【確定申告】医療費控除と特例セルフメディケーション制度、税金還付が増える申請方法は?
▼シェア&フォローする▼

医療費負担が大きかった場合、税金が軽くなる医療費控除

医療費控除は、確定申告をすれば、1年間にかかった医療費が10万円を超えると税還付を受けられますが、それ以外にも、2018年1月から期限付きで導入されたセルフメディケーション税制という特例があります。

医療費控除と特例セルフメディケーション税制、どのような制度でしょうか?
また、どちらで申告したら得でしょうか?
さらに、どうしたら税金還付額が増やせるでしょうか?

事前に知らないと、必要書類(主に領収書)をそろえられないので、是非、この機会に学んでおきましょう。


 

従来制度:医療費控除とは

医療費控除は、所得が200万円以上の場合に医療費が10万円を超えた分を所得から控除できるという制度です。
例えば、医療費が15万円なら5万円を控除でき、適用税率が20%の人であれば所得税が1万円分が減額(還付)されます。

対象となる医療費は、病院で払った診察・治療代を始め、通院時にかかった交通費、ドラッグストアで買った市販薬代など幅広いです。領収書などの控えをとっておけば、大いに税金減額(還付)の可能性がある制度です。

新制度:セルフメディケーション制度

セルフメディケーション制度は、市販薬が医療費控除の対象となる特例制度です。

5年間(2017年1月1日~2021年12月31日)の特例制度ですが、スイッチOTC医薬品※の指定を受けた市販薬の購入額が1月1日~12月31日の1年間合計で、1万2000円を超えた場合、超過分を控除できます。
※もともと医師が処方していた薬で一般向けに転用された医薬品

従来の医療費控除に比べて年間支払額が小さくても制度利用が可能な一方、どの市販薬がスイッチOTC医薬品に該当するか把握しておく必要があります。

例:セルフメディケーション税制対象医薬品

対象となる医薬品は以下のサイトにて公表されていますが、約1700品目あります。
厚生労働省:セルフメディケーション税制対象医薬品 品目一覧(全体版)

CMでもよく耳にする医薬品では、以下のような商品も対象となっています。
ガスター10、ルル、ストラリニ、ダマリン、パブロン、
フェイタス、ベンザブロック、ムヒ、ユンケル 他

製品のパッケージに識別マークが印刷されていたり、薬局のレシートに星印があるので、昨年分の取り置きはないとしても、今年2019年購入分からは、パッケージの確認、及び、領収書を保存・保管してきましょう。

2つの制度は併用不可。どちらか一方を選んで申告

さて、では、実際に確定申告で申告する場合の注意点を見ていきましょう。

「医療費控除」と「セルフメディケーション制度」は併用することができません。どちらかを選択し、申告する必要があります。
また、申告時には「医療費控除の明細書」を作成して提出する必要があります。領収書自体はは提出義務はないが保存しておく必要があるので、そもそも領収書を保管してなければ、提出は難しいです。

どちらの制度を利用すると得かは、状況により異なる

どちらを選択すると得かは利用状況により異なります。
医療費が10万円を超え、スイッチOTC医薬品を1万2000円超購入した場合は、どちらの制度でも申告は可能です。控除額が大きいほうを選んで申請しましょう。

例)医療費が12万円、うち4万円はスイッチOTC医薬品の購入費だった場合
  医療費控除による控除額        :12-10=2万円
  セルフメディケーション制度による控除額:4万-1.2万=2.8万円 ⇒こちらが得

夫婦共働きの場合は、どうすると得?

夫婦共働きの場合は、どう申告すると税金が減額(還付)されるでしょうか?
それぞれ、自分が使った分を分けて申告することも可能ですが、適用税率が高い方が、一緒に生活する家族分をまとめて申告する方が、還付額が高くなる可能性が高くなります。

まとめ:サラリーマンにとって確定申告は面倒だがやる価値あり

いかがでしたか?
医療費控除と特例セルフメディケーション制度、どう利用すると還付が増えるかご理解できたでしょうか?

事前に医療費の予測はできませんので、後の控除のことを考えて、医療費控除、セルフメディケーション特例の対象となる医薬品の購入時は請求書をとっておくことが大事です。

なお、通常、確定申告せず年末調整のみで税申告・税納付を済ませてきた会社員にとっては「確定申告」は大きな障壁です。
しかし、一度、確定申告をすると、要領がわかり、意外と簡単であることがわかると同時に、税金についての知識も増え、その後の資産形成にも大いに役立つ知識が習得できます。

今回紹介の医療費控除でなく、ふるさと納税の申告でも構いません。まずは、確定申告書を作成し、申告してみることをおすすめします。