憧れの高級時計を身につけながら、お金を増やす方法があった!

何十万円もする時計は、「人生の節目に自分に贈る特別なご褒美」とか、「金持ちのモノ」だと思っていませんか?

それは勘違いだと述べるのは著者の斉藤氏。
高級時計は不況などで価格が下がることがあっても、景気に連動して価格が回復してくる(下がっても上がってくる)故、賢く付き合えば、憧れの時計を身に着けながら、お金を増やすことも可能だと主張します。

高級腕時計の価格は景気に大きく連動するし、需給関係でプレミア価格がつくこともある。しかし、一度ブランド力が上がった銘柄であれば、一時的に不況などで価格が下がることがあっても、しっかり景気に連動して価格が回復するのです。
本書では、高級時計の価値のメカニズムと、投資用腕時計の選び方、買い方、売り方の初歩について紹介しています。

なぜ、不動産、車ではなく「高級時計」なのか

価値が残りやすいモノとは、「販売価格が高い」ことや「マニアックさ」がキー。
投資先の一つとして「車」があります、車検、自動車税などの維持費を考えると不適。また。不動産も事業であり手軽には始められません。しかし、腕時計なら維持費も税金もかからなく投資に向いています。

手堅く投資するならはロレックス&パテック・フィリップ

100年以上続く老舗のブランド品という価値に加え、ムーブメント(時計の駆動装置)から自社一貫製造するマニュファクチュール
但し、腕時計は為替や経済状況の影響を受けます。現時点においては、ロレックスやパテック・フィリップはアベノミクスの影響を受けて価格が上昇。それ故、今、購入しても利益を出すのは難しい。むしろ、こられの時計は今が売りどき。
一方、アベノミクス以後も値上がりしなかった時計は、これから上昇する可能性が高く、投資価値も高い可能性もあります。

損しないための注意点は

腕時計に限ったことではないですが、損をしないためには以下のことが大切です。
・流行りものを避ける
・円が安いと気を避ける(円が高いときに買う)
・景気が良い時を避ける

1998年から99年にかけて、ドラマ「ラブジェネレーション」で人気俳優キムタクがロレックスのエクスプローラーI 14270を着けていたことから、エクスプローラブームが起こりました。
定価34万8000円のエクスプローラーが“プレミア価格”で60万円まで上昇。しかしその後値段は下がり続け、リーマンショック後は20万円まで下落。現在は30万円ぐらいで推移しています。

また、価格は需要と供給のバランスで変動するので、例えば夏定番モデルは価格が下がる秋冬に回、価格が高騰する春夏に売るだけで利益が出せますし、製造中止が発表になったモデルは入手困難になると価格が高騰するので、その前に仕入れて売却すると利益となります。
つまり、購入のタイミング次第で利益にも損にもなるのです。

補足)
腕時計の値段は為替が影響しますが、ロレックスとパテック・フィリップの価格は、為替相場よりも1、2カ月遅れて変動します。そのため先が読みやすく、投資としても扱いと言えます。

 個人的感想:
以下は個人的感想です。
ロレックスは一度は持ってみたい時計です。しかし、アベノミクスで為替・株価共に上がってしまった現時点では、基本的に買い時ではないようですね。情報収集しながら、世界同時株安が起こった時に、気になっていたものを買うというのがよいようですね。

一方、現在、ミセスワタナベが買いに走っているといわれているのが「プラチナ」。
2015年第3四半期は需要においても、「自動車触媒」が需要減少する中、「投資」と「宝飾」は伸びているそうです。

というわけで、現物プラチナではありませんが、先日、CFDでプラチナを保有しました。

プラチナ 日足 & 月足チャート