▼シェア&フォローする▼

【トラップリピートイフダン】(通称、トラリピ)で知られるマネースクェアジャパンの「Stock index チャネル」で興味深い放送がありましたのでご紹介です。

放送:「来週が、年2回の特殊な週の理由とは?」(Stock index チャンネル 2017/03/22)

年2回の特殊な週:3月と9月の最終週

上記放送によると、年2回の特殊な週とは、3月と9月の最終週
この週は、高確率でTOPIXが買い越しとなり、その規模は、毎回2000億円級と大きな買い需要です。

果たして、その理由は何でしょうか?

日本固有の買い需要:「配当の再投資」とは

理由は、「配当の再投資」と呼ばれる現象が起きるからです。

GPIFなどの公的年金など「配当込みのTOPIX」をベンチマークとして、巨額の資金を運用していますが、彼らにも3月期末、9月期末には多くの配当の権利(利回りで1%強)がつきます。※今年は3月28日(権利落ち29日)に当たります。

しかし、配当は、権利をとってもすぐには手元に入りません。3月の場合は、手元に振り込まれるのは5,6月頃です。

一方、ベンチマークは「配当込みのTOPIX」です。すると、配当落ちで指数との間に1%ほどの目減り(トラッキングエラー)が発生してしまいます。

彼らは、この配当が振り込まれるまでの期間、目減り分を埋める必要があります。その時に、彼らが買うのが、レバレッジがかけられる(投下資金が少なくて済む)TOPIX先物です。

これが時期だけ確実に発生する日本固有の買い需要、「配当の再投資」なのです。

目下、米株安、ドル高で、日経平均は下落中です。来週は、この反転が生じるのでしょうか?来週のマーケットに注目です。