フィッシャー流「株式投資で普通でない利益を得る」ヒント ~株を買うときに調べるべき15のポイント他
▼シェア&フォローする▼

バフェットに大きな影響を与えたことで有名なフィリップ・フィッシャー

バフェットが「私の85%はグレアムからできていて、残り15%はフィッシャーからできている」と発言するほど敬愛し、「フィリップが言うことすべてを覚えているほどに熱心な読者であり、彼の著書を強く推薦する」と述べています。

このフィリップ・フィッシャーの著書「株式投資で普通でない利益を得る」は、フィッシャーの著作の中でも最も優れた投資解説本と評価されている本です。

この本には長期資産形成の助けになるフィッシャーの貴重な投資のヒントが多数紹介されています。約60年前に書かれた本ですが、真面目に堅実な投資をする指針となりますので、紹介します。

なお、この情報は、米国株投資家から世界的な評価を得ている「Motley Fool(モトリーフール)」の情報をもとに紹介しています。こちらも無料で利用できるので合わせて紹介します。

社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】

バフェット氏:なぜ、グレアム100%ではダメだったのか?

バフェット氏の「私の85%はグレアムからできていて、残り15%はフィッシャーからできている」という発言しましたが、なぜ、100%グレアムではだめだったのでしょうか?

グレアム氏は「バリュー投資の父」

グレアム氏は「バリュー投資の父」です。バリュー投資は優れた投資の考え方ですが、落とし穴があります。

それは、「グレアムの手法だけでは、割安な株は見つけられても大化けする株が見つけられない可能性がある」からです。

割安であっても、上がらない株はいつまでも上がりません。割安さだけでは投資で成功することはできません。

フィッシャー氏は「成長株投資の父」

一方、フィッシャー氏は「成長株投資の父」

フィッシャーは、単に割安であることでなく、今の利益だけでなく、数年後にどうなっているのか=「成長性」も重視して、投資することが大事と提唱。事実、彼は、この点を重視し、モトローラー、テキサスインスツルメンツなどに長期することで、何十倍、何百倍の利益を得ています。

「成長株の発掘」こそ、フィッシャー氏の「よい投資をすればだれでも億万長者になれる」の名言につながっているのです。

株式投資で普通でない利益を得るための10のポイント

さて、フィッシャーの投資スタイルが理解できたところで、株式投資で普通でない利益を得るためのポイントについて見ていきましょう。
ポイントを10点に絞ると以下のようになります。

※本説は、Motley Fool(モトリーフール)の記事を引用しています。

1. 株式市場では、皆、株価を知っているが、誰も「株の価値」を知らない

「株価」と「株の価値」(いわゆる企業の本質的価値)は全く異なるものです。この事実を認識することが、投資の成功への第一歩です。

2. 株価が最終的にどうなるかを予想することは、それがいつ起こるかを予想するよりも簡単

企業の価値を理解し銘柄がいつか高く評価されると確信していたとしても、それがいつ起こるのかは予測不可能でしょう。したがって、その現実を受け入れ、確信を持っている株を長期保有することが重要です。

3. 株価が『安い』か『高い』かの判断基準は、以前の価格と現在の価格の比較ではない。その企業のファンダメンタルズが、現在のマーケットの評価よりも優れているか、それとも劣っているかで判断すべきです。

マーケットは、一部の投資家の買いなど気にしません。

その逆に、投資家も市場価格を気にすべきではありません。投資家が自身の購入価格に固執する気持ちは理解できます。しかし、企業の成長見通しに基づいて株を評価する方がはるかに重要です。

投資家の株価への見通しが市場の見方を超えている場合は、その株を保持し続けるべきでしょう。もし、その反対なら、損をしてでもその株を売却すべきです。

4. 企業の成長率が今後10年堅調に推移した場合に株価が4倍になると見込まれる時、現時点で株価が市場予想よりも35%割高かどうかは大きな問題でしょうか?

最高の成長株は常に割高に見えます。そのため、バリュー投資家は成長株を見逃してしまいます。
優れた成長見通しのある企業にプレミアムを支払うことで、マーケットに大きく打ち勝つリターンを生み出すことができるでしょう。

5. 株価が下落を続けると考え、同じ株を底値で買い戻すために一旦売る人々がいます。しかし、その目的が達成されることはめったにないというのが私の見解です。株のトレーディングというのは、そうそう思った通りにいきません

マーケットでタイミングを計って取引しようとするのは、愚かな考え方です。

マーケットに悲観的な考えが蔓延している時は、株価が下落し続けると考えてしまいます。ですから、市場が低迷しているときに株を買い戻すことはかなり困難です。そして、株価が最終的に反発しても、また下落するのではないかという心配を捨てきれません。

結局、市場からは明確な売買シグナルを得られないため、市場のボラティリティを気にせず長期保有することで利益が得られるでしょう。

6. 投資家が真に追求すべき株を追わずに、単に市場平均そこそこのパフォーマンスを目指した株を保有することで多くのお金が失われる。もし優れた投資を行ったとして、その適切な再投資分も含めると、市場平均程度を目指す投資との差は途方もなく大きくなるでしょう。

