平均年収を時給換算するといくらか?年収-時給計算法 ~自分の時給を知り、作業効率・節約・投資・副業の必要性を認識しよう
▼シェア&フォローする▼

国税庁調査の「平成30年 民間給与実態統計調査」の結果によると、日本国民の平均年収は441万円。平成29年の432万円から9万円のUP(2.0%増加)になっています。
平成30年分民間給与実態統計調査結果について(令和元年9月)

まだ、令和1年の結果は出ていないものの、令和2年は新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う全国的な外出自粛・営業自粛要請の結果、飲食業・旅行業などを中心に多くの人が働きたくても働けないという、戦後、経験したことがないような社会情勢となっており、平均給与が下がるのは確実。未だ、新型コロナウイルスによる感染拡大リスクがどこまで広がるかわからず、今後1年ぐらいは不安定な時期が続くことは確実です。

国民の生活困窮を鑑み、緊急対策として一人一律10万円が給付されることが決まったとしても、生活困窮者には心もとない金額であり、また一方で、今後、増税という形で国民全員がツケを払わされるのは確実で、全く喜べない状況となっています。

生活不安が続きますが、大きなショックは世の中の変化の時期。働き方が変化してく中、漫然と働いていてはいつまでも負け組です。効率的に仕事をし、自分が時給いくらで働いてるかを意識することが非常に大事です。

平成になって年収はどのように推移してきたのか?
そして、自分の給料と働き方(時間)を考えたうえで、時給がいくらになるか?

自分の時間を大切にし、効率よく働くためにも、年収-時給の簡易計算方法、および、残業がある場合の時給換算方法について解説します。

\【500pt】もらえて【3ヵ月無料で音楽聞き放題】は利用しない理由なし/

解約方法を事前に確認
kindle本 8周年キャンペーンで2ヵ月99円🎉

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資!
自己研鑽の"神サービス"
解約方法を事前に確認

給与所得者の平均給与の推移

国税庁調査の「平成29年 民間給与実態統計調査」平均給与推移(平成29年まで)

この平均年収の計算には疑念がもたれてはいますが、国税庁調査の「平成30年 民間給与実態統計調査」の結果によると、日本国民の平均年収は441万円。前年比9万円のUPになっています。

これを男女別にみると、男性545万円、女性293万円で、前年に比べて、男性は2.5%の増加、女性は2.1%の増加。
また、正規・非正規についてみると、正規504万円、非正規179万円で、前年に比べ、正規は2.0%の増加、非正規は2.2%の増加となっています。

女性、非正規の給与の低さを見ると、生活は大丈夫なのだろうかと不安になりますね。貧困はすぐそばにあるということです。

参照
平成30年分民間給与実態統計調査結果について
平成29年分民間給与実態統計調査結果について

超シンプル!年収-時給早見表&計算方法

では、自分の年収は時給にするといくらになるでしょうか?
この時給に見合う仕事をしているかどうか、転職や副業をすべきかを考えるうえで、非常に重要な参考値となります。

年収-時給早見表

まずは結論から。とにかくシンプルに自分の年収の時給を考えるなら、まずは、以下を考えてみればOKです。

労働基準法をもとにした年収・時給早見表

早見換算では、年収の1/2000が時給 ※理由は後述

年収400万円なら、時給2000円
年収500万円なら、時給2500円
年収600万円なら、時給3000円
年収700万円なら、時給3500円
年収800万円なら、時給4000円
年収900万円なら、時給4500円
年収1000万円なら、時給5000円
年収2000万円なら、時給10000円

年収⇒時給換算の計算根拠

上記の年収⇒時給換算は、労働基準法の1週間の労働時間をベースに割り出したものです。

労働基準法では、1週間の労働時間を原則として40時間と計算しています。
これは、週休2日だとすると、1日8時間労働に相当します。

この場合、年間総労働時間=52週×40時間=2080時間。
ただし、通常、年末年始や夏季休暇などの休みもありますよね。

そこで、端数の80時間=8時間×10日を年間の有給休暇とすれば、年間の労働時間=2000時間となります。この時間をもとに、時給=年収/2000時間 が導かれるわけです。

