ふるさと納税、確定申告不要の「ワンストップ特例申請書の提出期限」は1月10日必着!何をすればいいか解説
▼シェア&フォローする▼

サラリーマンのふるさと納税寄付控除を簡易にする特例制度ワンストップ特例制度
利用可能条件に該当者であれば、確定申告をせずにふるさと納税による寄付金控除を受けることができる便利な制度です。

年末に慌ててふるさと納税を済ませた方が多いと思いますが、ふるさと納税を済ませても、このままでは「寄付控除」が受けられません!
ワンストップ特例申請で寄付控除申請する場合、受付期日は寄附の翌年1月10日 必着

今回は目前に期日が迫った【完全版】ワンストップ特例申請書マニュアルをお届けします。

この記事でわかること

・受付期限はいつまで?
・申請の方法・ステップは?
・申請書には何を書けばいい?その他必要書類は?
・確定申告が必要な人とは?
・1/10までに手続きが間に合わなかったら?
・「寄付控除」による税金の減額は、どのように確認できる?

「寄付控除」による税金の減額がどのように反映されるか、知らない人多いよね。その点も、本記事で解説します。
chami
chami

「ふるさと納税 ワンストップ特例申請」の申込期限は1月10日

ワンストップ特例申請は、寄附の翌年1月10日 必着に寄附先の自治体へ書類を提出する必要があります。「必着」の必要があるため、それより2~3日前、安全を取れば、1週間前には投函しておいた方がよいと言えそうです。

ワンストップ特例が利用できない人(確定申告が必要な人)
期日に間に合わない場合
❸その他問題
については後述するよ
chami
chami

ワンストップ特例申請書:基本的な手続きのステップ

条件を満たす人の場合、以下のような手続きを行えば、確定申告が不要になります。

ワンストップ特例制度の基本的な流れ

1.ワンストップ特例申請書の入手
 ※各種ふるさと納税サイトで簡単に申込可能
2.申請書に必要事項を記入する
3.追加の必要書類を準備する
4.ふるさと納税翌年の1月10日までに、寄附先の自治体へ郵送
5.自治体が申請書を受領した時点で手続きが完了

※注意
ワンストップ特例制度の上限自治体数は5自治体です。同じ自治体であれば複数回寄附を行っても1自治体となりますが、同じ自治体に回数を分けて寄附をした場合は、寄附の回数に応じた必要書類を提出する必要があります。

ワンストップ特例申請書に何を書けばいい?その他必要書は?

申請には2つの書類が必要です。

ワンストップ特例制度の基本的な流れ

①特例申請書
②マイナンバーカード(申請者本人を確認できる書類)

以下で詳しく見てきましょう。

①特例申請書

ワンストップ特例制度の申請書は多くの場合、寄附先の自治体から「寄附金受領証明書」とともに郵送されます。
その用紙を利用すれば、特に問題がありません。

万一、書類が郵送されていなかったり、紛失してしまった場合は、専用様式のPDFファイルを印刷し、必要事項を記入すれば問題ありません。
特例申請書(未記入)をダウンロード
記入箇所の確認

②マイナンバーカード(申請者本人を確認できる書類)

申請書と一緒に、マイナンバーカード、もしくは、申請者本人を確認できる書類が必要です。
以下の組み合わせでの提出が必要となります。

パターンA

マイナンバーカードのコピー:表面+裏面の2枚

パターンB

次のうちいずれか1点のコピー
・マイナンバー通知カード
・マイナンバーの記載されている住民票

次のうちいずれか1点のコピー:運転免許証、パスポート
または
次のうちいずれか2点のコピー:健康保険証、年金手帳、提出先自治体が認める公的書類

提出時の注意点:名前/住所が変わった人

ワンストップ特例制度の申請書を提出後、寄附した年の翌年1月1日までに名前や住所に変更があった場合、申請書を提出した自治体に「申請事項変更届出書」を提出する必要があります(1月10日まで)。

「申請事項変更届出書」ダウンロード

確定申告が必要な人

さて、ここまで、「ワンストップ特例制度」が利用できる方を前提に話を進めてきましたが、たとえサラリーマンであったとしても、この制度が利用できない人がいます。
以下の人は、確定申告が必要です。

