FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック):FX口座開設&取引で 取引量に応じて現金還元してもらえるサービス

FXキャッシュバックサイトで最強と評判のFinalCashBackファイナルキャッシュバック

海外FX業者での口座開設時に、ただFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)サイト上のリンクを経由して口座を開設するだけでトレード量に応じてキャッシュバックが得られるサービスです。キャッシュバック(リベート)総額、提携FX・BO業者数、日本人ユーザー数が世界No.1の実績を誇っています。

コアなFXトレーダーを中心に人気である一方、初めての方には怪しい・不安と感じる方もいらっしゃいます。

そこで、利用ユーザの一人として、FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)のメリット・使い方・登録方法、および、このサービスを利用して口座開設すべきおすすめのFXブローカーをまとめて紹介します。

[スポンサーリンク]
Amazon新生活SALE
より安く買う!お得にAmazon残高チャージする方法 あれこれ

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)とは

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)とは

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)は、世界最大級のFXキャッシュバックサイト。サービス提供から10年以上の歴史があります。

登録ユーザはFinalCashBack提携先のFX・BO会社に口座を開設する際に、FianlCashBackサイト上のリンクから口座を開設するだけで、取引をするたびに取引量に応じたキャッシュバック(リベート)を得ることができます。

世界最大級のFXキャッシュバックサイトの3大実績

  • リベート率 世界No.1
    「最高リベート率」を掲げ、毎月リベート率の調査やアップを実施。全FX業者・BO業者のキャッシュバック還元率は世界No.1
  • 提携業者数 世界No.1
    世界中のFX業者・BO業者と提携を結ぶブローカーネットワークを構築。
  • 日本人ユーザー数 世界No.1
    日本人が最も多く利用するサービスであるという実績が信頼の証です。

ファイナルキャッシュバックでリベートが得られる理由

money_flow_06

なぜ、キャッシュバックが得られるのかは、それは、FinalCashBackがFX業者から得た報酬の一部を、利用ユーザにキャッシュバックという形で還元する仕組みを取って言えるからです。

上図は、FinalCashBackユーザー、FinalCashBack、FX業者の3者の関係を示したものですが、それぞれ、Win-Win関係が成立しています。

FinalCashBackがFX業者から得る報酬は、紹介料+取引量に基づきます。それゆえ、FinalCashBackの利用ユーザも、利用=売買に応じた特典が受けられます。

キャッシュバックだけじゃない!ユーザのメリット

トレード量に応じたキャッシュバック以外にも、ユーザはFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)が提供する無料の自動売買EAがもらえるなどのメリットも評判の理由です。

FinalRepeat(ファイナルリピート) ※トラリピ系EA
FinalJudgement3(ファイルナルジャッジメント3)

上記の詳細はリンク先、或いは、以下の記事にてご確認ください。

FinalCashBackの利用方法・キャッシュバックの受け取り方

FinalCashBackの利用方法

キャッシュバックの獲得はとても簡単。FinalCash経由で口座開設をするだけです。FX口座が開設されたら、いつもの通りFX取引をするだけで、FX口座の取引量に応じたキャッシュバックが得られます。使わないと損!ともいえるサービスです。

FinalCashBackの利用方法

FinalCashBackを利用する流れは以下のようになります。

FinalCashBackでリベートを得るまでの流れ

  1. FialCashBackにユーザ登録(登録2分)
  2. FinalCashBackのブローカー一覧から口座開設したいFX・BO業者をクリックし、指定ページから口座開設
  3. 開設した口座情報をFinalCashBackに登録
  4. お取引:入金後、トレード
  5. リベート受け取り:取引量に応じた現金キャッシュバック

キャッシュバックの受け取り方

1ヵ月間のリベート金額は、翌月25日にマイページで情報が更新され、それから2~4日で指定の銀行口座に現金で支払われます。
最低支払い条件は5000円で、条件に満たない場合は翌月以降となります。

キャッシュバック量を増やす方法

キャッシュバックは取引量によって決まります。よって、長期売買よりも、短期売買に重きを置いて取引をする方が、多くのキャッシュバックを得られます。

1万通貨取引をするにしても、保有期間が10分でも1日でも受け取れるキャッシュバックは同じです。取引においては、保有期間が長くなるほど、為替変動によるリスクも高くなります。他の口座もお持ちであれば、比較的短期売買をするための口座として活用するとよいのではないでしょうか。

なお、このような場合も、キャッシュバックだけを目当てとする取引の取り締まりのために、スキャルピングなど超短期売買については対象外としている場合もあります。そのような場合は、注意事項が掲載されているので、対象外条件を見落とさないようにしましょう。

最後に

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)を経由して、FX口座を開くメリットはご理解いただけたでしょうか?
キャッシュバック分を投資に活用すれば、実質的なFXのスプレッドコストを下げることにもつながります。

FinalCashBackの口座を利用し、お得にトレードしてくださいね。

▼シェア&フォローをお願いします▼
🟥【まもなく終了】キャンペーン【Amazon】【楽天】
ブログ管理人:Chami(チャミ)
chami(チャミ)好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、長期投資家
積立投資を軸に、株/FX/CFD/仮想通貨なども売買
税・節約なども意識し、資産を増やす方法を探求中
【モットー】脳が喜ぶ生き方。毎日が自由で幸せ。生きていることに感謝!
【趣味】  読書ジムサウナ旅行
【フォロー】𝕏    

コメントを残す