▼シェア&フォローする▼

できるだけ若いうちから始めることで有利に資産形成ができる「つみたてNISA」

毎年40万円までの非課税枠を20年間与えられる制度ですが、具体的にどの金融商品を積み立てたらいいか?

上記問題の解として、モーニングスター代表取締役の朝倉智也さんが薦める「つみたてNISA おすすめの7本」を紹介しました。
しかし、金融機関によって取扱うつみたてNISA用の金融商品が異なったり、積立額の設定の自由度も異なります。

そこで、今回は、楽天証券でつみたてNISAを行う場合、具体的に何をどんな割合で購入したらいいか、お教えします。

前提:朝倉氏推奨のポートフォリオ比率

さて、具体的な金融商品の前に、大事なことは、①アセットアロケーションと②ポートフォリオの設定です。

①アセットアロケーション
アセットアロケーションとは、投資商品の配分比率です。株式や債券などの比率を決めることです。
朝倉氏は、10年以上の運用期間をとれる場合は、株式100%で運用を薦めます。

②ポートフォリオ
ポートフォリオとは、具体的な運用商品の種類のこと。例えば、「株式」といってもどんな種類の株式に投資を行うかを決める必要があります。
朝倉氏はつみたてNISAのポートフォリオの比率を、国内株式20%、先進国株式50%、新興国株式30%で持つことを薦めます。

楽天証券で”つみたてNISA”するならこの3つを選べ!

楽天証券では朝倉氏おすすめの7本すべては扱っていません。
しかし、eMAXIS系の商品を選択することで、信託報酬を抑えたポートフォリオが構成できます。

アセット
クラス
ファンド名信託報酬
(税込%)
購入
割合
国内株式eMAXIS Slim 国内株式インデックス0.172%20%
先進国株式eMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.118%50%
新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式インデックス0.205%30%

上記ポートフォリオ構成の場合、全体の信託報酬コストは0.155%と非常に小さくなります。
※ちなみにSBI証券の場合は、全体の信託報酬コストは0.15%とさらに小さくなります。

また、1本で済ませたい場合は以下もおすすめです。
下記のファンドの場合、国内株式:8%、先進国株式:86%、新興国株式:8%で構成されています。

アセット
クラス
ファンド名信託報酬
(税込%)
購入
割合
全世界株式楽天。全世界株式インデックス・ファンド0.239%100%

全世界株式1本を選ぶ場合も、SBI証券の方が、信託報酬が0.15%で安く済みます。

楽天証券でつみたてNISA
SBI証券のつみたてNISA

参考本:「つみたてNISA」はこの7本を買いなさい

上記、オススメ銘柄は朝倉氏の以下の本を参考にしています。
つみたてNISA制度の概要や積立投資、投資信託の概要やモーニングスターのサイトの活用法などがまとめられています。
投資についての基本が学べますので、是非、参考にしてください。

楽天証券でつみたてNISA
SBI証券のつみたてNISA