【書評】お金をかけない「老後の楽しみ方」(保坂 隆 著)(★3)

老後の不安にお金のことを第一に挙げる人が多い。

ではいくらあるか不安がなくなるのですか? との問いに答えられる人はいくらいるでしょうか?

不安だと思うから不安になる。それが「不安の正体」です。必要以上に不安になると人生損をします。

本書、お金をかけない「老後の楽しみ方」は、いわゆる節約本ではありません。
人生の後半戦を迎える世代に、心を豊かにするお金の使い方、生き方を提案する一冊。

節約は「自分らしさ」を追求するための、奥深い知性であり、必要なものだけがある暮らし、或いは、あるものだけで満ち足りた暮らしをするための気づきを与えてくれます。

今、老後を過ごす人たち

現在、高齢者の中心になっている層は、戦後の高度成長期を引っ張ってきた団塊の世代、或いは、その少し前の世代です。

彼らは「消費」は美徳だった時代を生きた世代であり、結果、消費することで幸福感を感じてきた世代です。

しかし、老後を迎えた今、「消費は美徳」から「節約を美徳」へと価値観を変えていくことが必要です。

老いてからの「節約」とは?

リタイア生活になると、通常、収入は「年金」のみ。働いていた時代のような収入はなくなるわけですから、お金の不安を感じやすくなります。

しかしです。

人生は案外うまくできていて、歳をとりお金を稼ぐ力が小さくなってくるころには、必要なお金も徐々に減ってくるものです。

人生の後半戦になって目指す節約生活とは、「自分らしいお金の使い方」を追求することです。
お金の使い方に自分なりの価値観で優先順位をつけ、順位の高くないものにはできるだけ出費を抑え、その分を優先順位の高いものに振り分ける。そんな自分らしい節約であれば、お金をかけずに老後を楽しめるのではないでしょうか。

節約はみすぼらしいことではない

節約生活というと、みみっちいみすぼらしい暮らしを想像する方もいるかもしれません。

しかし、それは違います。

目指すのは無駄をそぎ落としていく暮らし。より具体的に言うなら、「もったいない」と言う気持ちを取り戻していく、日本人らしい品性のある暮らしです。所有欲、物欲から解放されると心身がすっきり軽くなります。

生きていくために必要なものはそんなにない

では、経済的な不安をどう乗り越えるのか?

一つの方法は、定年を前に、生活のダウンサイジングを実施することです。
我々は多くのものに囲まれて暮らしていますが、人が生きていくにはそれほどたくさんのものは必要ありません。それがわかると将来への不安は徐々に薄らぎます。

どんなに追い詰められた状態でも、人生そこで終わりと言うことはありません。人生は必ずその先へ、先へと続いていきます。何とかなっていくのです。

年齢を重ねたら、私について深く考える時間を持つ

老後は、会社員だった時と違い時間はたっぷりあります。安らかな最期を迎えるためにも、自分について深く考える時間を持つことが大事。
エンディングノートを活用し、自分の最後に臨むことや残された遺族が困らない情報をまとめておくことが大切です。

例えば、病気になったとき延命治療を望むのか、遺族にどんな葬式でともらってもらいたいのかなど、残された人のことも考えて、自分なりに調べたり考えたりしてみるべきです。そして、時々、エンディングノートに書いたことを配偶者や子供たちに話しておきましょう

葬儀の一括見積もり で葬儀代を調べてみる
50代が老後を考えるなら「定年後設計スクール体験学習会」で学んでみる

少なくとも子どもたちは、親に対して、病気に際しどんな治療を望むのか、どの程度の葬式をあげてほしいのか、自分から切り出して話をするのはしにくいものです。
遺族のためにも、自分の死に対する備えを行いましょう。