コールマンのウォーカー33は 通勤通学・ジム・旅行まで使えるコスパ最強のロングセラー品。軽くて収納力抜群なおすすめリュック
▼シェア&フォローする▼

コールマンの「ウォーカー33」は、毎日の通勤通学、さらにはジム通いや旅行まで幅広く使えるリュックをお探しの方にお勧めしたいリュック。

軽くて、背負いやすくて、使い勝手がいい!デザインもユニセックスで、年齢・性別を問わず、あらゆる人のタウンユース、アウトドアユースにもマッチします。

また、アウトドアブランドとしての知名度のあるコールマンのロングセラー品でありながら、他社ブランドの同等品と比較してリーズナブルでコスパも最強

実際に普段使い・旅行で使用してみて、長く販売され続けているのも納得できる商品と感じました。

今回は、自信をもっておすすめできるリュック 「コールマン ウォーカー33」徹底レビューします。

1月末まで:まもなく終了
コスパランキング: 🍚お米 🥩牛肉・豚肉 🍗鶏肉 🍺ビール

コールマン「ウォーカー33」:特徴とメリット

created by Rinker
Coleman(コールマン)
¥5,471 (2023/01/28 16:24:08時点 Amazon調べ-詳細)

コールマン「ウォーカー33」(Coleman WALKER33)は、通勤通学から旅行まで幅広く使えるシンプルデザインのリュック。リュックとしての基本性能も備えながら、価格もリーズナブルなお手頃リュックです。

タウンユース、アウトドア、通学、ビジネスシーンなどあらゆるシーンで使ってもマッチするデザインで、年齢・性別問わずに使えるシンプルさも魅力です。

たっぷり収納、荷物分別ポケットもついているので、仕事の書類・PCの持ち運びはもちろん、会社帰りにジムに行きたいという人にもおすすめです。

コールマン「ウォーカー33」(Coleman WALKER33):基本スペック

コールマン「ウォーカー33」(Coleman WALKER33)の基本スペックは以下の通りです。

容量33L
重量680g
サイズタテ51cm x ヨコ 33cm x マチ 22cm
素材ナイロン・ポリエステル
カラーブラック、ブラックヘザー、ヘリンボーン、ネイビー、フォレストグリーン 他 カラーバリエーション
内部仕切り
ポケット数
収納部はメインとサイドの2つ。その他、ポケットが合計6つ
 フロント :2つのタブレットサイズポケット
 サイド  :両サイドにドリンクポケット
 メイン収納:メインの収納部。中に1つのポケット
 サイド収納:フロント面が大きく開く。中に2つのポケット
その他・ショルダーベルトにクッション
・肩ズレ防止ベルト、ウェストベルトあり
・背面は蒸れづらいメッシュ

コールマンのウォーカー33:使用した感想

ナイロンとポリエステルが使用されているため、容量33Lでありながら、リュック自体の総重量が680gと軽量!

実際にリュックに荷物を入れてみると、かなり荷物が入ります(後述で写真で収納力紹介)。タウンユースとしては容量25Lのウォーカー25が定番ですが、33Lを背負って歩いても、女子でも特に違和感を感じる圧迫感はありません。

軽いと背負い心地が気になりますが、ショルダーベルトのクッション性がいい肩紐ズレ落ち防止ベルトもついているので、なで肩女子が背負っても、肩ズレに悩む心配がありません。

使いやすいポケットがリュックの外側、内側に複数備え付けられています。

さすが、長年、リニューアルを続けながらも販売され続けている商品の安心感を感じます。扱いづらい機能は一切付けずに、必要な機能のみシンプルに施すことで、実用性・扱いやすさを徹底しています。

ちなみに、最新版は2022年にリニューアルされ、さらに現代人に使いやすいリュックとなっています。

コールマン ウォーカー33:写真付きで紹介

ここからは、コールマン ウォーカー33の良さを、以下の順で写真付きで紹介していきます。
・外観
・ポケット
・収納部+収納力

コールマン ウォーカー33を写真で紹介:外観

コールマン ウォーカー33 レビュー

【前面】
コールマン ウォーカー33 の表面の生地は、少し光沢のあるポリエステル生地。完全防水素材ではありません。ただし、撥水加工が施されているので、少しの雨は大丈夫そうです。撥水加工で汚れにも強くなっていると思われます。

コールマン ウォーカー33 レビュー

【背面】
背面とショルダーベルトにはメッシュ素材✕クッションパッドが使用されています。背面は柔らかなクッションが入っているので、背負い心地は悪くありません。また、ショルダーベルトにもクッション性があり、肩の負担が軽減できます。

ショルダーベルトには「肩ズレ防止ベルト」と「ウエストベルト」がついているので、肩のずり落ち、走ったりするときのリュックの揺れが軽減できます。ショルダーベルトには、キーホルダーなどが付けられる「Dリング」もついています。

コールマン ウォーカー33 レビュー

【底面】
私はウエストベルトは使わないので、取り外したかったのですが、残念ながら取り外しはできない仕様です。
その代わり、上図のように底面部にウエストベルトの通し穴が設けられており、ブラブラと垂れ下がったままにすることなく留めておくことができます。細部まで考えられて作られているなぁと感心しました。

コールマン ウォーカー33 レビュー

【側面】
側面には、荷物の量に合わせて調整できる、ベルトが上下2カ所についています。荷物が多い時は広げて、少ない時はベルトを狭めてリュックを小さくコンパクトに見せることが可能です。

