非課税期間5年を迎えるNISA投資家はどうすべきか?本気で考えるNISA出口戦略
▼シェア&フォローする▼

2014年に始まった少額投資非課税制度、通称、一般NISA。

個人投資家のための税制優遇制度で、株式や投資信託を対象に、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税になる制度で、通常なら20.315%(=所得税+住民税+復興特別所得税)課税される運用益が5年間非課税になります。

では、非課税期間5年間が終了するに当たって、投資家は何をしなければならないのか?或いは、そのままにしてくとどうなるのか?

NISAの非課税期間終了で損しないためにはどうすればいいのでしょうか、見ていきましょう。

※非課税期間が20年間の「つみたてNISA(積立NISA)」も期間が違うだけで同じです。

おさらい:NISAのポイント

NISA制度を簡単におさらいしておきましょう。

まず、NISAは、購入した株式・投資信託などが値上がりした後に売却した際、その利益に対する税金が非課税になる制度です。同じく、配当金を受け取った場合も利益が非課税になります。

NISA制度

金融庁HPより

NISAが5年満期を迎えたときの選択肢は3つ

では、NISAが5年の非課税期間を迎えるとき、NISA投資家は何をしなければならないのでしょうか?
選択肢は3つあります。

NISAが満期を迎える場合の対処法3つ

①売却する
②課税口座(一般口座や特定口座)に移す
③保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバーする)

NISA非課税投資満期スケジュール

非課税期間終了までに何もしなければ課税口座に移行

基本的な考え方は、「非課税期間終了までにNISAで購入した商品を売却」ですが、売却しなかった場合=何もしなかった場合、どうなるでしょうか?

今年末までに何も手続きしなければ、②が適用され、資産は自動的に課税口座へ移行となり、翌年以降の配当や売却益は20.315%課税となります。

このとき、NISAから一般課税口座に移管される場合の株価取得額は、移管時の価格となります。利益が出てる場合は問題がありませんが、損失が出て切る場合は、実際の購入額より低い価格で一般課税口座に移管されることになり、通常時より税金が多くかかることになります。

NISAの非課税期間終了時のデメリット

第3の方法、NISAのロールオーバーとは

非課税期間終了時の対処方法の3つ目は「ロールオーバー」です。

ロールオーバーとは、NISAを5年後満期を迎えたNISAを次の年のNISA枠の中に移行する方法です(例:2014年開始分を2019年のNISA枠に移動する)。手続きすることで、移行資産が再び5年間の非課税期間が適用されます。

ただ、ロールオーバーを選んだからといって、必ずしも税金的に有利になるとは言えません。以下のようなケースに注意が必要です。

例)ロールオーバー:モデルシミュレーション

さて、ロールオーバーを理解するために、以下のようなモデルで、②課税口座に移す場合と③ロールオーバーする場合を考えてみましょう。

2014年 :時価100万円で購入
2018年末:時価200万円
2019年 :(A)時価300万円に上昇 (B)時価80万円に下落

この場合、まず、2019年時の新しい株式取得額は②③の場合も、200万円となります。

シミュレーション結果:ロールオーバーで損することも!

上記のモデルケースの場合の、利益/損益は以下の通り。

(A)時価300万円に上昇 (B)時価80万円に下落
②課税口座に移す値上り100万円の20%=20万円が税金値下がり20万円について損益通算が可能
③ロールオーバーする利益には非課税損益通算できない

上記の通り、③ロールオーバーを選択した場合、値上がりすれば税金がかからず得しますが、値下がりした場合、損益通算ができません。

損益通算とは、利益と損失を相殺できる制度です。課税口座Aでは損しても、課税口座Bで利益が出ていれば、それらを合計した額に税金がかかるため、合計の税金を安くできます。しかも、通算後も損が残れば、翌年以降3年間繰り越せます。

上記の通り、税金が安くなるケースもあれば、高くなるケースもあるのです。

NISAは損益通算対象外

改めて考えたいNISAの出口戦略

上記の通り、①~③のどの方法をとったら最も得するかに解はありません。将来の相場次第です。

だからこそ、NISA枠が満期を迎える方は、2014年NISA枠の資産をどうするか考えておく必要があります。(2019年は2015年投資分の非課税期間満了となります)

では、具体的にどうしたらいいのか?

