▼シェア&フォローする▼

以前から危惧していた、名前・住所をはじめとする個人情報が記載されたはがき・封書・書類の破棄

最近は、プリンターで印刷することが大幅に減っているので、紙ごみと言えば、住所・名前の入った郵便物が多いですが、2~3月はe-taxで確定申告書類を提出する前の確認印刷が増え、その処分に困ります。

そこで、今年は2月に家庭用のマイクロカットシュレッダーを購入ました。

使用期間は2カ月ほどですが、なんでもっと早く買わなかったのか!と思うほど、満足。すぐに書類ごみが破棄できるようになったので、デスク回り・部屋ががきれいに保てるようになっただけでなく、(すぐに破棄しないが故に必要だった)書類探しのための時間も大きく削減されました。

今回は、私が導入した、Amazonでも人気が高い家庭用マイクロカットシュレッダー「アイリスオーヤマP3GM」を紹介します。

家庭用マイクロカットシュレッダー「アイリスオーヤマP3GM」

w90
w90

商品名      :アイリスオーヤマ 細密シュレッダー P3GM
サイズ      :幅約32.1×奥行約16.9×高さ約35cm
重量       :3.7 kg
ダストボックス容量:8.9 L(A4コピー用紙120枚
定格細断枚数   :A4コピー用紙3枚
裁断方式     :マイクロクロスカット(2×11mm)
細断速度     :2.5m/分

商品の作りは以下写真の分解図の通り、極めてシンプルです。刃とダストボックス部分に簡単に分離します。

「アイリスオーヤマP3GM」を選んだ動機・使った感想

商品選択の基準

いくら家庭用だとはいっても、手動で裁断するタイプはパス。いらないものをすぐ捨てて部屋・デスクをきれいに保ちたい私には不向きなので、迷わず、自動裁断できる電動シュレッダーを選びました。

その他、シュレッダー選定の優先度は以下のような感じです。

シュレッダー選定の優先度

❶予算(高価過ぎない)
❷カットサイズ(セキュリティ性が高いマイクロクロスカット式、一択)
❸大きさ(設置場所から考慮)
❹欲しい処理能力(同時裁断枚数と裁断速度)
❺ダストボックス容量(ゴミ捨て回数の削減)
❻Amazonで売れている(Amazon人気ランキング上位品)

使ってみた感想:メリット

非常に価格と性能のバランスがいいです。5,000円もしない商品なのに、非常に微細に裁断してくれるので、文字は読めません。情報が十分守れます。

微細にカットされる分、ゴミ同士の隙間が少ないので、ごみが貯まるスピードも遅く、ゴミ捨て回数が減らせるので助かります。

コンパクトなので、デスク脇に設置して使っていますが、いらないプリントゴミはもちろん、住所・名前など多数の個人情報が入った保管不要なハガキ・封書も棚に置いてしまわずにすぐにシュレッドする習慣がついたので、デスク回りに紙類が貯まりにくくなりました。

この「紙ゴミ捨て習慣」に成功したのが最大の満足ポイントです。

デメリットは裁断音

ただ、不満ポイントがないわけではありません。正直、裁断音はうるさいです。ただ、コピー用紙や封筒サイズをカットする時間は短いので、しょうがないとあきらめました。

最後に

今回は、買ってよかった商品 家庭用マイクロカットシュレッダー「アイリスオーヤマP3GM」を紹介しました。

便利なものは少し自己投資して購入する方が、仕事効率・人生満足度が上がると改めて実感しました。お金の節約ばかりがいいとは限りません。

ちなみに同じく2月に6年以上乗った自転車を近所のショップで買い換えました。自転車登録・古い自転車の破棄含めて、税込み3万円程度のママチャリですが、驚くほど、脚力少なく自転車移動ができるようになりました。

スマホ、PCなどは買い替えで、なんで我慢して使っていたんだ!と毎回思いますが、あまり進歩を感じないように見える製品も技術革新していることを改めて実感。適切な時期の買い替えの重要性を改めて感じた次第です。