▼シェア&フォローする▼

著者はダックビル為替研究所の山岡 和雅さん。メディアなどでも記事をお見かけするアナリストです。
「夜間に17分で、毎日1万円。しかも、ほったらかし投資」と本の表示にある文言だけ見ると、よくあるがっかり本の雰囲気を感じるものの、手法が気になり、手に取ってみました。

読んでみると、口座の準備の仕方、ファンダメンタルの見方、テクニカル指標の見方など、教科書的な内容のボリュームが多いため、FX初心者がこれからFXの一歩進んだ知識を身につける、或いは中級が情報の整理に読むのが適切です。

本書のメインとなる、夜17分間で毎日1万円を儲けるほったらかし投資手法については、以下にまとめます。

FXの所要時間は夜17分で後はほったらかし。所要時間の短さ&ほったらかしの実現の仕方

以下のようにすることで、短時間&ほったらかし投資を実現します。

  • FX取引に最適な時間帯は、日本時間の午後9時から午前0時ぐらいにかけて
    ※この時間は24時間の中で格段に取引量が活発。値動きが最も期待できる。
  • 上記時間帯に、17分で市場の分析~取引設定までを行う
    ※17分にすることの詳細は後述
  • ポジションを作るときに、ターゲットとストップロスをすぐに入れる ほったらかし投資
    ポジションを持って相場を見ると、冷静な判断が難しくなり、損を出すケースが増える。1回ポジションを作ったら、そのあとはなるべく相場を見ない。
  • 値動きの流れをつかんで、ある程度の値幅を取りに行くスウィングを基本とする

夜17分間でやることは?

以下が17分でやることの流れです。※詳細は本書にてご確認ください。

  1. 状況・ポジションチェック:2分
  2. 相場のテーマを見切る:4分
    テーマの例)石油、オリンピック、温暖化、中国株、輸出など
  3. これからのイベントチェック:2分
    イベントの例)指標発表、要人発言など
  4. チャートによる取引通貨の選択:3分
  5. 売買ポイントと損益ポイントの選択、発注:6分  完了したら睡眠

短時間取引を実現するポイント

一言でいうと、情報の取捨選択ルーティーンの確立です。

情報の取捨選択のために、確認対象を減らします。

通貨:5通貨程度に
3大通貨、米ドル、ユーロ、日本円に、金利面から豪ドル、あとは好みで英ポンドやNZドル、南アフリカランド、トルコリラから一つ加えて5通貨ぐらいを軸にするといいです。

チャート表示は、トレンドライン・移動平均線にプラスして、以下の3つの指標で十分

  • 売買ポイントを測るボリンジャーバンド
  • トレンドの判断に強いMACD
  • トレンドの継続を知るRSI

プロも勝率は6,7割。リスクリターンに基づき、リミット・ストップロス設定

ポジションを持つときには、利益目標(リミット)と損失確定(ストップロス)の水準を最初から決めておくことが大事です。

値幅の目安

  • デイトレ:リミット10~50銭に対し、ストップは8~30銭
  • スイング:リミット1~3円に対し、ストップ50銭~1.5円
  • 長期  :リミット10円~に対し、ストップ5~10円

これに加えて、リミットの場合はポイントの少し手前、ストップの場合はポイントの少し先に置きましょう。

1日1万円利益獲得手法(獲得イメージ)

本書の利益目標は、毎日平均して1万円の利益です。しかし、勝率100%は無理です。そこで、目標収益を意識した預入金額と取引金額のバランスです。

故、以下のようなトレードを目指します。

  • 証拠金:50万円
  • 勝率50%と仮定し、少なくとも1回の取引で2万円以上は利益を上げることを目指す。
    4万ドルのポジションを持って、1円の収益を目指す
    ※時には70~80銭で早めに利確しても平均して1円程度の値幅を得る。ストップは50銭とする

1回4万ドルの取引を行うと、レバレッジは10倍(1ドル=125円換算時)となり、すぐに強制ロスカットが付くレベルとならな状態でトレードができます。

上記、トレードをを1ヶ月=20営業日実践すると、
50%勝率で勝ちは10回で40万円の利益。負けも10回で損失は20万円。合計で20万円の利益となり、一日利益1万円が実現できます。