ビットコイン サイクル

歴史は繰り返す

技術が進歩し社会が様変わりしても、人間の本質は時代を超えて変わらないため、同じ過ちを構成でも繰り返して起こします。これは投資の世界でも同じ。だから、人は何度となくバブルを引き起こしてきました。

アイキャッチ画像はビットコインの大相場のチャートですが、ぱっと見て直近2017年Q4~2018年Q1の仮想通貨の暴騰・暴落時のチャートだと思った人、多いのではないでしょうか。

実はこれ、2013年から2016年のビットコインチャートです。

参照;Bitcoin Price History Chart

ビットコインも歴史を繰り返す

アイキャッチ画像においては、小さなバブルと大きなバブルが発生しています。
チャートの最初の方、吹き出しマークがついている部分に1つの小バブル、そして、もう一つは1)~4)の4つの楕円で囲まれている部分に2つ目の大バブルです。

さて、では1)~4)はどのような時期に当たるか。

1) 新しい相場の始まり 
長期的にビットコインで利益が得られると認識した人による我慢強い買いが入る

2) 上昇→暴騰 
メディアがビットコインの上昇を騒ぎ始め、一般人や投機家たちがビットコインに興味を持ち参入。長期ホルダーは利益を確定

3) ピークアウト 
価格、及び、センチメントがピークをを迎える

4) 大暴落 
少し前まで熱狂買いがもはや続かず、雪崩のように売り殺到し、パニック相場になる。

2017年Q4~2018年Q1の大暴騰・大暴落の場合

2017年Q4~2018年Q1の大暴騰・大暴落において、1)~4)をマークしてみたのが下図です。

上記、バブルの過程は、2017年Q4~2018年Q1の大暴騰・大暴落で記憶に新しく、その時の心理変化も鮮明に覚えていらっしゃるかと思います。

Chamiの反省

私は、2020年に向けて仮想通貨はもっと大きく上昇するとの考えが強すぎて、前回の大暴騰では4) 大暴落の期間ををガチホで耐えてしまいました。
この方法、数年越しの長期投資が大前提なら間違った判断ではないと確信していますが、一方で、仮想通貨のボラティリティの特性を考え、新しい追加資金を確保しつつ暴落時に買い出動するためには以下のいづれかの方法をとるべきだったと反省しています。

①1/3~1/2を売却

②BTC、ETH, XRP, BCHなどの主力通貨はそのままホールドし、時価総額が小さい、或いは、ICO→上場から日が浅いトークンは売却

次回の暴騰時にアクションを起こせるように、アルトコインのポートフォリオに占める割合を鑑みながら戦略を立てたいと思います。後はメンタルの強化も課題です。

今、どうすべきか

さて、ここで大事なのは、ゴールデンウィークの仮想通貨の上昇で、どうやら、4) 大暴落の期間が終了し、次の1) 新しい相場 が始まったらしいということです。

2018年Q1、Chamiのアクション

私は2018年Q1を通じて、今買わないでいつ買うの?とブログで書いてきました。

この期間、時間分散をさせながら予算の許す範囲でBTC,ETH, XRP, XEM、及び、いくつかの通貨(MONA、SRN、KVN他)を購入をしてきました。この間、購入後にさらに下落したりしましたが、結果的に、現時点でプラスになっています。

過去に学ぶ、Chamiの今後の戦略

過去に学ぶなら、2)の上昇→暴騰の期間までにまだしばらくかかります。それまでは、今後の月々の資金余力を仮想通貨に投入しながら、気長に次の大相場を待ちたいと思います。

暴落時の積立投資は強い!精神的苦痛を軽減しながら、資産が増やせます。
なお、Zaifでbitcoinを買う場合、bitcoinの取引手数料がマイナス、つまり0.01%分のお小遣いをくれます。

コメントを残す