▼シェア&フォローする▼

日本が祝日でもグローバル的には眠らないマーケット。
あなたは、祝日・連休に世界のマーケットで売買する手段、或いは、株価が急激に下落したとき、日本株下落のリスクをヘッジ(カバー)する手段をお持ちですか?

日本は祝日が年間16日間。しかし、日本より重要度の高い株式市場がある米国は9日間で少なく、日本は休場で取引はできなくとも、世界の市場は動き、そこで、日本の株式指数も動いています。

運やチャンスをつかむ人の差は、「実力」以上に「準備(備え)があるか」です。単純ですが、日本の祝日に取引ができる取引環境を持っているかは、時に決定的な差となります。

今回は、2022年の日米の金融市場休場日、および、私の祝日の備え(ヘッジ方法)について紹介します。

日米の金融市場休場日 2022年

2021年~2022年 年末年始の金融市場の取引時間

米国より日本の株式市場の休場日が多く、米国・世界株式・FXなどに急変があれば、休み明けの大きく影響を受けることになります。

日米の金融市場休場日カレンダー

日付日本市場休場日
(16日間)
米国市場休場日
(9日間)
1月1/3(月)休業日
1/10(月)成人の日
1/17(月)Martin Luter King, Jr. Day
2月2/11(金)建国記念日
2/21(月)Washington’s Birthday
2/23(水)天皇誕生日
3月3/21(月)春分の日
4月3/21(月)春分の日
4/15(金)Good Friday
4/29(月)昭和の日
5月5/3(火)憲法記念日
5/4(水)みどりの日
5/5(木)こどもの日
5/30(月)Memorial Day
6月6/20(月)Juneteenth National Independence Day
7月7/4(月)Independence Day
7/18(月)海の日
8月8/11(木)山の日
9月9/5(月)Labor Day
9/19(月)敬老の日
9/23(金)秋分の日
10月10/10(月)スポーツの日
11月11/3(木)秋分の日
11/23(水)勤労感謝の日
11/24(木)Thanksgiving Day
12月12/26(月)Chismas Day

2022年のゴールデンウィークは最大10連休

2022年のゴールデンウィークは最大10連休

2022年は金融市場の環境が悪いので、年を通じて注意が必要ですが、中でも、日本の証券市場が祝日でお休みになる日が多い「ゴールデンウィーク」は注意が必要です。

今年2022年のゴールデンウィークは平日2日間を休みにすると最大10連休で、たとえ国内証券市場が開いていても、取引量が減ることになりますが、世界の金融市場では、日経平均も世界の株価に同調して変動しています。また、この期間は、相場格言「セルインメイ」やヘッジファンドの「45日ルール」など、相場の下落に注意が必要な時期でもあります。

FXは祝日は関係なく土日以外は取引可能、仮想通貨は24時間365日取引可能ですが、投資の基本は「株式」であり、投資額も他に比べて大きい人が大半なので、何らかの備えをしておくのが得策でしょう(記事後半に記載)。

2022年、米国市場はより神経質な展開に

2022年、米国市場はより神経質な展開に

今年2022年は、米国FRBが金融正常化対策、ロシアによるウクライナ侵略などが重なり、金融市場が大変神経質になっています。

4月14日現在、米国株式の暴落の予兆(短期)が点灯をしています。大きな軸で暴落の兆候となりやすい米10年物-2年物国債の利回り差の逆イールドアラートは一時的に点とするも、現時点では解消しています。

その他、米国の金融正常化、金利の上昇、ウクライナ情勢など、注意しておくべきことが多数あります。

最も重要な株式取引の備えをどうするか

最も重要な株式取引の備えをどうするか

株式相場ではなく、FXなら国内のFX業者口座でも土日を除いて取引はできますし、仮想通貨は24時間365日相場は動いており、日本が祝日でもヘッジは可能です。
しかし、多くの投資家にとって、最もリスクヘッジが必要なのは、投資の基本である「株式取引」ではないでしょうか。

