【書評】不倫(中野 信子 著)

「不倫」という言葉を聞いて、あなたはどうお感じになりますか?

不潔と感じる人もいれば、自身が当事者でドキッとする方もいることでしょう。

不倫は、バレれば、社会的信用、家庭崩壊を招く可能性もある危険な行為。社会的・経済的・精神的損失を考えると失うものが甚大だととわかっているはずなのに、ハマってしまう方はたくさんいます。

では、なぜ、危険と知りながら不倫は減らないのか?

危険とわかっているのに手を染めてしまう理由。それを解き明かした一冊が、著書「サイコパス」で有名な脳科学者 中野 信子さんの著書「不倫」。

中野さん曰く、不倫の謎を解くのは「脳科学」と「遺伝子」です。

不倫がなくならない理由は遺伝子にあり

著者の中野さんは、今後の人類社会において、不倫がなくなることはおそらくないと述べます。

近年の脳科学の劇的な進歩によってわかってきたことは、「人類の脳の仕組みは一夫一婦制に向いているわけではない」こと。

人類の祖先を含む哺乳類の多くは一夫多妻や乱婚です。今でも私たち人類の約5割は、「不倫型」の遺伝子を持っているのです。 “貞淑型” から “不倫型” かの違いはたった1つの塩基配列の違いですが、これは性的な振る舞いを大きく変えてしまいます。

それに対し、一夫一婦制が人類社内に根づき、「不倫=悪」という倫理観が出来たのは、長い進化の歴史から見るとごく最近のことです。

つまり、二人に一人は遺伝子的に不倫体質であるが故に不倫はなくならず、一方で、社会倫理は不倫を許さないため、見つかったときの社会的制裁も大きいのです。

不倫に対するバッシングはなぜ凄まじいのか

連日のようにテレビでは有名人の不倫が発覚に対する凄まじいバッシングが報じされています。

なぜ、私たちはこれほど不倫に対して激しく批判するのでしょうか?

理由は、フリーライダー(ズルをしておいしい思いをしている人)への「社会的な制裁」だからです。また、人間は、脳科学的にバッシングに快楽を感じる生き物であることも関わっています。

共同体ではズルする人を放置することはできません。共同体をうまく機能させるためにも、ズルい人を早期に見つけて、叩きのめすことが「正義」であると信じて、バッシングを行うのです。

不倫 (文春新書)

日本人のバッシングは激しい

分析によると、日本人は不倫に対してのバッシングが激しい傾向があります。

人には「妬み」という感情が、ズルしている人をあぶりだす装置として機能します。妬みの感情は脳内物質「オキシトシン」によって高まります。

このオキシトシンですが、幸せホルモンとして知られる物質です。日本人は、世界においてもオキシトシンへの感受性が高いため、結果、ズルしている人のあぶり出し機構が働きやすいと言えます。

参考になる本
オキシトシンに関しては、以下の【書評】がためになります。幸せになるための方法が学べます。

感想

不倫というとエロな側面を想像してしまう方も多いと思いますが、残念ながら本書はエロな部分から不倫に迫ったものではありません。

しかし、その根底にある人間の一見不合理な行動が、脳科学から科学的エビデンスと共に謎解されている点は面白い。自分(人間)を知るための一冊としても楽しめるのではないでしょうか。

不倫 (文春新書)