【nanaco攻略】nanacoの高還元率チャージルート。POSAカード・税金・社会保険料払いに!

nanacoへのチャージで便利&お得なApple Payチャージ

nanacoの物理カードへのチャージでポイントがつくクレジットカードはセブンカードプラス(還元率0.5%)しかありません。しかし、ApplePayチャージなら「高還元率カード」からnanacoへチャージが可能です。

nanacoはショッピング利用は特にお得ではありませんが、nanacoならnanacoで「税金・社会保険料の支払い」「POSAカード購入」ができる点が強みです。税金・社会保険料払いでポイントはつきませんが、高還元率チャージにより実質的な節税ができます。

今回は、nanacoで税金・社保払いを安くするお得なnanacoチャージルートポイント重複取り)などnanacoの攻略法について紹介します。

[スポンサーリンク]

今月の読み放題:おすすめビジネス書・自己啓発  おすすめ小説

nanacoへの高還元率チャージルート

nanacoへの高還元率チャージルート

まず最初に結論です。私がおすすめする、nanacoへの高還元率ルートは上図の通りの方法です。

nanacoへの高還元率チャージルート:還元率2~2.5%

三井住友カードゴールド(NL、Mastercard)(2%) ※マイ・ペイすリボ利用時
⇒JAL Pay(0.5%)
⇒au PAY(0%) ※5万円/月まで
⇒nanaco(0%:税・社保・POSA購入時、0.5%:通常ショッピング)

※三井住友ゴールドカード(NL)(毎年年間100万円以上の利用)が難しい方
クレジットカードの年間決済額が少ない方は、年会費無料で1.2%還元の「リクルートカード」の利用がおすすめ。決済も曜日も選ばないので、結果として、ポイントが貯まりやすいはずです。
年間の利用額が小さい方がカードを何枚も持つと、ポイントが分散するばかりで、まとまったポイントが貯められません。1枚に集約しましょう。

高還元率なのは三井住友カードゴールドNL MasterCard

最も高還元率チャージを実現できるのは同じ三井住友カードゴール(NL)。Mastercardであることが重要です。VISAではJAL PAYにチャージができません。

nanacoでのセブンイレブンでの買い物はしない

三井住友カード、または、Oliveを持っているなら、nanacoで買い物をするのは損。
該当カードでタッチ決済をすれば、セブンイレブン、ローソン、その他、対象の飲食店で「常時7%還元」です。

セブンイレブン決済に利用すべきカード:
Oliveフレキシブルペイ
三井住友カード(NL)

年会費無料のカードでも常時7%還元。入会特典は違いがありますが、その後の決済で得られる特典はほぼ同じです。

Oliveに入会するなら、以下をご確認ください。

三井住友カードNLに入会するなら、以下の紹介経由で、通常特典に対して上乗せ特典がもらえます。

nanacoで支払うメリットがあるのは、POSA・税・社保

私のnanacoの利用のメインは「税金・社保」の支払い

nanacoで支払うメリットは、「税金・社会保険料の納付書払い」と「金券・POSAカードの購入」です。高還元率チャージで、付与ポイント分、実質的に税金が安くなる=節税できます。

nanacoは1回のレジ会計で最大25万円まで支払い可能

nanacoの1回のレジ会計で支払える納付上限は25万円です。納付書の納付額が25万円を超える分はnanacoで支払えません。

どうしても25万円以上の納付をnanacoで支払いたい場合は、納付書の発行元に金額を25万円以下に分割してもらう必要があります(現金の場合は、30万円まで)。

nanacoは1枚当たり5万円までしかチャージできません。しかし、スマホ内に事前に5万円をチャージしたnanacoが5枚あれば、1回のレジで最大25万円までの支払いが可能になります。

nanacoで5万円以上の支払いはちょっと厄介

支払額が5万円以上の場合はちょっと大変です。残高が足りないエラー音がなり、その度に承認が必要です。
1枚カードのnanacoで最大5万円支払いする度に、
 nanacoでタッチ決済(承認)
⇒残高不足のエラー音
⇒もう一度承認
⇒5万円使い切り
⇒次のnanacoカードへ
を繰り返す必要があります(承認の度に、顔認証/パスコード承認/指紋承認 などが必要)。
できるだけ、レジが混んでいない時間に、1回の決済が5万円以下になるような決済をすることをおすすめします。

Apple Payでのnanacoチャージ:メリットと注2意点

nanacoのApple Pay対応で節税効果がUP

さて、nanacoにApple pay経由でチャージすることで、どんなメリットが生まれたか、より詳しく見ていきましょう。

nanacoのApple Pay対応のメリット

nanacoのApple Pay対応したことで生まれたメリットは以下の2点です。

nanacoのApple Pay対応にり増えたメリット

1つのApple IDあたり、最大8枚のnanacoカードが登録可能になった
 ※nanacoカードの発行は無料
 ※nanaco1枚あたりのチャージ上限は5万円
高還元率クレジットカードでのクレカチャージが可能になった

ApplePayでのnanacoチャージの注意点

Apple Payのnanacoチャージにはチャージ上限、支払い上限があります。

■チャージ上限
5万円/枚
3万円/日     ※全カード合算で
20万円/月     ※全カード合算で
40万円/スマホ1台 ※カード8枚×5万円

仮にiPhoneにA, B 2枚のnanacoカードを登録していた場合、Aのカードに1日3万円をチャージすると、Bカードには同日チャージができません。計画的なチャージが必要です。

■支払い上限
1回のレジで支払える上限は5万円×5枚=25万円まで

最後に

今回は、nanacoへのお得なチャージ方法(nanaco攻略方法)を紹介しました。

同じお金を使うなら、少しでも有利に決済しましょう!

皆様へのお願い🙏

本記事が少しでもお役に立ったなら、記事を書く励みになりますので、 Twitterフォロー RSS(feedly)登録をしてもらえると嬉しいです。新規記事公開時にお知らせいたします。