【書評/要約】方丈記(鴨長明 著)(★5)~世は無常
▼シェア&フォローする▼

「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。」で始まる鴨長明の「方丈記」

created by Rinker
¥836 (2021/10/18 23:44:46時点 Amazon調べ-詳細)

人も住処も川の流れと同じくもろくはかない。

まさに、あまりな銘文で、その意味をかみしめて思うと、ホロリと来る一文であり、この続きを読むとさらに心にささります。改めて、古典のすばらしさを感じる作品であり、特に東日本大震災以降、多くの人に読まれた意味が分かります。

感動して、出会ってよかったと思える一冊となったので、内容をまとめておきたいと思います。

※本文最後に、Kinde本の読み放題サービス「Kindle Unlimited」対象で安く読める「方丈記」も紹介しています。

【10/18まで】Amazonタイムセール エントリーでポイントUP🥳