ファミペイのJCBチャージが上限30万円に拡大。マネックスカードとの合わせ技で、税金・社保・ふるさと納税の支払いが益々お得に

2023年11月22日から、ファミペイJCBチャージの上限が30万円に拡大されました。
これにより、ファミペイ✕マネックスカード/PayPayカードの合わせ技で、税金・社保・ふるさと納税の支払いが従来よりお得に行えるようになります。

私は、ファミペイにはマネックスカードを組み合わせて使っていますが、それは、「マネックスカードはファミペイ 最強の相棒」だと考えるからです。クレカ積立をしない人も、ファミペイチャージのために持っていて損のないカードです。

今回は、ファミペイのJCBチャージが上限30万円に拡大したことに伴い増大したメリットについて紹介します。

ファミペイのJCBチャージ、上限が30万円に

ファミペイのJCBチャージ、上限が30万円に

2023年11月22日から、ファミペイのJCBチャージの上限が30万円に拡大されました。案内
これまで、JCBカードによるファミペイチャージは、ファミマTカード(0.5%還元)を除いて月額2万円に限定されていました。この度、eKYCによる本人確認の完了条件に、上限が30万円/月に緩和されました。

・銀行口座:300,000円(100,000円から変更)
・JCBブランドが付帯するクレジットカード:300,000円(20,000円から変更)
・ファミマTカード:1,000,000円(変更なし)

今回の変更で、ファミマTカードより還元率が高いJCBカード「マネックスカード」「PayPayカード」を利用すれば、税金・社会保険料もお得に支払える枠が拡大します。

マネックスカード×ファミペイで国税・ふるさと納税がお得に

マネックスカード×ファミペイの利用メリット

マネックスカード×ファミペイに2つのキャンペーンを併用すると、上図の通り、高還元で国税・ふるさと納税ができるようになります。

還元率を上げる2つのファミマのキャンペーン

❶ファミマ店頭で5と0の付く日にPOSAカードを購入で+1.5%還元⇒合計3%還元
❷毎月4の付く日はECの日にECサイトで+4%還元⇒合計5.5%還元

この方法は、マネックスカードでなくとも、PayPayカードなど、1%還元のJCBブランドカードを利用すれば実現できます。しかし、マネックスカードがベターだと考えます(理由は後述)。

毎月最大3.15%還元

キャンペーンを最大限活かすと、Amazonに毎月3.15%還元でチャージできます。

方法購入額合計還元率還元額
❶5と0の日:アマギフ購入200,000円1.5+1.5=3.0%6,000円
❷ECの日:Amazonチャージ12,500円1.5+4.0=5.5%687円
合計212,500円3.15%6,687円
1年間合計2,550,000円3.15%80,244円

AmazonPayの利用先

Amazonに残高チャージすれば、Amazon Payで国税・ふるさと納税がお得に支払えます。

国税    :所得税、法人税、相続税、贈与税、消費税、酒税、たばこ税、自動車重量税など
ふるさと納税ふるなびふるさとチョイス など

【参考】地方税・社会保険料はWAON/nanacoにチャージ

地方税・社会保険料の場合は、nanaco/WAONにチャージすれば、支払いが可能です。ただし、WAON/nanacoへのチャージはポイント付かないため、1%還元です。
nanacoはセブンイレブンで社保払いができますし、WAONは楽天ギフトカードを購入すれば楽天ペイで支払ができます。

WAONの場合、ミニストップでWAONで楽天ギフトカードを購入することで+1%還元となり、合計2%還元で楽天ギフトカードが購入できます。これで楽天ペイ払いした方がお得です。

ただし、どの決済が利用できるかは、自治体により異なります。自治体の決済方法をご確認の上、もっともお得な決済手段をお使いください。

なぜ、PayPayカードよりマネックスカードか

ここからは、私がPayPayカードよりマネックスカードの方がお得と考える理由についてです。

マネックスカードの利用でつく特典はマネックスポイントですが、様々なポイントと交換が可能です。Amazonギフトカードへも、nanaco/WAON/Pontaなど各ポイントへ1ポイント=1円相当として交換ができます。このポイント交換の柔軟性が、PayPayカードよりマネックスカードの方が優れると考える理由です。

仮に月5万円のクレカ積立、ファミペイへ月212,500円チャージすれば、月2,675ポイントが貯まり、これを、AmazonチャージやWAONチャージに充当可能。これをさらに税金・社保払いに利用できます。

項目還元率還元ポイント(1ヶ月当たり)
クレカ積立1.1%還元550ポイント
ファミペイチャージ1.0%還元2,125ポイント
合計2,675ポイント

実は、さらにポイントが増やせます。

【3/31まで】マネックス口座開設キャンペーン

マネックス証券では、最大4,000 dポイントがもらえる口座開設キャンペーンを開催中です。
❶新規口座開設で2000円相当(3/31まで)、❷NISA口座開設で2000円相当、合計4,000円相当(4/15まで)がもらえます。

NISAは別口座やるにしても、❶新規口座開設で2000円相当だけでも獲得して、マネックスカードを入手してみてはいかがでしょうか。

【時々開催】dポイント増量利用ででさらにお得!現金化も可能

dポイントがシーズンごとにdポイント増量交換キャンペーンを開催しています。キャンペーン増量期間中にdポイントに交換すれば、ポイントがさらに増えます。

さらに、 dポイント交換後はスマホ証券の大和コネクト証券で現金化も可能です。大和コネクト証券は、3月29日まで、投資しなくても、口座開設・設定などで4,000円相当がもらえるので、利用しない手はありません。

詳細は以下の記事にてご確認ください。

マネックスポイントをdポイントに交換する方法は簡単です。
まず最初に、マネックス証券にログインして、dポイントの連携登録すればOK!以下のように移動すると、設定ができます。

マイページ > 保有残高・口座管理 > マネックスポイント > dポイントクラブ会員情報登録

【注意】マネックスカードで直接を支払うのはNG

【悲報】マネックスカードで税金他の支払いがポイント対象外に

2023年11月6日から、マネックスカードを含む アプラスのカードで「税金」「社会保険料」「Suica/PASOMOチャージ」などがポイント対象外となりました。
【アプラス】ポイント進呈対象外のお取引追加に関するお知らせ

ポイント対象外 ※2023年11月6日より追加

・税金 (ふるさと納税も含む)
・国民年金保険料、国民健康保険料などの(都道府県・市区町村に納める)公金
・Suicaチャージ(モバイルSuica、Apple Payでのチャージ 共に)
・PASMOチャージ(モバイルPASMO、Apple Payでのチャージ 共に)

なお、以下は従来よりポイント対象外です
・Tマネーチャージ(2017年3月1日~)
・楽天Edyチャージ(2018年2月1日~)
・nanacoチャージ(2018年4月1日~)
・BANKITチャージ(2020年3月25日~)

マネックスカードで税金を直接支払ってはいけません。ファミペイに迂回させて使いましょう。