6月の給料明細を受け取ったら「住民税」を確認せよ!住民税UPで手取り減額の可能性あり
▼シェア&フォローする▼

皆さん、毎月、給与明細を確認されていますでしょうか?

全く見ないという人も多い一方、6月の給料明細を見て、「税金増えてる!」と思った方も少なからずいらっしゃるはず。

6月に変動のある税金といえば「住民税」

住民税が増加により手取りが減るのは困りますが、一方で、住民税が減る方が家計に与える問題は甚大。この機会に、給料と住民税のしくみについて理解しておきましょう。

住民税は6月が開始月(1年遅れ)

6月、給料明細を受け取ったら、見るべき項目は「住民税」。前月までの住民税と差がないか確認することが大事です。

理由は、住民税の新年度スタートが6月だから。

住民税は、毎年6月から翌年5月までの12ヵ月で分割されて天引きされる1年遅れの後払い税金です。6月の住民税をスタートに1年間同額が徴収されます。新卒社会人の手取り額が2年目の手取りより多いといった現象が発生することがあるのは、新卒社会人は住民税が徴収されないことが理由です。

このため、年俸が上がったからといって、住民税がすぐに増額となることはありません。また、一方で、住民税が下がったことは過去1年間の間の年収が下がったことを示す結果です。全く喜ぶに値しないこと、ご理解いただけたでしょうか。

住民税の税率は一律10%

住民税は、ざっくり「課税所得の10%」です。

会社員の場合は、年収から給与所得控除、および、扶養控除や生命保険料控除などの各種所得控除※を差し引いた課税所得に対して、10%の税金がかかります。
※確定申告で計算する「所得税の控除額」と「住民税の控除額」は異なります。

詳細な住民税計算は煩雑

住民税の計算は煩雑なので、普通の方なら、ざっくりどのように算出されているか覚えておけばいいと考えます。

もう少し少し詳しく知りたい方は、以下の二つの合算値により構成されていることぐらいを理解しておくといいでしょう。

住民税の計算式

住民税=所得割額+均等割額

所得割額:所得金額に応じて負担。住民税の主たる部分
均等割額:住民が均等に負担。自治体により変動

今年の住民税は、住民税決定通知書を見よ!

5月~6月に、給与所得者なら「住民税決定通知書」というものを必ず受け取っていますが、ご覧になられたでしょうか?

以下のようなものですが、正直、何見たらいいか、わからないですよね。

出典:大阪市 ※クリックで拡大

赤枠⑧特別徴収額額が6月以降1年間に徴収される住民税の金額、それを、月別に分割徴収される状況を示した欄があり、その6月分の数値が給与明細の「住民税」の欄に記載される額です。

税金を学ばない給与所得者はよきカモ

自治体からの住民税納税通知書を受け取って強く感じるのは、やっぱり、サラリーマンって行政から見ると税金をカンタンに吸い上げることができるおいしい相手だよなぁということ。

上記、給与所得者の住民税納税通知書の例をとっても、(一応、裏にぎっちり小さく薄い字でと税額の計算方法が書かれていますが、)ちゃんと数字を読みこなすための説明書が添付されてくるわけでもなく、「あえて、税金のこと、知る必要ないから」と行政サイドから暗に言われている印象を受けます。

お金のことは、自ら学ばないと、何十年にわたって損し続けます。

住民税は住む場所により若干異なる

住民税は、1月1日現在の住所地について、前年1月から12月までの1年間の所得に対して課税されます。1月1日以降に他の市町村に引越しをしても、1月1日時点の住居地へ納付します。

「均等割額」は自治体により変動しますが、大きな大差はありません。

※神奈川県民の住民税は10.025%で0.25%高い、名古屋市の市民税は9.7%で0.3%低いなどの例外が若干あります。

結局、税・社保負担はどのぐらい?【年収別:税・社保・手取り 早見表】

年収がいくらだと、手取り・税金はいくらなのか?

