株価が急落すると、止めてしまいたくなる「投資」

リーマンショック、仮想通貨大暴落など、大暴落が起こった時には、いつも多くの投資家が市場から去っていきます。もともとは、長期投資でコツコツ資産を築くことを目的に始めた「積立投資」であっても、止めてしまう人が多いのが現実です。

現在、市場で起こる株式市場の混乱に、「もう、積立なんてもうたくさん!」と思った方に、紹介したいのが2010年発刊の著書「半値になっても儲かる「つみたて投資」」です。本書はドルコスト平均法による積立投資の絶大なる効果の解説本ですが、積立投資の威力に驚くこと間違いなしです。

つみたて投資の有効性に分かりやすい説明とデータで迫る良書

さて、ここで問題です。

毎月1万円ずつ、ドルコスト平均法で積立てるとします。10年積立てると元本は120万円ですね。

さて、ここで、右図のように株価が5年間下落し1/5まで下落、その後、5年間かけて元の値に戻ったとします。

この時、投資額120万円に対し、評価額はいくらになっていると思いますか?
120万円割れしていると思った方、多いのではないでしょうか。

正解は、「241万円」!投資元本の2倍です!

同じ価格に戻っただけなのに評価額2倍って、驚きませんか?これがドルコスト平均法による積立の効果です!これにプラスして、配当益も得られます。

Hoshino_01

上記で紹介した本では、様々なシュミレーションを行いて、長期「つみたて投資」の有効性を徹底的に紹介をしています。きっと、以下のような積立投資の効果に驚くことでしょう。

・下がっても安心できる(その分口数が増える)「値下がり安心効果」
・損から素早く回復する「スピード回復効果」
・下がってから上昇する時のリターンの大きさ「リバウンド効果」
・始めるタイミングを悩まなくていい「タイミング・フリー効果」

積立投資で最後に笑うために大切なこと

積立投資で最後に笑うために大切なことが2つあります。

1.株価が大幅下落したからといって、投資をやめてはいけない
2.始めるタイミングよりも、投資をやめるタイミングが大切

値下がりしたからといって、やめってしまっては折角の積立投資の恩恵が得られません。下がったら、ドルコスト平均法で普段より安い価格で多数の口数が購入できると喜びましょう。
そして、やめるタイミングだけは注意しましょう。そうすれば、ストレスなくできる投資として、長期つみたて投資の効果は絶大です。

株式投資の場合

ドルコスト平均法による積立投資には、非課税優遇投資制度の「確定拠出年金」の利用が最適です。
節税メリットを享受しながら、60歳までという長期時間軸の中で、毎月定額の積立が可能です。確定拠出年金について知りたい方は、以下の記事をチェックしてください。

投資メリットが大きい、非課税制度はどっち?NISA VS 確定拠出年金(日本版401k)

国民年金(老齢基礎年金)以外の老後資金、いくら必要?不足分はどう貯める? 2016

仮想通貨の場合

仮想通貨取引所のZaifでは主力通貨の積立投資ができます。
以下の通貨に対し、一定額を毎月買い入れる設定ができます。
 ・ビットコイン
 ・モナコイン
 ・XEM
 ・ETH

下落相場で購入するのが非常に苦手!という方は、こういう便利な機能にサポートしてもらって、買い付けを行う方が成果も出るし、精神的にも楽です。

設定方法詳細は、以下をご確認ください。

コメントを残す