キャッシュレスな米国。9日間のアメリカ出張で"現金払い"をしたのは1回のみ
▼シェア&フォローする▼

昨日、無事、アメリカ出張から帰ってきました。いや~、長いフライトに疲れました。

渡米日数9日間ともなると、食事、移動など、日々の支払いは必須。でも、今回、アメリカ出張でChamiが現金(紙幣、コイン)で支払った回数は何と1回。クレジットカード払いができなかったタクシー1回のみ。その他支払は、コンビニでの水1本の購入すらクレジットカードです。

慣れない海外での困りごとの大きな悩みごとの一つは「支払」です。かつては、合計額〇円ですと言われても、すぐに紙幣とコインが用意できず、レジ前で焦ることがありましたが、今はそんな心配はなし。クレジットカードなら、税金を含めた支払金額が聞き取れなくても、クレジットカード端末で金額を確認して、暗証番号を入力すれば、カンタン決済が可能です。

日本ではどこでも使える「JCB」カードは×。「VISA」か「Master」カードが必須

私の現在のメインクレジットカードは2.0%の高還元率カード「リクルートプラスカード(JCB)」。年会費無料のリクルートカード還元率1.2%あり、数ある無料クレジットカードの中でも、最高レベルのお得度を誇ります。

しかし、JCBブランドのカードは、海外旅行・海外出張・海外サイトでのショッピングでの使用に非常に弱く、支払に利用できないこと多々です。特にヨーロッパの場合は使えないことが結構あります。

アメリカ、ヨーロッパ、アジアを問わず、海外旅行・出張をされるなら、JCBカード以外にVISAかMasterブランドのカードを必ず持っていきましょう。

年会費無料な高還元率カードでVISA、Masterカードを作ろう

現在、メインのクレジットカードがJCBブランドの方は、サブカードとして年会費無料のクレジットカードを作りましょう。

既に、VISA、Masterカードをお持ちの方でも、磁気トラブル、暗証番号打ち間違えロックなどに備えることを考えるなら、もう一枚、年会費無料のクレジットカードを用意した方が安心です。

サブカードに最適な年会費無料な高還元率カードのキャンペーンは以下の通り。
サブでなくメインカードとしてもお得です。
各社、お得な入会キャンペーンを常に実施していますから、うまく活用しましょう。

年会費無料でお得なクレジットカード

絶対持つべきおすすめクレジットカード

私の目下のメインカードは「LINEカード」。
還元率3%でマジで、ザクザクポイント貯まる!
使い倒してわかったお得な利用法はこちらで解説
chami
chami
カード還元率
年会費
ポイント交換先
特徴
No.1!

Visa LINE Payカード
(LINEカード)

期限付き
3.0%還元

初年度無料
2年目以降、1回の使用で無料

LINEポイント

より詳細を確認

  • 2021年4月30日まで&LINE Payアカウントへのクレジットカード登録が必須という条件があるものの、ポイント3%還元率は最強
  • 年会費は初年度無料。2年目以降は1回の使用で無料になるので、実質年会費無料
  • 積極利用でポイントランクがUP。チャージポイントやクーポン特典がUP
  • LINE証券でのポイント投資にも利用可能
  • マイナポイント対応
リクルートカード

リクルートカード

1.2%還元

年会費無料

Pontaポイント

  • ポイント還元率が最高クラス
  • Pontaポイント、JALマイルに変更可能
  • au PAY×Pontaカードでポイント2重取り可能
  • リクルート系のサービスで高いポイント!
  • 電子マネーへのチャージでポイントがたまる
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイに対応
楽天カード

1.0%還元

年会費無料

楽天ポイント

より詳細を確認

  • 楽天サービス理由でポイント還元率がどんどん上がる(最大30%
  • 楽天ふるさと納税での寄付にもポイント使える
  • 楽天証券でのポイント投資が可能
  • プリペイド型電子マネー「楽天Edy」搭載
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイも対応
  • マイナポイント対応
dカード

1.0%還元

年会費無料

dポイント
Pontaポイント
JAL

  • ドコモユーザ以外でもメリットが大きく、キャンペーン多数
  • d払いの支払い方法をdカードに設定すると、dポイントが2重もらえる
  • 日興フロッギー+ docomo」「THEO+ docomo」でポイント投資が可能
  • 電子マネーiDを搭載
  • スマホ決済:Apple Payに対応
  • マイナポイント対応

プリペイド式でもOKなら、もっとお得!「マネパカード」

また、クレジットカードでなく、プリペード式でもよい方にお勧めしたいのは、国内・国外両利用可能なプリペードカードのマネパカード
還元率的には、こちらの方が断然お得で、外貨が安い時にプリペイドをしておけば、さらに安く支払いができます。詳細は以下のカードでご確認を!

同じ支出をするなら、より賢い支払いをしましょう!是非、上記カードを活用してください!