MetaMask(メタマスク)に新しいチェーン(BSC, Fantom, Polygon, Heco, xDai, Avalanche)を設定する方法【まとめ】
▼シェア&フォローする▼

広がりを見せる仮想通貨のブロックチェーンの種類。

私の仮想通貨 DeFi運用資産も、Ethereum、BSCの2大チェーンを経て、Fantom、Polygon などへの分散が進んでいます。

これら異なるチェーンでの運用を行うに当たって必須ともいえるのが、Google Chromeのアプリ(プラグイン)として利用できるデスクトップウォレット「Metamask(メタマスク)
もともとはEthereumウォレットとして機能していましたが、それ以外のチェーンも簡単な追加設定で接続が可能です。

そこで、今回は、MetamaskにBSC、Fantom、Polygon、Heco、xDai、Avalancheの各チェーンを設定するための設定値をまとめて紹介します。

MetaMask(メタマスク)でチェーン(ネットワーク)を追加する方法

DeFi運用には必須と言えるMetamask(メタマスク)。

以下では、Metamaskのインストール・使い方について簡単に紹介したうえで、新しいチェーンを追加する設定方法を解説します。

【初期設定】Metamaskのインストール・基本的な使い方

今回は、既にMetamaskのインストールされている方ことを前提に話を進めますが、簡単に初期設定について紹介します。

MetaMaskは公式ページからダウンロードが可能です。現在、Chrome、Firefox、Brave、Edgeに対応していますが、最もよく使われているのがChromeで、Chromeの拡張機能に追加するだけで簡単にインストールができます。

MetaMask(メタマスク)のインストール方法・基本的な使い方については、choincheckのサイトで詳細解説されているので、参考にしてください。

MetaMaskに新しいチェーンを追加する方法

今回は、BSC、Fantom、Polygon、Heco、xDai、Avalancheの接続設定について紹介しますが、どのチェーンにつなげる場合も、設定の流れは同じです。

❶Chromeの右上の拡張機能メニューの中から「Metamaskアイコン(🦊マーク)」に続けて「Ethereumメインネットワーク」をクリックし、プルダウンリストにある「カスタムRPC」をクリックします。

MetaMaskに新しいチェーン(
BSC/Fantom/Polygon/Heco/xDai/Avalancheなど)を追加する方法

❷新しいネットワークの追加画面が表示されます。
ここでNetwork NameやNew RPC URLなど、チェーンごとに異なる5つの設定値(後述)を入力し、「保存」ボタンを押せば、新しいチェーンの設定は完了します。

MetaMaskに新しいチェーン(
BSC/Fantom/Polygon/Heco/xDai/Avalancheなど)を追加する方法

❸ここまで完了すれば、再び❶の画面の「Metamaskアイコン(🦊マーク)」をクリック後、プルダウンメニューから接続したいチェーンをクリックすれば、接続が実行されます。

簡単ですね。

各チェーン(ネットワーク)の設定内容

ここからは、具体的な各チェーンの設定値を紹介します。
以下の設置値を、前節の❷の画面にて入力してください。

BSC(Binance Smart Chain)の設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Smart Chain
新しいRPC URLhttps://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID56
シンボルBNB
ブロックエクスプローラーURLhttps://bscscan.com
参考ページBinance Academy – メタマスクのバイナンススマートチェーンへの接続方法

Fantomの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Fantom Opera
新しいRPC URLhttps://rpcapi.fantom.network/
チェーンID250
シンボルFTM
ブロックエクスプローラーURLhttps://ftmscan.com/
参考ページFantom – Set up Metamask

Polygon(Matic)の設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Matic Mainnet
新しいRPC URLhttps://rpc-mainnet.maticvigil.com/
チェーンID137
シンボルMATIC
ブロックエクスプローラーURLhttps://explorer.matic.network/
参考ページMatic – Config Matic on Metamask

ガス代をタダで手に入れる
利用開始直後からすぐに必要となる少量のガス代 0.001 MATICをタダで入手する方法は以下の記事にてご確認を。

Heco(Huobi Eco Chain)の設定値

設定項目設定値
ネットワーク名heco-mainnet
新しいRPC URLhttps://http-mainnet-node.huobichain.com
チェーンID128
シンボルHT
ブロックエクスプローラーURLhttps://hecoinfo.com
参考ページHuobi ECO Chain

Huobi ECO Chainの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名heco-mainnet
新しいRPC URLhttps://http-mainnet-node.huobichain.com
チェーンID128
シンボルHT
ブロックエクスプローラーURLhttps://hecoinfo.com
参考ページMatic – Config Matic on Metamask

xDaiの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名xDai
新しいRPC URL https://rpc.xdaichain.com/
チェーンID0x64
シンボルxDai
ブロックエクスプローラーURLhttps://blockscout.com/xdai/mainnet
参考ページxDai – Metamask Setup

Avalanche C-Chainの設定値

設定項目設定値
ネットワーク名Avalanche Mainnet C-Chain
新しいRPC URLhttps://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
チェーンID0xa86a
シンボルAVAX
ブロックエクスプローラーURLhttps://cchain.explorer.avax.network/
参考ページAvalanche – Add Avalanche to MetaMask Programmatically

最後に

今回は、MetaMask(メタマスク)における各種チェーンの設定内容について紹介しました。

なお、運用するネットワーク数が増えてくると、どうしても自身の仮想通貨の資産管理、運用状況の把握が難しくなってきます。
全チェーン・全トークンに対応しているわけではありませんが、ポートフォリオ可視化ツール「ApeBoard」を使うと、ETH/BSC/TERRA/Solana/polygonの5つのチェーン異なるチェーン上のトークンを一括資産管理できます。利用は無料です。