「現金払いは損」が世の中的に定着しつつある昨今。
税金だって、ポイントが付く、クレジットカードで支払いと考えるのは当然のこと。

現在、自動車税、住民税、固定資産税など税金はクレジットカードで支払うことも可能ですが、商品購入時のように、ネットで、簡単クレカ払いとはいかないの現状です。また、気を付けていないと思わぬ落とし穴もあります。

せっかくの高額な支払いですから、しっかりポイントをためるために注意すべきことをまとめてみました。

クレジットカードで税金を払う場合の注意点

税務署の窓口、銀行、コンビニなどの窓口などでは、クレジットカードで税金を支払うことはできません。通常、以下のようなサイトを利用します。

国税クレジットカードお支払サイト
都税クレジットカードお支払サイト
ヤフー公金払い

これらを利用して、クレジットカードでポイントを獲得するには、事前に知っておくべき注意があります。

手数料:国税の場合、1万円ごとに76円の手数料

納付税額に応じた決済手数料がかかります。最初の1万円までは76円(消費税別)、以後1万円を超えるごとに76円(消費税別)が必要です。都税の場合も、同じルールで1万円当たり73円の手数料が必要になります。還元率の低いクレジットカードの場合、手数料負けする可能性もあるので、注意が必要です。

支払期日:余裕を持った支払いを

自治体によって、クレジットカード払いに対応している税金が異なるため、支払い可能か事前確認が必要です。また、クレジットカードで支払う場合、納税確認まで日数がかかることがあります。納付済の納税証明書の発行が可能となるまで、3週間程度かかる場合もあります。

領収書・納税証明書:不発行されない

クレジットカードで払いの場合、領収書、納税証明書は発行されません。領収証書が必要な方は、最寄りの金融機関又は所轄の税務署の窓口で納付する必要があります。決済画面をプリントアウトしておけば、領収書替わりになる場合もありますが、念のため、提出先に確認をしたほうが無難です。

利用額:カード利用限度額までしか支払えない

当たり前ですが、クレジットカード利用限度額までしか支払いはできません。大きな買い物が重なると、さらに利用可能な引き落とし額が減ってしまうので、日ごろから計画的な出費が必要です。

利用可能なカード:すべてではない

自治体によって対応している国際ブランドカードは異なります。上述した3サイトの場合、対応国際ブランドは以下の通りです。
国税、東京都税:Visa、Mastercard、JCB、Amex、Diners Club、TS CUBIC CARD
Yahoo!公金払い:VISA、Mastercard、JCB、Amex、Diners Club

是非とも利用すべき高還元率カード 3枚

上述した通り、還元率の悪いクレジットカードで支払うと、手数料負けする可能性もある税金のクレカ払い。税金に限らず、現金払いは極力減らし、お得な支払い方法として、高還元率のクレジットカードを利用するすべきです。(ただし、あくまで計画的に、一括払いで済む範囲内での利用が前提)

そこで、年間利用料不要で、ポイントの利用もしやすいカードは3枚をご紹介します。
国際ブランドを分散化させ、3枚とも作っておくと、以下のような高額出費のタイミングで重宝します。

・生活スタイルが変わるとき(引越し、入学・卒業、入社・退社 など)
・海外旅行/出張
・入院、治療
・高額商品の買い物

ちりと積もれば、もらえるポイントは結構な額になります。
なお、紹介する3枚のカードとも、国際ブランドとしてVISA、MasterCard、JCB が選択可能。また、海外・国内旅行傷害保険、ショッピング保険にも対応しています。

リクルートカード(還元率1.2%)

リクルートが発行するリクルートカードは、還元率1.2%。年間手数料無料のカードの中では最強です。
たまったポイントは、利便性が高いPontaポイントに交換が可能。

是非とも持つべき1枚です。

詳細:リクルートカード

楽天カード(還元率1%)

楽天カードが発行する楽天カードは、還元率1%で楽天の幅広い支払いに充てられます。

他にない特徴的な強みは2点。

1.楽天証券での投資信託の買い付けにも利用が可能。
 ポイントを消費せず、投資に回せる
2.海外傷害保険はもちろんのこと、空港で専用ラウンジが利用可能

詳細:楽天カード

Yahoo! JAPANカード(還元率1%)

ワイジェイカードが発行するYahoo! JAPANカードは、還元率1で、Tポイントとして利用が可能です。

上述の2枚のカードに比べて、実店舗利用の幅が広いのがメリットです。

詳細:Yahoo! JAPANカード

クレカじゃないけど、年会費不要で最強の還元率のカード

上述した3枚は、決済後に1ヵ月分まとめて請求払いをするクレジットカードでした。
しかし、先にチャージを行うプリペイドカードの場合、年会費不要で常時還元率1.5%のカードがあります。

マネパカード(最初の3ヵ月還元率5%、通常国内払い還元率0.5%)

マネパカードは、先にカードに入金して使うプリペイドカードです。
もともと、海外旅行時の両替/現地通貨引き出しに強みのあるカードですが、海外での使用でなくとも、国内の通常ショッピングでも0.5%の還元率はです。
ポイントは、ショッピング額に応じて、毎月キャッシュバックされるので無駄がありません。

また、プリペイドカードなので、与信調査の必要もないため、主婦など収入のない方でも、カードを持つことができます。

さらに、今なら、5月中にマネパカードの口座の開設が完了した方を対象に、
マネパカード口座開設日から、翌々月末日までの最大3ヵ月間、国内還元率が5%になるキャンペーンを実施中!

詳細:マネパカード

上記で紹介した4枚のカードには、新規口座開設する場合は、口座開設特典があります。特典も活かして、上手にカードを利用してくださいね。

コメントを残す