く投資してきて思うのは、投資で最

投資に興味があるけれど、何から始めればいいのかわからない…そんな悩みを抱える方も多いのではないでしょうか?

そんな初心者にぴったりの入門書が、三田紀房さんの漫画「インベスターZ」です。

本記事では、「インベスターZ」を通じて学べる投資の基本と、名言に学ぶ成功の秘訣をご紹介します。

[スポンサーリンク]

おすすめ読み放題:ビジネス書 自己啓発  お金・投資マネー本  小説

「インベスターZ」ってどんなマンガ?

インベスターZ:あらすじ

「インベスターZ」は、超進学校・道塾中学高等学校の投資部を舞台に、主人公・財前孝史が投資の世界で成長していく物語です。

道塾学園の授業料免除。その理由は、学園運営資金は、開校以来、学年ナンバーワンの生徒6人の投資部による投資利益で賄われているから!そんな、投資部に財前は入部することになる。

この財前の成長を通じて、投資の基礎知識から実践的なテクニックまで、幅広い内容を分かりやすく描いています。財前もはじめは投資初心者。故、読者が投資の初心者でも理解しやすい内容になっています。

【例】円安になると何が起こる?

こんな、お金の知識も、インベスターZで学べます。

「インベスターZ」に投資の基本を学ぶ

連日ニュースをにぎわす円安。円安とはどういうことは?生活にどのような影響が起きるのか、言葉で説明できますか?

インベスターZでは、円安をはじめ、以下のようなことが学べます。

❶リスクとリターンのバランス

投資の基本の一つは、リスクとリターンのバランスを理解することです。「インベスターZ」では、リスクが高いほどリターンも大きいが、その分損失の可能性も高くなるという重要な原則が描かれています。初心者はまず、無理のない範囲での投資を心がけることが大切です。

❷分散投資の重要性

一つの銘柄や資産に集中投資することはリスクが高くなります。「インベスターZ」でも、投資部のメンバーたちはさまざまな投資対象に分散投資をしています。これは、リスクを分散し、安定したリターンを得るための重要な戦略です。

❸長期的な視点を持つ

短期的な利益を追求することも魅力的ですが、長期的な視点で投資を考えることが成功の鍵です。「インベスターZ」では、投資部が長期的な視野で学校の資金を運用している場面が多く描かれています。すぐに結果を求めず、じっくりと資産を育てることの大切さも学べます。

「インベスターZ」に成功の秘訣を学ぶ

インベスターZ」に成功の秘訣を学ぶ

インベスターZでは、成功の秘訣も学べます。例えば以下のようなことです。

❶学び続ける姿勢

「インベスターZ」の登場人物たちは常に学び続け、新しい情報や知識を取り入れています。投資の世界は常に変化しているため、成功するためには最新の情報をキャッチし続けることが重要です。

❷自分なりの投資スタイルを確立する

「インベスターZ」のキャラクターたちは、それぞれ異なる投資スタイルを持っています。自分に合った投資スタイルを見つけることが、長期的な成功につながります。初心者はまず、いろいろなスタイルを試してみることが大事。失敗も、その後の肥やしになります。まずは、少額投資で、自分に最適な方法を見つけることに努めましょう。

❸メンタルの強さ

投資では、時には大きな損失を経験することもあります。そんな時にパニックにならず、冷静に対処することが求められます。「インベスターZ」では、メンタルの強さや冷静な判断力が成功への鍵となることが強調されています。

投資本よりマンガだからこそ、深い学びが得られること

マンガ「インベスターZ」から学べること

投資には、実際に投資して経験を積むことが大事です。しかし、最初のころは、ビギナーズラック、その後の失敗などから、メンタルが上下動しがちです。

長く投資してきて思うのは、投資で最も大事なのは、メンタルコントロールです。気持ちの上下動の幅をどれだけ少なくできるかです。

初心者は、勝てる銘柄・勝てる手法など、リアルタイムな情報や細かな売買テクニックばかりを探し求める傾向がありますが、これは、気持ちの上下動の幅を大きくする情報です。

