▼シェア&フォローする▼

税金というと、現金で払うのが当たり前と思っていませんか?

国税東京都税(都税)の一部はクレジットカード納付できます。

クレジットカードで支払えば、ポイントがつくので、実質的に税金を安くすることができます。ただし、どのカードでも得する訳ではありません。支払手数料以上の還元率、税金もポイント対象であるクレジットカードを上手に選択する必要があります。
なお、ふるさと納税も税金の前払いであり税金にかかわるためか、ポイント付与除外対象だったり、付与上限が設けられているクレジットカードが多く注意が必要です。

そこで、今回は、クレジットカードで払える国税・都税の種類と注意点、税金・ふるさと納税払いにおすすめなクレジットカードを紹介します。



ふるさと納税コスパランキング 🍚お米 🥩牛肉・豚肉 🍗鶏肉
珈琲を楽しむ返礼品 ☕コーヒーメーカー 🫖電気ケトル ミル

クレジットカードで納税ができる税金

クレジットカードで納税ができる税金

クレジットカードで納税ができる税金の種類

国税・都税の支払いサイト、および、支払いできる税金は以下の通りです。
※支払い可能な税金は、多くの人が関係しそうなもののみ抜粋

国税都税
支払いサイト国税クレジットカードお支払サイト都税 クレジットカードお支払サイト
利用可能なクレジットカード
支払い可能な税金申告所得税及復興特別所得税
申告所得税
自動車重量税
相続税
贈与税
源泉所得税及復興特別所得税
法人税
地方法人税
源泉所得税
復興特別法人税
消費税
自動車税種別割、自動車税
固定資産税・都市計画税(23区内のみ)
固定資産税(償却資産)(23区内のみ)
個人事業税
不動産取得税
その他(法人都民税・法人事業税等)

支払の際には、納税通知書納付書を用意しておきましょう。

国税・都税、クレカ払い時の注意点

以下、個人の税金のクレジットカード払いに限定して話を進めますが、国税・都税をクレジットカードで支払うには、いくつか注意が必要です。

クレジットカード払いの注意点

  • 決済手数料が必要
    決済額が1万円増えるごとに、決済手数料がかかる
    国税の場合は83.6円、都税の場合は80円
    ※具体的な手数料は、上記で示した支払いサイトで計算が可能

    クレジットカードで納付できるのは、税額100万円未満の納税通知書・納付書のみ

  • 領収書は発行されない
  • 支払の取消・変更ができない
  • 口座振替の人は利用できない
  • 都税の場合、追加で以下の条件もあり
    ・納付可能な税額100万円未満
    ・口座振替を指定している人は利用できない
  • カード利用限度額までしか支払えない
    限度額が小さいカード、買い物が重なった場合は注意が必要

国税・都税などの税金払いにおすすめなクレジットカード

国税・都税などの税金払いにおすすめなクレジットカード

国税・都税のクレジット払い決済は、先に示した通り、決済額が1万円増えるごとに、国税の場合は83.6円、都税の場合は80円の決済手数料がかかるので、ポイント還元率が1.0%以下のクレジットカードでは手数料負けします。

また、高還元率クレジットカードでも、税金払いの場合はポイントが付かない、ポイントが付く金額には上限がある(LINEクレカ)、ポイント還元率が低くなる(楽天カード)などがポイント付与上限が悪化するクレジットカードもあるので、高還元率ならどのカードでもOKとはなりません。

そこで、以下では、国税・都税などの税金払いに用意してきたいおすすめのクレジットカードを紹介します。

年会費無料で還元率1.2%!「リクルートカード」

「リクルートカード」の魅力は、年会費無料で常に還元率1.2%。しかも、通常のショッピングはもちろんのこと、高額な支払いとなりやすい「各種税金・社会保険料払い・ふるさと納税」もポイント対象である点です。月合計3万円まではnanaco、モバイルSuicaなどの電子マネーチャージに対してもポイントがつきます。

貯まったポイントは「リクルートカードポイント」から「Pontaポイント「dポイント」に1:1で交換可能なので、使えないということはまずありません。

また、Pontaポイントの場合は、ポイント交換所で1.1倍、または、1.5倍(auプレミアム会員)に増量してふるさと納税の寄付金支払いに充てることが可能。この方法を用いることで、本来、来年支払う必要のある税金を、実質的に割引で納めることができます。方法は以下の記事にてご確認ください。