私も、基本は株式の長期投資家(インデックス積立投資派)で、株価下落局面に極めて弱いので、リスクヘッジに利用しているのが、日本の祝日も海外株式市場がオープンなら取引が可能な「CFD口座です。

私はリスクヘッジにCFD口座を活用

CFDは、FXと同じ差金決済で、国の株式指数、金、原油などの主要なコモディティをレバレッジをかけて売買できます。

買いだけでなく、売りもできるので、投資チャンスも広いです。また、株価暴落時のリスクヘッジとしてだけでなく、暴落直後など、株価上昇に自信が持てるときは、少ない資金で積極投資する手段としてもCFD口座を活用しています。

私は、日本株式指数、米国株式指数、および、一部の米国個別株をメインの取引としていますが、株式相場の暴落狙いで恐怖指数VIX指数売買、金・銀などの売買など、1口座で投資チャンスが大きく広がります。

CFDのメリット、CFDを使った取引などについては、以下の記事で詳細解説しているのでご確認を。

GMOクリック証券CFDのレバレッジ

初心者にもおススメなCFD取引口座

CFDは複数の証券会社で取り扱いが、初心者にもやさしい取引口座は、GMOクリック証券【CFD】DMM CFDぐらいしかありません。(玄人向け

以下は、重要ポイントを簡易比較した結果です。
1口座で十分ですが、トレード方針や資金管理方法を変えて管理したい場合は、2口座利用もよいと思います。

証券会社クリック証券DMM
PR【DMM CFD】入金
取扱銘柄数130銘柄以上
日経225、ダウ30、S&P500、ナスダック、原油、金、銀はもちろんのこと、ETF、米中個別銘柄もそろう
7銘柄
日経225、ダウ30、S&P500、ナスダック、原油、金、銀
重要主力銘柄は十分そろう
取引時間※8:30~翌7:008:30~15:30, 16:30~翌4:50
スプレッド2~5円原則固定7円
レバレッジ株価指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
外国株CFD・バラエティCFD:5倍
株式指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
取引ツールPC:
はっちゅう君CFD、プラチナチャート他
スマホ:
Androidアプリ/iPhoneアプリ
PC:
スタンダード/ベーシック/プレミアチャート
スマホ:
なし
申込口座開設 口座開設

※銘柄ごとに取引時間がことなるため、日経225で比較。冬時間の場合。

私はGMOクリック証券を利用

私は、両口座を持っていますが、メインで取引の用いているのはGMOクリック証券CFDです。
CFD取扱量・シェアもGMOクリック証券CFDがNo.1で、取引ツールも使いやすいです。

ちなみに私はGMOクリック証券の口座を主に短期売買(数週間~数カ月)の取引口座として用いています。
取引口座間振替により、証券取引口座(株式、投信、債券)から、FX、CFDなどの資金移動が簡単にできるので、現金ポジションを、その時々で、よりチャンスが多いであろう市場に簡単に振り返ることができるので、大変重宝しています。

GMOグループの金融サービス
証券
FX
CFD
仮想通貨

さらに、GMOあおぞら銀行証券口座との連携で円普通預金の金利が110倍に!

※注意
仮想通貨口座(GMOコイン)への資金移動はGMOクリック証券総合口座からから取引口座振替で移行はできません。ただし、海外口座などの資金移動コストが0なので、合わせて持っていると便利です。

最後に

今回は、2022年の日米の金融市場休場日、および、私の祝日の備え(ヘッジ方法)について紹介しました。

私の個人的意見ですが、2022年は、2021年と比べて、株式投資の難易度は格段に上がると考えおり、そのためにも、株価下落に備えるリスクヘッジ方法は準備しておくべきと思います。

生命・医療保険、災害対策同様、資産についてもリスク軽減策は必要です。少なくとも金融口座の場合、保険や災害対策と異なり、、準備(口座開設)にはコストはかかりませんから。