それは、2019年以降に値上がりしそうかどうかを自分なりに予測し、売却するか、ロールオーバーするかを考えることです。

具体的には、以下のように結論付けられるでしょう。

Point

今後5年間の株価見通しがよい:と考えるならロールオーバーして継続保有
今後5年間の株価見通しが悪い:売却

日経平均は大底から今年で10年

では、今後をどう読むか?
それを見定めるに当たって、日経平均の月足チャートを見てみましょう。(2018年10月15日時点)

日経平均チャート 底から10年が経過

今、リーマンショックによる大底から10年が立ち、株価は非常に高い位置にあります。直近の急落は止まりましたが、その後、再び下落に転じる可能性も大いに考えられます。
2014年購入のNISA枠をロールオーバーするにしても、あまり、高値追いしすぎると、売るタイミングを間違って、せっかくの利益を失ってしまう可能性も大きいと考えます。

ちなみに私はNISA株は2017年にすべて売却しました。

なお、上記はあくまで株式指数連動型投信、或いは、株式指数に連動性の高い株の場合。今後、ぐんぐんと業績が伸びていく個別株があるとすれば、当てはまりません。しかし、株価が下がれば個別株も少なからず影響を受けて下落します。

相場予測は人それぞれ。正確に読むことはできません。ただ、よくわからないからという理由で、何も考えずにロールオーバーすることは、避けましょう。

下落相場でのリスクヘッジ手段を持とう

現物株や投資信託を保有してる人は、下落相場でのリスクヘッジ手段をお持ちでしょうか?
持った個別株やインデックスファンドなどを長く持ちたい場合は、下落相場でも値下がり分を補てんする手段を持っておくことをおすすめします。

一つの方法としては株と反対の動きをしやすい「金」などを持ってくという方法もありますが、レバレッジ投資で、現物株よりも少ない元手で大きなヘッジができる手段を用意しておく方法があります。

その一つの方法が株式指数のレバレッジ投資ができる「株式指数CFD」。買いでも売りでもレバレッジ投資が可能です。
株式指数が下落しそうというときに、売り立てておくと、現物株の一部が補てんできますよ。

つみたてNISAなら暴落しても株価回復の可能性あり

非課税期間5年のNISAの場合、1年目投資後に、リーマンショック級の大暴落がやってきたら、5年内に買値まで価格が戻ること期待することは難しいのはご理解いただけるかと思います。

しかし、つみたてNISAなら非課税期間は20年間。リーマンショック級の暴落が来ても、運用期間が十分残っていれば、その後、買値まで価格が戻る可能性は十分あります。

もともと、つみたてNISAは長期運用が前提です。暴落が予想されても、安易に利益確定してしまうことはオススメできません。理由は、一度、利益確定してしまうと再び非課税枠で買い付けることができないからです。
暴落時に保有し続けるなんて私にはできないという方は、銘柄買い替え(スイッチング)ができるiDeCoの方が向いています。

つみたてNISA おすすめ金融機関

以下の3つの金融機関は、以下の条件を満たす、おすすめの金融機関です。

・すべて取扱商品が100本以上
・100円からの積立が可能
・業界屈指の格安手数料

さらに、各社に特化したメリットも!ブログ管理人ChamiのオススメNo.1は楽天証券です!

楽天証券
楽天証券 つみたてNISA

  • 楽天スーパーポイントで投資信託が購入できる
  • 楽天カードのクレジット決済でポイントが貯まる
  • お申込みから最短当日にお取引可能!

SBI証券
SBI証券 つみたてNISA

  • 最多の商品をラインナップ
  • 毎日・毎週・毎月から購入タイミングが選べる
  • お申込みから最短当日にお取引可能

マネックス証券
マネックス証券 つみたてNISA

  • 資産設計アドバイスツール<MONEX VISION β>が使える
  • 積立頻度は「毎月」のみ
  • ボーナス月の増額が可能