設定

  2. 「ユーザー名/パスワードの初期設定」画面にて、「ユーザー名」「パスワード」を設定してください。
    ここの「ユーザー名」「パスワード」はリモートデスクトップ接続を行う際に必要となります。

    お名前.com(お名前ドットコム)クラウドデスクトップ:初期設定

  3. 以上で初期設定は完了です!

②リモートデスクトップ接続

次に、リモートデスクトップ接続の設定を行います。あらかじめ接続先やユーザー名などが保存されたRDPファイルを用意しておくことで、毎回のリモート接続が簡単になります。

  1. コントロールパネルの左メニューから「リモートデスクトップ」を選択します。

    「RDPファイルのダウンロード」ボタンをクリックしRDPファイルをパソコンに保存します。

  2. ダウンロードしたRDPファイルのアイコンをダブルクリックします。

  3. 以下のようなリモートデスクトップ接続のウィンドウが表示されますので[接続]をクリックします。
  4. Windowsセキュリティのウィンドウが表示されますので①で設定したパスワードを入力し、[OK]をクリックしてください。
  5. 以上で初期設定は完了です!
    今後は、「RDPファイルのアイコンをダブルクリック」で簡単にリモート接続ができます。

③MT4のインストール

最後にMT4のインストールを行います。本作業は、②でリモートデスクトップにアクセスした状態で行います。

  1. デスクトップ上にあるMetaTrader4 のインストーラーを起動します。
    インストーラーにご利用の FX 証券会社がない場合は FX 証券会社のサイトからダウンロード後、インストールしてください。

  2. 証券会社をご選択いただき[次へ進む]をクリックします。

  3. インストール内容の確認画面、MT4インストールに伴う同意書の確認画面が表示されるので、案内に従ってインストールを行ってください。

  4. 以上で初期設定は完了です!

最後に

以上、お名前.com デスクトップクラウドの特徴、申込方法、設定方法、使い方について紹介をさせて頂きました。
実際に申し込みをして設定してみると、びっくりするほど簡単に利用することが分かります。

私にはIT知識がなくて無理…などと思わず、是非、ご自身でFX・MT4の字度売買環境を構築してください。

他のFX専用VPSサービスと比較検討したい場合は以下の記事をご参考に

また、以下に、その他自動売買環境構築に役立つリンクを紹介しておくのでご参考に。

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナ
ライフ:気軽なバツイチ、おひとりさま女

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼

マルチモニターPCで効率的に仕事・投資をしよう!

“【FX自動売買専用VPS】お名前.comデスクトップクラウド は初心者でも簡単。複数MT4設定時のプラン選定・使い方・評判 をまとめて解説” への2件のフィードバック

  1. こんにちは、ブログを拝見させていただきました。
    ありがとうございます。

    お名前.COM申し込みについてお聞きしたいのですが、
    プランを選んでいくと、RDS SALの申し込み770円の選択肢が出てきます。
    いまいちよく分かりません。

    個人でMT4を動かし、EAを組むときは、RDS SALも申し込まなくては不都合はありますか?

    よろしくお願いいたします。

    1. ピン太郎様

      ご質問をありがとうございます。

      2021.08.24 より「リモートデスクトップ(RDS) SAL」がオプション化されました。

      結論から申し上げると、MT4(MetaTrader4)でFX自動売買を行うためには、「リモートデスクトップサービス(RDS) SAL 」が必要となります。

      以下に案内があるので、ご確認ください。
      https://www.onamae-desktop.com/guide/usage/option/981/

      どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す