絶対持っていたほうがいいクレカ!
リクルートカード:申込

還元率1.5%以上も「三井住友カード ゴールド(NL)」

三井住友カード(NL)のNL=Number Less(ナンバーレス)のことで、クレカの券面に番号の記載がなく、かつ、プラスチックカードがなくてもスマホで決済ができるクレジットカードです。
通常還元率は0.5%(Vポイント付与)ですが、年間100万円以上の利用で1万ポイント(1%相当)を付与。100万円利用なら計1.5%還元です。また、以下の通り、ポイントUPの手段が多数用意されています。

ポイント還元率をUPさせる方法

❶コンビニ大手3社とマクドナルドのタッチ決済で5%還元
❷家族会員(2親等以内)の登録で一人につき+1%。最大+5%
 (コンビニ利用なら最大10%還元にUP)
❸選択した3つのショップで0.5%ポイント上乗せ

税金・ふるさと納税の支払いもポイント対象。以下のメリットやキャンペーンを最大限活用すると、現在、還元率最強の部類に入ります。

年会費は通常5500円ですが、年間100万円以上の利用を一度達成すると、その後は年会費が永年無料となるのも魅力です。また、初年度についても、入会キャンペーンなどを利用すれば実質無料化が可能です。

さらに、SBI証券でクレカ積立をするには必須のカード。クレカ積立でポイントがたまるので、実質的な投資利回りがUPします。口座開設からしばらくの期間は特別優遇金利付きです。詳細は、以下の記事で紹介しています。

口座開設キャンペーン開催中
三井住友ゴールドカード(NL):詳細

還元率2.5%以上も「エポスゴールドカード」

eposcardゴールド

三井住友カードゴールド(NL)と同じような仕組みでお得なクレジットカードが「エポスゴールドカード。」。
通常還元率は0.5%(エポスポイントが付与)と標準的。しかし、還元率をアップさせる2つの方法があります。

ポイント還元率をUPさせる方法

❶選べるポイントアップショップ3店舗で還元率が3倍
 税込200円で3㌽付与=1.5%還元
❷年間ボーナスポイントが上乗せ付与
 50万円以上の利用で2500㌽(0.5%相当)、100万円以上の利用なら1万㌽(1%相当)

❶のポイントUP可能な3ショップは、300以上から選択が可能。よく利用する街の店舗やネットサービスなどに加えて、電気やガス、水道の公共料金、新聞や保険、通信なども選べる点がポイントが高いです。

❶と❷の2つを組み合わせると、最大2.5%の高還元も可能になります。ただし、ポイント付与な年間利用額100万円が上限なので、利用額の増加に伴って実質還元率は徐々に低下します。年間100万円を狙って利用するのがお得です。

なお、年会費は通常5000円ですが、年間50万円以上の利用条件を一度クリアすれば、次年度以降は永年年会費無料。年会費無料の一般のエポスカードで利用実績を積めば、ゴールドカードのインビテーション(招待)が届く仕組みもあり、この場合、インビテーションを受けてゴールドカードにアップグレードすると、初めから年会費は永年無料になります。

インビテーションが届く目安の利用金額は50万円程度と言われています。この場合、毎月4万円程度の利用で達成可能なのでゴールドカード年会費無料獲得は難しくありません。

まずは年会費無料カードから
エポスカード:詳細

最後に

今回は、クレジットカードで支払いが可能な国税・都税(所得税、自動車税、固定資産税、個人事業税 他)とその注意点、さらに、税金払いで得するおすすめクレジットカードを紹介しました。

時代やキャッシュレス。現金払いは損をします。
Suicaなどの電子マネー、スマホでのQR決済も便利ですが、高額な支払いや税金などの支払いには高還元率なクレジットカードが必須です。まずは、クレジットカードをお持ちの方は、今現在お使いのクレジットカードのポイント還元率を確認、還元率が低い場合は今すぐ見直しを!

なお、クレジットカード払いに対応していない場合で、バーコード付きの納付書がある場合は、nanaco払いで支払いを安くすることができます。
私の住む自治体は、国民健康保険料はクレカ払いに対応していないので、nanacoで支払っています。少し安くする方法を知りたい方は、以下の記事をご確認ください。