コールマン ウォーカー33を写真で紹介:ポケット

コールマン ウォーカー33 レビュー

ポケットは複数ついています。上図は最も前面にあるポケット。タブレットが入るサイズで、雨が入らないように、ジッパー部が覆われています。

コールマン ウォーカー33 レビュー

フロントには、横からモノが入れられるポケットもついています。こちらもタブレットサイズ。手帳、ハンカチなど、すぐに取り出したいものを入れるのに便利なポケットです。

コールマン ウォーカー33 レビュー

リュックの両サイドには、入り口がゴム仕様のメッシュポケットがついています。500mlのペットボトルが余裕で入る大きさです。折り畳み傘などの収納にも便利です。

コールマン ウォーカー33を写真で紹介:収納部

コールマン ウォーカー33 レビュー

収納部は、大きく、メイン収納サブ収納に分かれています。サブ収納は、フロント前面が広くファスナーで開くようになっています。上写真は、収納部の2つのジッパーをオープンにした状態です。ジッパーが大きく開くので、荷物の出し入れがしやすいです。

コールマン ウォーカー33 レビュー

上図はメインの収納部です。収納が広いのでたっぷりモノが入ります。

背面側にはノートPCがすっぽり入るサイズのポケットがついています。私のメインの ノートPC「DAIV 4P」は14インチですがこのサイズなら余裕で収納。書類も一緒に入れられます。サイズ的には、15.6インチノートも十分収納できます。

ただし、ビジネスリュックと異なるのでポケットにクッション性はありません。PCを入れる場合はPC用クッションケースが必要です。

なお、サブ収納部も、14インチノートPCが収まる広さがあります。ある程度のマチもあるので、書類入れとしても十分活躍します。サブ収納部は、外からのアクセスがよく、モノが取り出しやすいので、すぐに取り出したい手帳・ノート入れ・デジタルガジェット入れにいいと思います。

コールマン ウォーカー33の収納力

コールマン ウォーカー33 レビュー

収納力の参考になればと思い、私が普段、ジムに行く際に持っていくグッズ一式を収納してみました。

ジムグッズ一式を収納してみる

収納するジムグッズは以下の通り。

・スポーツウェア上下
・スポーツシューズ
・靴下、スポーツブラ、着替えのパンツ
・500ml ペットボトル
・フェイスタオル、汗拭きタオルハンカチ
・洗面具一式

コールマン ウォーカー33 レビュー

上図は、上記ジムグッズを収納してみた図です。なんと、メイン収納部の容積の1/3程で収まりました。黒いメッシュ袋にウェア・タオル・下着類、その下にシューズがしっかり収まっています。

会社帰りにジムに行きたい人は、ノートPC・書類に合わせて、ジムグッズを難なく持ち運べます。

旅行4日程度なら全く問題なしの収納力

年末年始に3泊4日で旅行に出かけましたが、ノートPC一式+3日分の着替え+洗面具を入れても、まだ十分余裕がありました(荷物が増える帰りも大丈夫でした。ただし、お土産は除く)。

私は「旅行時 荷物少な目女子」なので、荷物が増える冬の旅行でも、1週間ぐらいはコールマン ウォーカー33 1つ背負って旅行に出かけられそうです。

コールマン ウォーカー33、リュックの背負い姿

上図は、165cmの身長大き目女性の コールマン ウォーカー33背負い姿です(Amazonに掲載)。

男性なら、背負い姿も全くリュックが大きすぎる感じはありません。

平均的な身長155~160cmの女子でも、背負って大きすぎる感じはないと思います。肩ズレ防止ベルトがあるので、肩幅がなくてずり落ちるなどの心配はありません。また、カラーバリエーションがあるので、ライトな色を選ぶことで、軽やかに背負うことも可能なのではないでしょうか。

コールマン、ウォーカーシリーズ

コールマンの「ウォーカー」は、サイズデザインが異なるシリーズが揃っています。


ウォーカー15

ウォーカー25

ウォーカー33

ウォーカースクエア
15L
28×41×17cm
25L
31×45×20㎝
33L
34×51×22cm
30L
30×50×20㎝

最もタウンユース、通勤・通学などに人気のモデルはウォーカー25です。シンプルなデザインなので、ビジネススーツに背負っても違和感は感じないはずです。

コールマン ウォーカー33:総合評価は◎

ここまで、コールマン ウォーカー33の良い点をメインに紹介してきました。

最後に、ここは残念という点と、総合評価をまとめてお伝えします。

コールマン ウォーカー33:ここは残念ポイント

・モノを収納しないとリュックが自立しない
・やや表面素材がゴワゴワ
・ウエストベルトが取り外せない
・フロントポケットが深いため、ややモノが取り出しにくい

上記のようなデメリットもありますが、デザイン・機能、価格を考えると、総合的に◎な商品です。十分、お買い得なリュックといえるのではないでしょうか。

コールマン ウォーカー33:総合評価◎

・1万円を裕に切るリュック(割引で5000円台で買えることも)
・軽くてたっぷり収納
・タウンユースもアウトドア、旅行でも使える
・年齢・性別を問わずに使えるデザイン

本記事がリュック探しの参考になれば、幸いです。

created by Rinker
Coleman(コールマン)
¥5,471 (2023/01/28 16:24:08時点 Amazon調べ-詳細)