先日、楽天銀行が時折実施する外貨貯金のキャンペーンについて、以下のような記事を書きました。

昨日、楽天証券経済研究所の客員研究員の山崎元さんの著書「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」を読んでいたら、きっぱり、以下のように書かれていました。

銀行には近づくな!

書かれていたのは、以下の言葉。

「外貨預金は絶対にやらないほうがいい。預金って名がつくから安全だと思って始める人がいるんだけど、完全に銀行のカモだから」

山崎さん曰く、

  • 「銀行というのは、お金持ちには投資させて手数料をもらう。貧乏人には借金させて金利をもらう。これがビジネスモデル。」
  • 「自分のお金を預けている銀行なんていったら、クレジットカードの利用状況も定期貯金の満期なんかも把握している。だから、「今、お金がないんで・・・」なんて言い訳も通用しない。最近の銀行員は証券マン並みに営業している。だから、やさしく相談するふりをしながら何を売りつけるか考えている。」
ネット証券に勤めながらも、金融機関の批判もしっかり行う山崎さん。そのキッパリさは気持ちいいほどです。

金融機関に勤め、リスク、胴元商売についてもご理解されながらも、ギャンブルもお好きで、「競馬」に関する記事も書かれているなど、ちょっと面白い方です。

故、私は山崎氏のファンで、いつも書籍を楽しく読ませて頂いております。以下の本も、マネーリテラシーが学べる面白い本です。