横須賀の旅、2日目は東京湾唯一の無人島猿島へ。
船乗り場のある三笠公園では、横須賀カレーフェスティバルが開催されており、賑わっていました。

豊かな自然と歴史遺産が残る無人島「猿島」へ

夜が明けて翌日。横須賀旅の目的であった猿島へ。

猿島行きの船着き場は三笠公園内にあり、乗船10分程で島に到着します。私が宿泊したホテルニューヨコスカからは15分程度です。

船は毎日8:30~17:30まで1時間ごとに1本、出航しています。

料金は、往復+公園入場料込みで大人1,500円です。
私が訪れた6月19日は、はとバスツアーなどのツアー客、バーベキューを楽しむグループで大賑わいでした。

かつての軍の要塞跡が点在する猿島

猿島に到着後、島を散策して楽しみます。島をぐるっとまわっても1時間程、島内を楽しみました。

猿島はかつては軍の要塞として使用されていた島。そのため、島内にはかつて実際に使用されていた兵舎や弾薬庫などがそのまま残っています。ちなみにレンガ造りの旧要塞施設は「国史跡」に指定されているそうです。

猿島

猿島

レンガ造りのトンネルも見もの。気かなには旧軍の司令部跡や弾薬庫が設置されています。

猿島

猿島

猿島情報 TRYANGLE WEB

三笠公園ではよこすかカレーフェスティバルが開催

猿島を楽しんだ後は、再び、三笠公園へ。
三笠公園は、日露戦争で活躍し、世界三大記念艦の一つである「三笠」が楽しめる公園です。国の紋章入りの軍艦が停泊しています。

三笠公園

行ってみてわかったのですが、実は5月19日、20日は、よこすかカレーフェスティバルが開催。
横須賀軍艦カレーはもちろんのこと、全国の「ご当地カレー」が楽しめるフェスティバルです。

よこすか海軍カレー2種類と、横須賀海上自衛隊カレー2種類の計4種類のカレーを選んで食べることができる毎年恒例のカレーバイキングには、長蛇の列ができていました!

よこすかカレーフェスティバル

なかなかディープな街、横須賀。
都内から気軽に行けるので、足を運んでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す