年末調整の還付金は、いつ、どのように戻ってくるのか?12月の給与明細は要チェック
▼シェア&フォローする▼

会社員なら11月に大半は11月に提出を求められる年末調整。

この年末調整に基づき、払いすぎた税金が、還付金が戻ってきますが、いつ還付金が返ってくるか、或いは、どのように還付金額が通知されるかご存知でしょうか。

今回は、年末調整還付の時期や還付金が戻ってくる条件、還付金の戻ってくる時期や還付金額の確認の仕方をご紹介します。

年末調整が不十分だと、税金を多く払うことに..
ふるさと納税も寄付しただけでは終わらない!
確定申告でしか、節税対策できないこともあるので、本記事で注意点を確認しておこう!
chami
chami
【10/18まで】Amazonタイムセール エントリーでポイントUP🥳

おさらい:年末調整とは

年末調整とは、給与所得者のその年の源泉徴収を正しく計算し、所得税を確定させる仕組みのこと。

毎月のお給料や賞与から、所得税は毎月天引きされていますが、これは概算値によるもの。年末調整では、その年の1月1日から12月31日までの正しい収入と、扶養家族、年金、保険など控除対象となる支出申告をもとに、正しい所得税を計算します。

この時、所得税額より、毎月の天引きで前払いで支払っていた源泉徴収額が多ければ、多く払いすぎた分が還付されますし、逆に、所得税額よりも源泉徴収額が少なければ、追加で税金を支払うことになります。この一連の仕組みが年末調整です。

個人の場合は、この一連の作業は翌年1~3月の確定申告で行いますが、会社員の場合は所属企業を通じて行われます。

還付金が戻ってくる人・条件

年末調整では、配偶者・扶養家族の情報、生命保険や住宅ローンの状況について申請をしますよね。

還付金を受け取ることができるのは、勤務先では把握不可能な所得控除がある人です。具体的には以下のような控除があります。

「年末調整で申請で控除可能な控除

1. 基礎控除          :0万円, 16万円, 32万円, 48万円
2. 給与所得控除        :基本、会社で把握可能
3. 配偶者控除         :38万, 48万円
4. 配偶者特別控除       :1~38万円
5. 扶養控除          :38~58万円 ※一人当たり
6. 障害者控除         :27万円, 40万円, 75万円
7. 寡婦(寡夫)控除      :27万円, 35万円
8. 勤労学生控除        :27万円
9. 社会保険料控除        :基本、会社で把握可能
10.小規模企業共済等掛金控除控除:リンク先参照
11.生命保険料控除       :リンク先参照
12.地震保険料控除       :~5万円
13.住宅借入金等特別控除    :リンク先参照