MetaMask(メタマスク)に新しいチェーン(BSC, Fantom, Polygon, Heco, xDai, Avalanche)を設定する方法【まとめ】
▼シェア&フォローする▼

広がりを見せる仮想通貨のブロックチェーンの種類。

私の仮想通貨 DeFi運用資産も、Ethereum、BSCの2大チェーンを経て、Fantom、Polygon などへの分散が進んでいます。

これら異なるチェーンでの運用を行うに当たって必須ともいえるのが、Google Chromeのアプリ(プラグイン)として利用できるデスクトップウォレット「Metamask(メタマスク)
もともとはEthereumウォレットとして機能していましたが、それ以外のチェーンも簡単な追加設定で接続が可能です。

そこで、今回は、MetamaskにBSC、Fantom、Polygon、Heco、xDai、Avalanche、Harmony他のチェーンを設定するための設定値をまとめて紹介します。

また、異なるチェーン間での資金移動(ブリッジ)に便利なサイトも紹介します。

楽天ふるさと納税もポイントUP対象

セールをよりお得に【利用術】

MetaMask(メタマスク)でチェーン(ネットワーク)を追加する方法

MetaMask(メタマスク)でチェーン(ネットワーク)を追加する方法

DeFi運用には必須と言えるMetamask(メタマスク)。

以下では、Metamaskのインストール・使い方について簡単に紹介したうえで、新しいチェーンを追加する設定方法を解説します。

【初期設定】Metamaskのインストール・基本的な使い方

今回は、既にMetamaskのインストールされている方ことを前提に話を進めますが、簡単に初期設定について紹介します。

MetaMaskは公式ページからダウンロードが可能です。現在、Chrome、Firefox、Brave、Edgeに対応していますが、最もよく使われているのがChromeで、Chromeの拡張機能に追加するだけで簡単にインストールができます。

MetaMask(メタマスク)のインストール方法・基本的な使い方については、choincheckのサイトで詳細解説されているので、参考にしてください。

MetaMaskに新しいチェーンを追加する方法

今回は、BSC、Fantom、Polygon、Heco、xDai、Avalancheの接続設定について紹介しますが、どのチェーンにつなげる場合も、設定の流れは同じです。

❶Chromeの右上の拡張機能メニューの中から「Metamaskアイコン(🦊マーク)」に続けて「Ethereumメインネットワーク」をクリックし、プルダウンリストにある「カスタムRPC」をクリックします。

MetaMaskに新しいチェーン(
BSC/Fantom/Polygon/Heco/xDai/Avalancheなど)を追加する方法

❷新しいネットワークの追加画面が表示されます。
ここでNetwork NameやNew RPC URLなど、チェーンごとに異なる5つの設定値(後述)を入力し、「保存」ボタンを押せば、新しいチェーンの設定は完了します。

MetaMaskに新しいチェーン(
BSC/Fantom/Polygon/Heco/xDai/Avalancheなど)を追加する方法

❸ここまで完了すれば、再び❶の画面の「Metamaskアイコン(🦊マーク)」をクリック後、プルダウンメニューから接続したいチェーンをクリックすれば、接続が実行されます。

簡単ですね。

各チェーン(ネットワーク)の設定内容

ここからは、具体的な各チェーンの設定値を紹介します。
以下の設置値を、前節の❷の画面にて入力してください。

BSC(Binance Smart Chain)の設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Smart Chain
新しいRPC URLhttps://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID56
シンボルBNB
ブロックエクスプローラーURLhttps://bscscan.com
参考ページBinance Academy – メタマスクのバイナンススマートチェーンへの接続方法

Fantomの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Fantom Opera
新しいRPC URLhttps://rpcapi.fantom.network/
チェーンID250
シンボルFTM
ブロックエクスプローラーURLhttps://ftmscan.com/
参考ページFantom – Set up Metamask

Polygon(Matic)の設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Matic Mainnet
新しいRPC URLhttps://rpc-mainnet.maticvigil.com/
チェーンID137
シンボルMATIC
ブロックエクスプローラーURLhttps://explorer.matic.network/
参考ページMatic – Config Matic on Metamask

利用開始直後からすぐに必要となる少量のガス代 0.001 MATICをタダで入手する方法は以下の記事にてご確認を。

Heco(Huobi Eco Chain)の設定値

設定項目設定値
ネットワーク名heco-mainnet
新しいRPC URLhttps://http-mainnet-node.huobichain.com
チェーンID128
シンボルHT
ブロックエクスプローラーURLhttps://hecoinfo.com
参考ページHuobi ECO Chain

Huobi ECO Chainの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名heco-mainnet
新しいRPC URLhttps://http-mainnet-node.huobichain.com
チェーンID128
シンボルHT
ブロックエクスプローラーURLhttps://hecoinfo.com
参考ページMatic – Config Matic on Metamask

xDaiの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名xDai
新しいRPC URL https://rpc.xdaichain.com/
チェーンID0x64
シンボルxDai
ブロックエクスプローラーURLhttps://blockscout.com/xdai/mainnet
参考ページxDai – Metamask Setup

Avalanche C-Chainの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Avalanche Mainnet C-Chain
新しいRPC URLhttps://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
チェーンID0xa86a
シンボルAVAX
ブロックエクスプローラーURLhttps://cchain.explorer.avax.network/
参考ページAdd Avalanche to MetaMask Programmatically