結果、儲け話・投資術にのめりこみ、市場変化で大金を失い、メンタルを病むことになります。際の場合は、投資からの完全撤退です。こうなってほしくない…

インベスター Z では、登場人物が損失を出すなど苦悩をしながらも、自分で考えたり、上級者・プロからアドバイスをもらって育っていく姿が多数描かれています。失敗・挫折に苦悩する姿や、復帰の転機となったアドバイス・出来事などは、実投資でも役立つ教えがたくさんあります。

投資家なら、主人公財前が苦悩する姿は自分と重なります。自分の投資のダメな点を知り、軌道修正する上でも大いに役立ちます。

インベスターZ:投資名言

インベスターZ:投資名言

インベスターZには、投資家が心得ておくべき、様々な投資名言が多数。それは、投資・お金・生き方に関するものまで多岐にわたります。
ここからは、そんなインベスターZの投資名言語録を紹介します。なお、ここで紹介するのは、極一部にすぎません。

的外れなところで頑張ることに 価値なんてない!
学び:努力が重要なのではない。結果にこそ意味がある
誘惑に負けるヤツ、ルールもロクに知らないのに首を突っ込むヤツは、結局はカモになるんだよ
学び:投資もゲームも勝負事に勝つためには自制心と知識が必要
株は入り口にあらず、出口にあり
学び:買うことより売ることが大事。事前に出口戦略を考えておくことが極めて大事(損切りも然り)
過去はすべて忘れて 今保有している株を改めて見る
上がりそうもない株はさっさと売って現金にして他に投資する
損切りは決して失敗ではない。むしろ次の成功のためのチャンスと思え

学び:投資家ならだれもが経験する損切の難しさ。だからこそ、考え方を変えるべし
考えるだけでは何も生まれない。行動だけに価値がある
学び:情報に流されずに考えることは確かに大事。しかし、行動しなければ結果は伴わない。行動せよ!
成功と書いてハードワークと読む
なにか事を成す人間は総じてものすごく働く
働くためには強い体を持たなくてはいけない
そのためには体を作る成長期にしっかり運動して基礎体力をつけておくことだ

学び:運動も大事。私も経験則的にもメンタルを健全に維持するために極めて有効
自由は金でしか守れない
学び:国であれ、個人であれ、金銭的に他者に頼ってしまった段階で「自由」ではなくなる。自由を手に入れたければお金を稼げ
決断とは“切って離す”ことなんだよ
なにかを成し遂げるとき 成功するときというのは やらないことはやらない・・・・・・切って離すと決めたときなんだ
学び:やらないことを決めることは非常に大事
投資家は恐慌時に生まれる
学び:みんなが総悲観で買えないとき、不景気で誰も買わないときこそが儲けのチャンス。「安く買って高く売る」が最もワークするタイミング

マンガ「インベスターZ」の投資実践への活かし方

マンガ「インベスターZ」の投資実践への活かし方

インベスターZの名言は、投資家の心に刺さります。これを書き留めると、投資の成績にもいい影響があります。

その時々で、心に刺さる言葉を書き留める効果

自分で読んで、自分の心に刺さった言葉を書き留めておくことが大事です。自分の心に刺さった言葉をピックアップし、投資用の投資手帳などに書き留めて時々見返しましょう

人それぞれ、投資の悪癖は異なるので、自分の心に刺さる名言は異なります。また、読むタイミングによっても、心に刺さることは違います。

特に「ぐっと心に刺さる」場合は、その内容が、自分が十分実践できていない事柄だからです。一度読み通したとしても、再び時間が経過してから再読すると、投資の上達度に応じて、心に刺さる言葉も変化しています。

それゆえ、メモ日とともに名言をノートに書き留めていけば、自己の成長(あるいは、まだ直せていない悪癖・失敗)を再認識できます。

メモに最適な投資ノートは以下で紹介しています。

マネー・投資の「しくじりメモ」が成果を出す

上岡 正明さんの本『勝てる投資家は「これ」しかやらない』では、「しくじりメモ」が投資の成果を上げると、紹介しています。

なぜ、「過去のしくじり」を閲覧できるように視覚化しておくことが必要なのか、それは「脳のしくみ」にあります。学びの多い本なので、合わせて読んでみてください。

最後に

今回は、インベスターZの実投資への活かし方を紹介しました。
本当に投資に役立つ名言が満載なので、是非、読んでみることをお勧めします!

以下では、おすすめのマネー本も紹介しています。さらにマネーの知識を高めたい方は、是非、ご活用ください!