【サラリーマン副業】副業がバレない方法 ~「雇用形態」と「確定申告書の書き方」に注意
▼シェア&フォローする▼

副業解禁年ともいわれる昨年2018年、休日単発アルバイト、或いはフリーランスとして業務請負など、副業を始めた方は結構いると思います。

副業で、利益が出た場合は確定申告が必要です。
確定申告で副業がバレることを恐れている人も多いと思いますが、そもそも副業がバレない方法はあるのか?結論は「あり」。

ポイントは、【副業の雇用形態】と【確定申告書の書き方】にあります。

副業で複数から収入がある場合は基本、確定申告が必要

収入が給与所得のみのサラリーマンの方は、年末調整のみで、自分自身で確定申告は一度もやったことがないという方、多いと思いますが、当然のことながら、副業をしている場合、年末調整だけでは申請は完了しません。

自分で納税手続き、つまり、確定申告が必要です。

ただし、副収入の額、雇用の形態によって、手続きが必要かどうかは異なります。

副業で確定申告が必要かどうかの判断ポイントは?

1つ目の確定申告の要/不要の判断ポイントは、「年間20万円を超える収入があるかどうか」。

但し、20万円には「給与所得や退職所得以外の所得が20万円を超す場合」という条件がついており、同じ20万円であってもどのような収入区分の収入かで、確定申告の要不要は異なります。

20万円以下の給与所得:確定申告あり
20万円以下の雑収入 :確定申告の必要なし

例えば、ブログアフィリエイトなどで個人で20万円以下の副収入があった場合、雑所得となり確定申告の必要はありません。

確定申告で副業がバレる理由

では、なぜ、副業がばれてしまうのでしょうか?

副業が会社にばれる理由の一つが、【住民税の通知】です。

副業の確定申告を行うと、本業サラリーと副業収益の合算金額により所得が決まります。
通常、サラリーマンの場合、基本的に住民税は給与からの特別徴収で天引きされるのですが、本業で得た収入に課税される住民税に、追加で副業で得た収入に課税される住民税額が会社に通知され源泉徴収されます。

この数字を受け取ることになる会社の経理・総務担当者が住民税額の異様な多さに気づくと副業がバレてしまいます。

どうしても副業がバレてしまう人

では、副業がばれない方法はないのでしょうか?

残念ながら、副業の収入を「給与」で受けている方は、バレてしまいます。

これを回避するためには、副業の会社から収入を得る際に、「給与収入」として報酬を受け取ってはいけません。アルバイトであっても給与収入であればマイナンバー制度でバレます。フリーランスとしての事業収入などで受け取れば、問題は回避できます。

「給料」で報酬をもらうと、会社にh公卿がバレる

副業がバレずに済む確定申告の書き方

上記、給与所得として報酬を受け取っておらず、雑所得などで処理できるなら、会社に副業がバレない確定申告法があります。

方法はいたって簡単。確定申告書にある住民税に関する事項の、「給与から差引き」と「自分で納付」という選択欄で、「自分で納付」の方に丸をつけるだけ。

確定申告書第二表の提出用・控え用の右下にある「住民税の徴収方法の欄」

こうすれば、住民税の納付書は自宅に送られてくるので、その分を、自分で支払えば会社に副業がばれることはありません。

心配な方は、税務署とネゴを

基本的に上記方法で会社に副業収入の存在を把握されることはなくなりますが、絶対ではありません。

市町村によって、住民税を納める市区町村が、特別徴収義務者である本業の会社に住民税の通知を行ってしまうケースがあります。不安な場合、直接市町村の担当に根回しなど、事前相談を行いましょう。

なお、副業で赤字決算となった場合、税金は増えず、還付となる可能性がありますが、一方で、勤務先の勤務先の住民税額が減るため、副業がバレる要素となり得ることは覚えておきましょう。ただし、その額が給与額に対して大きくない場合は、他の控除申請と紛れてわからなくなると思われるため、バレる心配は減るでしょう。

副業の納付額がいくらになるか、事前に知ろう!

さて、会社に副業がバレることを回避できたとして、それ以上に気になるのが追加発生する副業に係る納税額ではないでしょうか。

例えば、フリーランスの副業の事業所得が同じであっても、白色申告と青色申告の場合で納税額は変わります。

確定申告&納税時に慌てないためにも、事前に一度無料診断しておきましょう。

確定申告ソフトのfreeeが無料で提供する「freee:無料で始める確定申告診断」等を利用すると、金額を診断することができます。

まずは、用意しなければならない追加納税金額を把握することが大切です。無料で使えるものは上手に使いましょう。

freee、無料登録で追加発生する副業に係る納税額を調べられるよ

ちなみに、使い勝手自体は非常に便利。会計・簿記のことがわからなくても、質問に答えるだけで確定申告に必要な書類が作成できます。
もちろん、事業以外の株・FX、不動産所得にも対応。電子申告に対応しているので自宅からの提出も可能です。経費はスマホアプリでレシート撮影でも入力できるので、隙間時間に帳簿付けも可能。金融口座との連携で、1件1件、入金を入力する必要もありません。

freee:無料で始める確定申告診断

まとめ

副業であっても、先に述べた条件をクリアしていれば、確定申告を申請しても、会社に副業がバレることを回避できます。

会社に副業をバレることを恐れて確定申告を期間内に行わないと、延滞税の発生や無申告加算税が課されるなどのペナルティもあります。副業をされている方は、まずは、確定申告の必要があるのかを確認し、必要がある方は、期限を守り正しく申告を行いましょう!