Harmony Mainnetの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Harmony Mainnet
新しいRPC URLhttps://api.harmony.one
チェーンID1666600000
シンボルONE
ブロックエクスプローラーURLhttps://explorer.harmony.one/
参考ページHarmony – MetaMask

Arbitrum Oneの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Arb1
新しいRPC URLhttps://arb1.arbitrum.io/rpc
チェーンID42161
シンボルETH
ブロックエクスプローラーURLhttps://arbiscan.io
参考ページARBITRUM BRIDGE TUTORIAL

Arbitrumは、2021年9月にイーサリアムメインネットにローンチしたL2(Layer 2)プロジェクトです。Arbitrumを使うと、超絶高いイーサリアムメインネットでのガス代を大きく抑えることができます。

Arbitrumの利用方法の始め方:送金

上記設定が終ったら、
ArbitrumのBridgeページにアクセス
❷表示されるアイコンからMetamaskを接続
❸イーサリアムチェーンから、ArbitrumにETHなどを送金
することで、本チェーン上での取引ができるようになります。

Arbitrumの利用方法の始め方:各プロジェクトでの利用(スワップなど)

ここまで設定が終れば、例えば、Uniswapでスワップをしたいとき、Metamaskの接続先を「Airbtrum」するだけです。これで、大幅にガス代を抑えることができます。
Aibitrumで利用可能なプロジェクトを確認  ※たくさんあります

Godwoken Polyjuice Mainnetの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Godwoken Polyjuice Mainnet
新しいRPC URLhttps://mainnet.godwoken.io/rpc/eth-wallet
チェーンID71394
シンボルCKB
ブロックエクスプローラーURLhttps://www.layerview.io/
参考ページGodwoken Public Networks

Cronos Mainnetの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Cronos
新しいRPC URLhttps://evm-cronos.crypto.org
チェーンID25
シンボルCRO
ブロックエクスプローラーURLhttps://cronos.crypto.org/explorer/
参考ページSetting up Metamask for Cronos — Crypto.org EVM chain

CronosはCrypto.comによって開発されたブロックチェーンネットワーク。トークンは「CRO」で時価総額は18位です(2022年4月11日時点)。
従来は、Crypto.comのユーティリティトークンとして始まりましたが、2022年2月18日に 「Crypto.com coin」から「Cronos(CRO)」に名称変更されました。
Crypto.comはスイスの仮想通貨取引所で、取引はもちろん、lendingやstakingも可能です。

DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)、メタバース(仮想空間)といった領域での活用が期待されてます。

2022年9月に上場の通貨をMove To Earnで稼ごう!

健康・ダイエットしながら稼げる 動いて稼ぐ「Move to Earn
初期費用0円で始められるMove to Earnアプリ「Sweatcoin(スェットコイン)を始めよう。
アプリ導入から、稼ぎ方、Walletの準備の仕方まで、まとめて紹介!

異なるチェーン間のブリッジ・スワップに便利:Rengo Exchange

異なるチェーン間のブリッジ・スワップに便利:Rengo Exchange

複数のブロックチェーンネットワークでの運用などを行うと、必要になるチェーン間の資金移動(ブリッジ)
Binanceのような取引所から送金する方法もありますが、既に各チェーンにある資金をチェーン間で移動させて利用したいという方も多いのではないでしょうか。しかし、チェーン間移動のルートを探したりするのはなかなか面倒です。

その中でも多数のチェーン間でのクロスブリッジ・スワップができる神サービスがRango.Exchangeです。

Rengo Exchangeでできること

異なるチェーン間のブリッジ・スワップに便利:Rengo Exchange

Rengo Exchangeを利用すると、簡単操作でETH, BSC, Polygon, Terra, Harmony, Fanton, Arbitrum, sifchain, Osmasis, Avax-Cなどのチェーン間でのブリッジ・スワップが可能です。

ベストレートでブリッジ・スワップができるルートを探して提示してくれます。

Rengo Exchangeの使い方

使い方はとても簡単です。

Rango.Exchangeにアクセスし、
❷MetaMaskなどのウォレットを接続し、
❸移動元と移動先のネットワークとトークンを設定して、
❹スワップする

これだけです。

サイトにアクセスし、ウォレットを接続すると、自分が各ネットワーク上に保有しているトークンが表示されます。そこから、移動したい資金を探せるので便利です。

下図は、Ethネットワーク上にある100 $USDTを Fantomネットワーク上にスワップする設定をした画面です。
移動元と移動先を入力すれば、そのブリッジ・スワップルートも表示してくれます。

Rengo Exchangeの使い方

動画で操作方法を確認したい方は以下でご確認を。
動画だけで英語の解説はありませんので、英語が苦手な方もどうぞ。

最後に

今回は、MetaMask(メタマスク)における各種チェーンの設定内容について紹介しました。

新しいパソコンを購入して、MetaMaskの再設定が必要になった場合など、「MetaMaskの復元方法」「MetaMaskの削除方法」、以下の記事にてご確認を。

DeFiが初めてという方は、以下の記事で、DeFiの参考本を紹介しています。

なお、運用するネットワーク数が増えてくると、どうしても自身の仮想通貨の資産管理、運用状況の把握が難しくなってきます。
全チェーン・全トークンに対応しているわけではありませんが、ポートフォリオ可視化ツール「ApeBoard」を使うと、ETH/BSC/TERRA/Solana/polygonの5つのチェーン異なるチェーン上のトークンを一括資産管理できます。利用は無料です。