▼シェア&フォローする▼

最近人気のPolygonチェーン上。このPolygonチェーンで取引をするには、まず最初に資金移動が必要ですね。

Polygonに資金を送る方法として、例えば、BSCからPolygonへ資金を直接移動できるクロスチェーンサービス (xPollinateやSupra)などもありますが、Polygonへの資金移動量が多いからか、送金用の資金が枯渇したり、時間がかかってしまったりと、まだまだ問題を抱えているのが現状です。

そこで送金手段として確保して準備しておきたいのがAscendEX。AscendEXは。Polygonネットワークに$MATICや$USDCが直接送金可能な貴重な中央集権取引所(CEX)で、2021年3月にBitMaxからリブランディングされました。

本取引所を利用すると、Polygonネットワークに$MATICが直接送金可能なだけでなく、BinanceとSolana、polygon間の資金移動のハブとしても利用です。通常の仮想通貨取引所としては、特に際立った魅力はありませんが、複数のチェーンに資金が分散している人なら、口座を持つ意味は十分あります。

AscendEXとは

AscendEX

AscendEXは中央集権型の仮想通貨取引所です。仮想通貨の売買はもちろん、ステーキングなどのサービスもあります。これらびサービスを利用したいなら、BinanceFTXを利用する方が何かと便利です。

今回は、DeFi運用上におけるメリットについてのみ紹介します。

AscendEXを使ったチェーン間資金移動

タイトルでも紹介した通り、AscendEXの魅力は、PolygonチェーンへのMatic、USDCの直接送金に対応している点です。

仮想通貨取引所最大手のBinanceはBSC、Solanaの直接送金に対応していますが、$Matic の直接送金には対応していません。

AscendEXをブリッジ取引所として利用すれば、異なるチェーンへの移動もが手数料が数~10ドル程度で可能になります。

ちなみに、USDCの送金手数料は以下の通りでした。
ERC20 :30ドル
Polygon:10ドル
Solana :3ドル

polygonへの送金は複数回送りましたが、すぐに着金しました。

AscendEXの口座開設

【補足】 Metamasuk(polygon)にUSDC送金時の着金確認

PolygonチェーンにUSDCを送金した場合、Metamaskで着金を確認するには、コントラクトアドレスの追加(手動)が必要です。

MetaMaskの「トークンを追加」で「トークンコントラクトのアドレス」にUSDCのアドレスを子ーピーの上追加してください。
 
コントラクトアドレス:0x2791Bca1f2de4661ED88A30C99A7a9449Aa84174

ETHからのブリッジは高すぎて使えない

AscendEXの利用方法

AscendEXは中央集権型の仮想通貨取引所なので、KYCなどの登録作業が必要です。しかし、BinanceやFTXと比較しても口座開設は簡単です。

dailyで2BTC以上の送金を行うような大口の取引をしない限り、以下の3点の設定を行えばOKです。

最低限行っておきたいAscendEXのセキュリティ設定

(0) 口座開設 
(1) Google 2FA の設定
(2) Anti-phishing Code の設定
(3) Account Verification のKYCを V1に引き上げ
  ※パスポートIDの登録。書類送付・セルフィ―は不要

AscendEX セキュリティ設定

上記手順を図解します。

AscendEXの口座開設

Sign Upページにアクセスし、上から、メールアドレス、国、パスワードを入力し、に印をつけて、「Next」ボタンをクリックします。

AscendEXの口座開設

❷登録メールアドレスに届くメール内のコードを入力し、「Confirm」をクリックします。

AscendEXの口座開設

❸電話番号を入力し、2つの「Send Code」をクリックすると、スマホとメールアドレスにそれぞれコードが届きます。それらを入力し、「Verify Now」ボタンをクリックします。

AscendEXの口座開設

以上で、口座開設は完了です。簡単ですね。

AscendEXのセキュリティ設定:Google 2FA

ここからは、口座を安全に使うためのセキュリティ設定です。

❶ログイン状態で、サイト上部右上のマークをクリックすると表示されるプルダウンから「Account Security」をクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Google 2FA

❷画面内にある「Google 2FA(二段階認証)」の「Enable」をクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Google 2FA

❸2段階認証はスマホアプリ「Google Authenticator」にて行います。インストールがまだの方は、①でインストールを済ませた上で、❷の「Generate 2FA Secret key」をクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Google 2FA

❹2箇所の「Send Code」をクリックし、スマホとメールアドレス宛に届いたコードを時間内に入力の上、「Verify Now」ボタンをクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Google 2FA

❺スマホアプリ「Google Authenticator」でQRコードを読み取り、追加されたAscendEXの6桁コードを入力し、「Confirm」ボタンをクリックしてください。

AscendEXのセキュリティ設定:Google 2FA

❻以下の表示が確認出来たら、Google 2FAの設定は完了です。

AscendEXのセキュリティ設定:Anti-phishing Code の設定

続けて、もう一つのセキュリティ設定を行います。

❶画面内にある「Anti-phishing Code」の「Enable」をクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Anti-phishing Code の設定

❷任意のAnti-phishing Codeを入力し、「Confirm」をクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Anti-phishing Code の設定

❸スマホアプリ「Google Authenticator」に表示される6桁コードを入力し、「Verify Now」ボタンをクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Anti-phishing Code の設定

❹以下の表示が確認出来たら、Anti-phishing Codeの設定は完了です。

AscendEXのセキュリティ設定:Anti-phishing Code の設定

Account Verification のKYCを V1に引き上げ

続けて、アカウントのアップグレードを行います。Account Verification のKYCをV0⇒V1に引き上げます。本設定は非常に簡単です。書類の提出は不要です。

❶画面内にある「Account Verification」の「verify Now」をクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Anti-phishing Code の設定

❶Account Benefitの KYC V1の「Verify Now」ボタンをクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Anti-phishing Code の設定

❷「国」、名前を入力後、Card Typeは「Passport」の上、Passport No.を入力の上、「Submit」をクリックします。

AscendEXのセキュリティ設定:Anti-phishing Code の設定

設定は以上で完了です。
これで問題なく口座が使える状態が整いました。後は、資金移動に使いましょう。

最後に

今回は、AscendEXの特徴と口座開設&セキュリティ設定について図解しました。
冒頭でも解説した通り、DeFi運用で、複数のチェーン間で資金移動が必要な方には、便利な口座です。

過去、BinanceでSolanaのSOLが長らく移動できないといった問題対応がありましたが、このようなときのバッファー口座としても有効なのではないでしょうか。