ちなみに、サラリーマンの平均年収は441万円を時給換算すると、平均時給は2205円となりますね。

給料

残業を考慮すれば、時給は悪くなる

気を付けるべき、上記計算では残業は考慮していない点です。残業が多い人は、当然のことながら時給はもっと悪くなります。

残業毎日2時間時の年収-時給早見表

仮に、毎日2時間の残業をしている場合を考えてみましょう。
すると、年間の就業時間=10時間×5日×52週=2600時間 です。
ここから有給10日=80時間を除くと、2520時間となります。

これをもとに、再度、年収の時給換算を行うと各年収の時給相当額は以下のようになります。
毎日2時間の残業が当たり前の場合、約20%時給が悪化することになります。減額幅が大きいですね・・・

毎日2時間残業をした場合の年収・時給早見表

年収400万円なら、時給1587円
年収500万円なら、時給1984円
年収600万円なら、時給2380円
年収700万円なら、時給2778円
年収800万円なら、時給3175円
年収900万円なら、時給3571円
年収1000万円なら、時給3968円
年収2000万円なら、時給7937円

会社員の手取り~実際には時給分は手元に残らない

上記の通り、残業した分、あなたの時給は下がります。
ただ、もう一つ考えておかなければならないのは、上記は、あくまで年収を労働時間で割った時間だということです。実際には、税金や社会保障費が差し引かれて振り込まれる(手取り)ため、手元に残るお金はもっと少なくなります。

会社員の年収と手取り

会社員の手取り額を物凄く乱暴にざっくり示すと以下のようになります。(実際は、家族構成などにより変動します。あくまでも参考値とお考え、大きく手元に残るお金が減るということを認識してください。

年収と手取り額

年収600万なら、手取り440万円
年収1,000万なら、手取り700万円
年収1,500万なら、手取り970万円
年収2,000万なら、手取り1,250万円
年収3,000万なら、手取り1,750万円

会社員でも実施できる節税方法

会社員ができる節税は限定的ですが、手元に残るお金を増やすために、最低限でも会社員は以下の節税を行うことが大事です。年末調整や確定申告で申請することで還付が受けられる可能性が高まります。以下、節税に当たっての参考情報ですので、何もできていない人は対策ください。

仕事の効率化を図り、残業しないよう努力を!

上記の通り、毎日残業2時間した場合、年収5000万円でも時給は2000円を下回ることになります。
これでは、増税、社会保険料の負担増が続く中においては、石川啄木が歌集「一握の砂」で読んだ短歌「働けど働けど猶わが生活(暮らし)楽にならざりぢっと手を見る」のごとく、生活苦は改善してきませんね…

だからこそ、仕事を効率化する努力が必要です。長く働くことに価値がある訳ではありません。生産性を上げて浮いた時間を別のことに投資(勉強・副業・家族との時間など)することが大事です。

「今、ここ1時間にやったことの価値」を日常生活で意識しよう

自分の時給を意識すると、「今、この1時間の仕事が果たして時給以上の価値あることなのか?」を自分なりに判断できます。無駄なことに時間を費やしていないか、自分の時間の使い方を考えてみましょう。

以下で、効率をUPするためのヒントが学べる本を紹介します。どれも、読みやすくてサクサク読めます。

将来の自分にプラスなることをしよう(副業よりもすぐにできること)

さて、将来の自分にプラスになることを始めようと思っても、何を始めたらいいのか?

副業といったって、すぐに始めるのは大変です。しかし、以下ならすぐ/短期間に着手できます。
今すぐ始めるか、後でやろうとそのままにするかは、10年、20年後の大きな差に確実に現れます。

1.家計の見直し
2.投資

家計の見直し

まず、すぐにできることは、無駄に使っていた時間を使って、家計の見直しを行うことです。

以下の記事では、参考まで、私chamiは以下の方法で家計の効率化を図っています。

投資

投資も比較的簡単に始められることの一つです。

いきなり投資といっても投資資金がない場合もあるでしょう。
そんな時は、月1万円から始める「積立投資」でもいいのです。
積立投資は最初に仕組み化さえしてしまえば、後は勝手に自動で積立をしてくれます。

特にオススメの投資は、個人型確定拠出年金iDeCoです。
iDeCoはサラリーマンなら、始めればその年から得をします(所得税が安くなります)。

知らない方はまずは、以下を読んで勉強してみては如何でしょうか。