優れた投資を見逃すことの機会コストは、投資家が市場平均を下回る株を保有することで負う損失よりもはるかに大きくなります。

市場平均程度の株を、やや下がったけれども回復を期待して持ち続けるべきではありません。それよりも、投資家が調査の結果見つけた優れた株でポートフォリオを最適化すべきでしょう。

投資家は分散化に気を取られて過ぎています。1つのバスケットに多くの卵を入れすぎているため、十分に把握している企業の数があまりにも少なすぎます投資家は分散化に気を取られて過ぎています。1つのバスケットに多くの卵を入れすぎているため、十分に把握している企業の数があまりにも少なすぎます

インデックスファンドなどを利用した分散化は、一般投資家にとって役立ちます。

しかし、投資家が個々の銘柄を勉強する時間と労力を費やすことをいとわないのであれば、投資先を分散させない方がよいと思われます。

経験豊かな投資家が慎重に選んだ銘柄で構成される集中ポートフォリオのリターンは、市場平均を大きく上回る可能性があります。

8. 株式市場には多数の株が存在しますが、優れた株はほんの少ししかありません

力強い成長見通しを持ち、競争優位性のある企業を見つけるのは容易ではありません。
株式投資で成功するには、それらのほんの一握りの優れた株を選別する必要があるでしょう。

9. 十分な調査の結果その株を買ったのであれば、簡単に売るべきではありません

優れた銘柄を購入しその後株価が順調に上昇した時、売りたいという誘惑に抵抗すべきでしょう。

利益確定をしたくなる気持ちは分かりますが、極めて大きなリターンは長期保有することによってのみもたらされます。

10. 私のビジネスライフにおける最も重要な決断の一つは、長期的に大きな利益を上げることに全精力を集中することでした

金融メディアは、一見重要そうに見えるものの、結局は短期的な懸念で投資家の注意を引こうとします。

しかし、投資家は、自らの投資の長期的なファンダメンタルズ分析に集中し続けることで、リターンを最大化し、富を持続的に築いていけるのです。

フィッシャー流:株を買うときに調べるべき15のポイント

フィリップ・フィッシャーの著書「株式投資で普通でない利益を得る」には、上記以外にも、多くの人に指示されている投資のヒントがあります。
それが、第3章で紹介される「何を買うべきか-株について調べるべき15のポイント」です。

こちらについても大事なのでリストにしてきます。

何を買うべきか-株について調べるべき15のポイント by フィッシャー

  1. その会社の製品やサービスには十分な市場があり、売り上げの大きな伸びが数年以上にわたって期待できるか
  2. その会社の経営陣は現在魅力のある製品ラインの成長性が衰えても、引き続き製品開発や製造過程改善を行って、可能なかぎり売り上げを増やしていく決意を持っているか
  3. その会社は規模と比較して効率的な研究開発を行っているか
  4. その会社には平均以上の販売体制があるか
  5. その会社は高い利益率を得ているか
  6. その会社は利益率を維持し、向上させるために何をしているか
  7. その会社の労使関係は良好か
  8. その会社は幹部との良い関係を築いているか
  9. その会社は経営を担う人材を育てているか
  10. その会社はコスト分析と会計管理をきちんと行っているか
  11. その会社には同業他社よりも優れている可能性を示唆する業界特有の要素があるか
  12. その会社は長期的な利益を見据えているか
  13. 近い将来、その会社が成長するために株式発行による資金調達をした場合、株主の利益が希薄化されないか
  14. その会社の経営陣は好調なときは投資家に会社の状況を饒舌に語るのに、問題が起こったり期待が外れたりすると無口になっていないか
  15. その会社の経営陣は本当に誠実か

株を購入する際、これらを反芻してから投資すると、投資リターンが高まること間違いなしです。

米国株式の日本語情報源「Motley Fool(モトリーフール)」

世界の金融市場に最も影響を与える米国株式ですが、日本人の場合、英語の壁があり、多くの有益な情報をみすみす逃していますよね、

そこで利用したいのが、米国株投資家から世界的な評価を得ている「Motley Fool(モトリーフール)」。米国株式を始め、海外株式の一次情報や投資にまつわる情報を日本語で配信するメディアです。

Motley Fool(モトリーフール)の特徴

Motley Fool(モトリーフール)
Motley Fool(モトリーフール)ホームページ

以下のような点で評価を得ています。

Motley Fool(モトリーフール)が評価を得ている理由

  • 米国本社は1993年の設立から25年という実績
  • 投資関連ウェブサイトランキングではウォール・ストリート・ジャーナルに次ぐ全米5位(Hitwise調べ)
  • 優良企業の長期保有を市場で注目を浴びる前に推奨(TESLA、DISNEY、NETFLIXなど)

1分で完了!メアド登録でより濃い情報が届く

無料メールマガジンに登録すると、米国本場の情報が満載の「スペシャルフリーレポート」を閲覧することができ、定期的に米国株市況の情報が届きます。

登録作業は1分もかかりません。メアドのみの登録です。(リンクページの最後にフォームあり)

無料でよい濃い情報がGetできるので、是非、登録してきましょう!

最後に

今回は、フィッシャー流「株式投資で普通でない利益を得る」ヒントと多数紹介しました。
フィッシャーの投資は極めて真面目で堅実な投資です。しかし、愚直にそのスタイルに取り組めば、長期投資により爆発的な利益を得る凄さも持っています。

株式投資の指針としてお役立てくださいませ。