ワンストップ特例制度利用の要件

  • 個人事業主の方
  • 不動産収入がある方
  • 会社員でも給与所得が2,000万円を超える方
  • 会社員でも以下の控除申請の必要がある方
    ・住宅ローン控除(初年度)を受ける
    ・医療費控除を受ける
    ・セルフメディケーション税制控除を受ける
    ・株式投資で損失を出した
    ・副収入が20万円以上ある方
    ・配当控除を受ける
    ・ふるさと納税以外の寄付金控がある
  • 1年間で6自治体以上にふるさと納税をした方
  • 「ふるさと納税 ワンストップ特例制度」の申請期日に間に合わなかった方

赤字部分はふるさと納税に関わる部分です。
確定申告の申告期間は、所得の計算期間(1月1日~12月31日)の翌年2月16日~3月15日までとなります(休日の関係でずれる年もあります)。

詳しくは、以下をご覧ください。確定申告の方法についても軽く解説しています。

こちらの記事も税金について学ぶという観点からご確認を

[/blogcard]
確定申告をした方が税金が安く人もいるので、今年から確定申告してみるのもオススメ
税金について、興味を持つきっかけとなり、学びも多いです。
chami
chami

1/10必着の提出に間に合わなかったらどうする?

提出が間に合わなった場合は確定申告をする必要があります。

前節で解説してるので、そちらをご確認ください。

受領証明書に記載されている受領日(入金日)が2021年になっていたら?

年末12月31日のふるさと納税の申込が年末ギリギリで、受領証明書に記載されている受領日(入金日)が2021年1月にずれ込んでしまっているケースがあります。

この場合、2020年度の税控除にはなりません。翌年2021年分の税控除対象となります。

ふるさと納税での税金控除はどのようにして確認する?

さて、ふるさと納税のワンストップ特例申請書や確定申告書の提出により「寄付控除」が認められた場合、どのように控除されたか(今年の税金支払い額が(先払いしたことにより)安くなるか)は、どのように確認したらよいのでしょうか?

申請書類が無事受理されると、住民税の控除は、寄附翌年の6月以降に反映されます。
正しく控除されているかどうかは、寄附翌年の6月に会社でもらう「住民税決定通知書※」で確認できます。

6月に会社から、細長い紙切れもらいますよね
字が小さくで、しかも、数字ばかりで
何が書いてあるかさっぱりわからない「アレ」です。
chami
chami

住民税決定通知書(住民税特別徴収税額の決定通知書)の見方は以下の記事にて解説しています。

最後に

今回は、「ワンストップ特例申請書」の提出方法について、知ってくべきことを紹介しました。
せっかく、ふるさと納税を済ませても、この申請に不手際があると、寄付金控除が正しく反映されなかったり、確定申告が必要となります。期日を守ってご対応を!

確定申告について学びたい人は以下の記事も合わせてご確認を!
年末調整・確定申告 完全マニュアル

只今開催中!ふるさと納税サイト キャンペーン


楽天ふるさと納税: SPUでポイント利用で還元率UP
楽天経済圏ユーザなら還元率UP
Go
ふるなび:寄付で通常1%還元
ふるなびコイン- Amazonギフト券やPayPay残高に交換可能
Go
さとふる:PayPayギフト 最大6%還元
3と8のつく日がお得 ※要エントリー(10/31まで)
Go
ふるさと本舗:Amazonギフト券最大7%還元
1.5万円以上の寄付で5%、3.5万円以上でAmazonギフト券8%還元(10/30まで)
Go
ふるさとプレミアム:QUOカード券 6%還元
エントリーが必須(10/31まで)
Go
ふるさとチョイス:自治体数・返礼品数共にNo.1
常時Amazon㌽最大3%獲得して寄付する【裏技】 
Go
au PAYふるさと納税:Pontaポイント交換でお得に寄付
Pontaポイント増量交換所利用でよりお得に寄付

Go

【ふるさと納税】で得をしよう
ふるさと納税で得をしよう!

【厳選ピックアップ】返礼品

知っておこう!ふるさと納税のあれこれ
ふるさと納税とは?
税金控除が受けられる「限度額上限」を知る
年末ギリギリのふるさと納税は危険。守るべき期日は支払日と書類提出日
確定申告不要の「ワンストップ特例申請書の提出」は1/10必着!何をすればいいか
手続きミスで控除なしの悲劇を防ぐ!6月に行う「ふるさと納税の控除額」答え合わせ
ふるさと納税すると、いつどのように税控除(住民税控除)されるのか
ふるさと納税の支払い:高還元率クレジットカードのススメ
ポインが使えるふるさと納税ポータルサイト
どこがお得?大手ふるさと納税サイト比較