▼シェア&フォローする▼

Kyashは国内外7,000万店以上のVisa加盟店での支払いで、買い物をするたびにポイントが最大1%還元されるプリペイドカードです。「クレカチャージ」+「Kyash支払い」を行うことで、ポイントの2重取りができるカードとして人気です。

カードの種類は3種類ありますが、利便性とポイントの貯まりやすさを考えると最上位のリアルカード「Kyash Card」を利用するのがおすすめ。カード発行に900円がかかりますが、これを実質無料化する方法があるので、合わせて解説します。

Kyashカードの特徴

お得にKyashを口座開設する方法

メインカードにプラスで3重取りが可能

Kyashは、高還元率クレジットカード⇒Kyash Card(0.2%)⇒TOYOTA WALLET(1.0%)のルートを使うと、ポイント3重取りが簡単にできてしまうカードとして人気です。

出発地点となる「高還元率クレジットカード」をいかに組み合わせるかが、Kyash攻略にとって極めて大事です(後述)。

ポイント三重取りを実現!アプリダウンロード先

Kyash Card   :紹介で発行手数料900円が実質無料
TOYOTA WALLET:紹介でもれなく1,000円!(紹介コード:AATWZEC6)

3種類のカードの特徴:おすすめはKyash Card

Kyashには、カードの種類が3種類あります。年会費はいずれも無料です。
ポイントの貯まりやすさ、利用可能な決済(特に3Dセキュア対応)、利用額上限などの観点から最上位のリアルカード「Kyash Card」がお勧めです。

Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
おすすめおすすめ
ポイント還元
(kyashマネー)
1.0%0.5%0.5%
ポイント還元
(kyashバリュー)
0.2%0.2%0.2%
ポイント付与上限※1200pt600pt600pt
発行手数料900円
※実質無料化可能
300円無料
3Dセキュア決済××
決済国内外OK海外はオンラインのみ国内外ともオンラインのみ
1回当りの決済上限30万円5万円
本人確認済み:10万円
3万円
本人確認済み:10万円
月当りの決済上限100万円12万円5万円
特徴国内や海外のVisa加盟店で使える多機能なリアルカード。国内のVisa加盟店、海外のオンラインVisa加盟店で使えるリアルカード。本人確認不要で誰でもかんたんに申し込みできるが、本人認証(3Dセキュア)の有無などが必要な決済ができないオンライン、QUICPay+で使える、メールアドレスと携帯電話番号だけでアプリから1分で発行できて、すぐに利用できるカード

※Kyashバリューでの決済上限は3カードとも100ポイント

時々ポイントUPキャンペーンを開催

Kyashでは時々、決済でポイント還元キャンペーンを開催しています。2022年2~3月においても、利用で最大5%還元、最大3%還元が開催されました。
大きな買い物がある場合は、数千円のポイントを簡単に稼ぐことが可能です。私はこれらのキャンペーンを買い物利用に大いに利用させてもらっています。これだけでも利用価値があります。

これらのキャンペーンは、短期間で行われるため、キャンペーン告知を見てから口座準備をしていると間に合いません。まずは、Kyash口座を開設してくことが大事です。

Kyash Cardのカード発行手数料を実質タダにする方法

上述の表にあるように、最上位のリアルカード「Kyash Card」を作る場合は、900円の発行手数料がかかります。
しかし、友達招待リンクを利用すると、銀行口座に入金した段階で900ポイントがもらえます。
この900ポイントを利用すれば、最上位のカード「Kyash Card」を作る際に必要な発行手数料900円を無料にできます。是非、この特典を利用して口座を開設しましょう。

Kyashの使い方:チャージ

Kyashの使い方

Kyashのへの残高チャージ

Kyashはプリペイドカードのため、Kyashをオンラインや実店舗で使うには、まず最初にKyashアプリに入金方法を登録し、「Kyash残高」にチャージをする必要があります。
チャージ方法(入金方法)は各種揃っています。

・銀行口座
クレジットカード
・デビットカード
・コンビニ(ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマート)
・セブン銀行ATM・銀行ATM(Pay-easy)
・Kyashポイントからのチャージ 他

クレジットカードは5枚まで登録可能

Kyashカードを利用するなら、最もお得なチャージ方法は「高還元率カードによるチャージ」です。これにより、支払いを実施するクレジットカードのポイントも獲得できます。

チャージ用としてKyashアプリに登録できるクレジットカードは最大5枚までなので、複数枚を登録し、カード会社それぞれが実施している「高還元キャンペーン」に合わせてチャージをすると、ポイント二重取りのペースも加速できます。

カード登録時は、アプリのウォレット画面下部にある「カードを登録」から、「本人名義のカード」の番号・有効期限・名義・セキュリティコードを入力することで登録ができます。なお、登録クレカは「24時間につき1枚のみ」なので、ご注意を。

