ICOに参加しようとすると、「プレセールに参加したかったら指定の日までにホワイトリストに登録してね。」というアナウンスをよく見かけます。
これ、何なのでしょうか?

ホワイトリストとは

皆さん、ブラックリストはご存知ですよね。

クレジットカードの返済が滞った場合や破産したときなど、事故/延滞情報として金融機関の個人信用情報に登録されてしまうことで、このリストに名前がのると「ブラックリストに載る」と言われます。つまり、ブラックリストは登録された人を排除する名簿です。

ホワイトリストはその逆。受け入れた人の登録名簿です。

ICOの場合は、プレセールの前に「ホワイトリストに登録してね」とアナウンスし、指定日までに登録した人だけにちょっとお得でトークンが購入できる権利を与えます。

ホワイトリストの意義

ホワイトリストでは名前、連絡先以外に、どのぐらい購入するかを確認されることがあります。

例えば以下は、先日私が行ったZILLAのプレセールのホワイトリストの申し込みフォームです。

投資用のETHの送金アドレスと、最大投資金額の記入を求められています。

これからプレセール/ICOを行う企業にとって、どのぐらいの人数でどのぐらい資金が集まりそうか事前にわかることは非常に重要なことです。たとえ、資金が集まったとしても、それが数人の投資家からの資金だとしたら、リスク分散ができませんし、何人が投資しているよといった情報開示場もよろしくありません。

また、購入用の送金アドレスを記載させることは、ウォレットを持っていない人に、先んじてウォレットを作ってもらったり、それを使いこなす方法を学習してもらったりする観点からも意味があるでしょう。

このようにホワイトリストは、より多くの人に投資してもらうためにも、有意義な制度です。また、ホワイト登録などのターゲット日を設けることは、メディア拡散のためにも、プラスに作用するでしょう。

Chamiが注目中のICOのプレセール 

コメントを残す