海外旅行・出張時に注意!メインクレジットカードの国際ブランドを「JCB」にしているときのリスク・デメリット
▼シェア&フォローする▼

海外に出かけるとき必須ともいえるクレジットカード
今やショッピング、ホテル宿泊の支払いはもちろんのこと、数百円相当の電車代すらクレジットカードで支払いが可能です。

日本で知名度の高い国際ブランドカードといえばJCB(Japan Credit Bureau)。海外で使えるでしょうか?

結論からいうと、JCB1枚では危ないです。今回は、海外旅行・出張時に注意!メインクレジットカードの国際ブランドを「JCB」にしているときのリスク・デメリットを紹介します。

クレジットカードの「国際ブランド」とは何か

クレジットカードの「国際ブランド」とは何か

クレジットカード発行の際に、ちょっと戸惑う、クレジットカードの国際ブランド。VISA、MasterCardなど複数あり、なんとなく選んでいると思いますが、そもそも国際ブランドとはなんでしょうか?

クレジットカードの国際ブランドとは、世界中の国や地域で利用できるカード。例えば、VisaのマークがついているクレジットカードならVisa加盟店で、MastercardのマークならMastercard加盟店で利用が可能です。

国際ブランドのクレジットカードの中でも、3大ブランドといえば、 Visa、 Mastercard、JCB。加盟店・利用者数ともに、4番手以降の国際ブランドカード(アメリカン・エキスプレス(アメックス)、ダイナースクラブ など)を圧倒しています。

JCBカードのリスク・デメリット

JCBカードのリスク・デメリット

国内で使用する限り、不自由を感じることはありませんが、海外に行くとちょっと事情が違います。

結論から言うと、「使えない店・サービスも結構多い」のが現状です。個人的な印象では、ヨーロッパの決済には弱いように感じます。

JCBは加盟店を徐々に増やしてはいますが、JCBは日本国内ではVISA、MasterCard以上に加盟店が多いですが、海外を含めた加盟店数はVISA、MasterCardに及びません。

クレジット売上高世界シェア(2015年調査)

順位カードシェア加盟店数
1位

VISA58%4000万店舗以上
2位MasterCard28%4000万店舗以上
3位中国銀嶺10%1000万店舗以上
4位Amex3%2000万店舗以上
5位JCB1%2000万店舗以上

海外出国時にJCBカードしか持っていないと支払いができず困ることになるので、VISA/MasterCardも持っていくことが必須です。
年会費無料で高還元率のクレジットカードを作っておけば、負担もなく安心です。特にリクルートカードは高還元率でおすすめです。

絶対持つべきおすすめ年会費無料のクレジットカード

カード還元率
年会費
ポイント交換先
特徴
リクルートカード

リクルートカード

1.2%還元

年会費無料

Pontaポイント
dポイント

  • ポイント還元率が最高クラス
  • Pontaポイント、JALマイルに変更可能
  • au PAY×Pontaカードでポイント2重取り可能
  • au PAYふるさと納税で利用可能な㌽に高還元率返還可能
  • リクルート系のサービスで高いポイント!
  • 電子マネーへのチャージでポイントがたまる
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイに対応
楽天カード

1.0%還元

年会費無料

楽天ポイント

  • 楽天サービス理由でポイント還元率がどんどん上がる(最大30%
  • 楽天ふるさと納税での寄付にもポイント使える
  • 楽天証券でのポイント投資が可能
  • プリペイド型電子マネー「楽天Edy」搭載
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイも対応
dカード

1.0%還元

年会費無料

dポイント
Pontaポイント
JAL

  • ドコモユーザ以外でもメリットが大きく、キャンペーン多数
  • d払いの支払い方法をdカードに設定すると、dポイントが2重もらえる
  • 日興フロッギー+ docomo」「THEO+ docomo」でポイント投資が可能
  • 電子マネーiDを搭載
  • スマホ決済:Apple Payに対応

ちなみに、現在私が特典を見直しながらセレクトして使っているクレジットカードは以下の記事で紹介しています。

最後に

かつて、クレジットカードは、リボ払いや使いすぎ破産などの観点から、使わないことが奨励された時代もありました。リボ払いは使わないことを推奨しますが、1回払いなら断然利すべきです。

しかし、今は、キャッシュレス時代。現金払いの方が、もらえるポイントをみすみす見逃すなど、賢いとはいいがたい消費者です。

クレジットカードは正しくさえ使えば、ポイント還元があるなど、現金で支払うよりも圧倒的に得です。また、極力、現金払いを避け、クレジットカードで支払いをすれば、家計簿の代わりになります。
私は、家計簿アプリ「マネーフォワード」&しゃっしゅレス決済で、ほとんど家計簿を自分で入力することなく家計簿付けを実施しています。

また、キャッシュレスにするとお財布も小さくて済むなど、身軽に出かけられて便利です。

お金の賢い使い方も時代と共に変わるので、見直しを図っていきましょう。