多くの人は、手っ取り早くこの金額をを知りたいと思います。

しかし、年収・手取り・税金・社会保険料などの金額は、年齢や家族構成、経済状況によって異なります。

そこで、以下のようなモデルケースを元に算出された【所得別:税・社保・手取り 早見表】が以下になります。

◆モデルケース像
・会社に勤めるサラリーマン
・所得のない配偶者、子どもなど扶養親族なし
・給与所得控除、基礎控除、社会保険料控除のみを考慮

年間にすると、なかなか結構な額が、所得税、住民税、社会保険料として徴収され、手取りが少なくなることがご理解いただけるかと思います。

※単位は「万円」。千の位で四捨五入
年収所得税住民税社会保険料手取り手取り/年収(%)
300万円6124323979.7%
400万円9185831578.8%
500万円14257238977.8%
600万円21318646277.0%
700万円323810152975.6%
800万円484611559173.9%
900万円645413065272.4%
1000万円826214471271.2%
1100万円997115877270.2%
1200万円1197917382969.1%
1300万円1418917989168.5%
1400万円1719818594667.6%
1500万円203108189100066.7%
2000万円363155214126863.4%
2500万円543204228152561.0%
3000万円767258229174658.2%

会社退職時や副業があるときの住民税は?

住民税を納める方法は、「特別徴収」と「普通徴収」がありますが、会社員は「特別徴収」という方法で納めています。

特別徴収と普通徴収

特別徴収とは、事業主(給与支払者)が従業員(納税義務者)に代わり、給与から住民税を天引きして納入する方法です。

特別徴収は、個人で直接納付する方法です。原則として6月、8月、10月、翌1月の年4回払いとなり、市町村から届く納付用紙に基づき支払います。

会社を退職した場合は?

会社を辞めてしまうと、当然のことながら給料はなくなります。結果、普通徴収に切り替えて自分で納める必要が出てきます。

副業収入がある場合は?

副業をしている場合は、当然のことながら副業収入に対しても当然住民税が掛かります。
ただし、この徴収方法は、確定申告時に「給与から差引き」「自分で納付」のいずれを選んだか次第です。

会社に確定申告がバレないように確定申告の際に「自分で納付」を選んだ場合は、6月中頃を目途に住民税納税通知書が届くので、それに従い、納付することになります。

確定申告書第二表の提出用・控え用の右下にある「住民税の徴収方法の欄」

より詳細を知りたい方は、以下記事を参考にしてください。

普通納付の場合はクレジットカード納付が可能

さて、税金を納めるなら少しでも、実質支払額が減るようにしたいとは、誰もが思うこと。

しかし、会社員の給料の支払いは、会社が特別徴収により納めるので何の対策もできません。

但し、会社を辞めた場合、或いは、副業収入分を自分で納める場合はクレジットカードを利用して納付をすると、ポイントがついてお得になります。ただし、市町村によって対応状況が異なるので、事前に確認が必要です。

例えば、東京都の場合は、以下のようになっています。

都税:クレジットカードによる税金納付

・クレジットカードで支払い可能な税金
 ・軽自動車税
 ・国民健康保険料
 ・後期高齢者医療保険料j保険料
 ・介護保険料
・クレジットカードの分割払いが利用可能
・カード自体のポイントがたまる
・日本最大の収納代行ヤフー公金払いをすれば、Tポイントが使える
 ただし、1万円増える度に110円(税込)の手数料が加算

高還元率なクレジットカードでないと損をする

ここで、ポイントは、税金の支払いが1万円度に110円(税込)の手数料がかかるということです。
つまり、高還元率なクレジットカードでないと「」します。

平均的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%です。まずは、今すぐ、ご自身の保有カードを確認しましょう。そして、ポイント還元率0.5%のクレカをメインカードにしているなら、すぐにクレジットカードを切り替えましょう。

クレジットカードは見直さないと何年も使い続けるので、1年、2年…とお得を取り逃します。

厳しいいいかがですが
❶面倒くさがり
❷情報弱者 は、「損」する宿命!

そうならないように、改めましょう!
少なくとも❶は、行動を改めるだけです。
chami
chami

年会費無料で高還元率!持っておくべきクレジットカード

2021年5月、最強と言われるカードが改悪となりました。それを機会に、お得なクレジットカードを見直しましたので、ご参考に。

これを機会に家計も見直し無駄を省こう

合わせて、家計の無駄も省きましょう!(特に、固定費)

最後に

住民税について理解できたでしょうか。

なお、9月も社会保険料の改定により給与からの天引きが増える(給与手取り額が減る)可能性があるので、給与明細の確認が必須です。

税金は知らないと損したり、思わぬ課税で驚かされたりするものです。だからこそ、自分で学ぶことが大切です。

また、これからの時代は、「税金を制する」と同時にクレジットカードやQRコード決済など「キャッシュレス決済」に強くないと損することがたくさん出てきます。
お金の勉強は大事です。日ごろから疑問に思ったことをちょっと調べて確認してみるなど、コツコツ勉強しましょう。