登録が済めば、チャージは、「自動入金」と「手動入金(都度入金)」の方法を用いてチャージできます。100円以上・1円単位での入金が可能です。

Kyashカードチャージにおすすめのクレジットカード

Kyashカードチャージにおすすめのクレジットカード

Kyashに登録できるクレジットカード及びデビットカードの国際ブランドは、「Visa」「Mastercard」のいずれかです。また、日本国内発行、本人名義、有効期限内など条件を満たしたうえで、還元率がお得なカードを登録することが、ポイントを貯める近道です。

残念ながら、Kyashにチャージ可能なクレジットカードは減少中。ポイント二重取りをさせないためにKyashチャージではポイントが付かないように改悪するカードが続出しています。

これらを考慮したうえで、おすすめのKyashチャージ用クレジットカードを紹介します。

リクルートカード

リクルートカード""

年会費無料のカードの中でダントツの高還元率と言えば還元率1.2%の「リクルートカード」です。特別キャンペーンがなくとも、安定的にポイントが稼げます(常時チャージで1.2%リクルート㌽+0.2%Kyash㌽=合計1.4%還元)。

リクルートカードのメリット

基本還元率1.2%
・リクルートカード系サービス利用ならポイント還元率UP
 (ホットペッパービューテー、じゃらんなど)
・貯めるポイントはPontaポイント、dポイントから選べる    詳細
・ふるさと納税・税金などもしっかりポイント対象

私は旅行好きなので、じゃらんで旅行・宿予約するとポイント還元が最低でも+2%上乗せの3.2%になるのが嬉しい♪(楽天トラベル+楽天カードでは1%しかポイントがたまらない
もちろん、PontaポイントやPontaポイントを利用して支払うこともできます。

旅行によく行く人なら、「じゃらんステージプログラム」でさらにお特にポイントがたまります。また、ブロンズ以上の会員になれば、ステージ限定クーポンも利用できます。

エポスゴールドカード

eposcardゴールド

還元率を考えるなら検討してみたいのが、Kyashチャージで1.5%エポス㌽+0.2%Kyash㌽=合計1.7%還元が狙えるエポスゴールドカード

エポスゴールドカードは通常年会費5000円ですが、年間50万円以上利用すると翌年以降永年無料になるゴールドカード。しかも、年会費無料のエポスカード(還元率0.5%)を利用し、利用額が一定額に到達(~50万円以下との報告多数)になると、「エポスゴールドカード」の招待状が届いて、年会費無料でゴールドカード会員になることが可能。さらに、年間50万円以上の利用で2,500ポイント、年間100万円以上の利用なら10,000ポイントがそれぞれ通常ポイントに加算されるので、還元率が最大1.5%にUPします。

まずは、一般エポスカードで実績を作りたいですね。

三井住友カードゴールド(NL)

三井住友カード(NL) 三井住友カードゴールド(NL)

三井住友カード(NL)」は、ゴールドカードですが年会費無料。年間で100万円を達成すれば、その後は永年ゴールドカード会員になれるカードです。

こちらもエポスカード同様、基本還元率は0.5%ですが、年100万円以上利用すると、10,000円分のVポイント(1.0%相当)を得られるので、最大還元率が1.5%になります。
また、SBI証券のクレカ積立でポイント1%(月5万円までの積立で、年間6000Vポイント)になるので、さらに獲得できるポイントはUPします。

また、Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスでコンビニ3社+マクドナルドの還元率5%、家族カード利用でさらにポイントが付くなど、特典が多いクレジットカードです。

Kyash:貯めたポイントの貯め方、使い方

Kyash:貯めたポイントの貯め方、使い方

Kyashポイントの使い方

Kyash決済で還元されたKyashポイントは、「1ポイント=1円」として「残高へのチャージ」に使えます。
ポイントの有効期限は「最終購入日から180日間」です。
ポイントの残高へのチャージは、アプリ画面の「ポイント」で、チャージするポイント数を入力し、「入金」をタップすればいいだけで簡単です。

他サイトからポイント移行も可能

「warau」「ライフメディア」「.money」などで貯めたポイントは、Kyashポイントに交換が可能です。Kyashポイントにすれば、Visa加盟店で幅広く使えます。

Kyashポイントの貯め方と注意点

Kyashの決済は、通常のクレカ払いと同じです。ただし、注意をしたいのは、ポイントが還元されない支払いがある点です。以下は、ポイント対象外なので注意をしましょう。基本的に、現金相当の支払い、税金系の支払いなどには支払ポイントが付きません。

・交通機関での支払い(定期券・乗車券など)
・モバイルSuicaアプリでの購入やチャージ
・税金・公共料金・寄付の支払い
・現金同等物の購入(商品券・金券など)
・郵便局での支払い

最後に

今回は、ポイントの二重取りが簡単に実現するKyashの攻略方法を紹介しました。
ひと手間でポイントが貯められるので、是非、有効に利用しましょう!

ポイント三重取りを実現!アプリダウンロード先

Kyash Card   :紹介で発行手数料900円が実質無料
TOYOTA WALLET:紹介でもれなく1,000円!(紹介コード:AATWZEC6)